アフリカ・タンザニアにて

February 06, 2011

マサイ族の友人ー出会い

561aceb39e

写真:小学生とは思えない大きな男子生徒がいますねえ~~!

開校当時より生徒が増えて、木のベンチに3人がやっと座っている!
こうなるとまた頑張って働いて、木のベンチの差し入れ(?)もしたいものです。


この小学校は、私の4年掛かりのプロジェクトで設立、2006年夏に開校式を迎えました。

このプロジェクトを始める切っ掛けは徐々にお話するということにして、今回は私のマサイの友人Jをご紹介したいと思います。


彼との出会いはこの学校の開校式直前でした。
このプロジェクトの1スタッフで、空港にも迎えに来ていました。

マサイ族と言っても、普段はその年頃の一般男性と変わらないファッションをしているので、初めて彼に会った時にも、マサイ族とは分かりませんでした。

他のスタッフと一緒に笑顔一杯で迎えてくれたものの、到着後休む暇なく行った打ち合わせでは、Jは私をあまり見ない。机の下の私の足がちょっと彼の足にぶつかったら、思いっきり蹴り返してくる。ふっと私は思いました……(私が女だから???)

話している内にJがマサイ族であることを知り、マサイ族の男性は誇り高き戦士であることを思い出しました。
とにかく皆の前ではニコニコしていても、紅一点の私には冷たい・・・というのがJへの第一印象でした。


Dar es Salaam(ダルエスサラーム)から車でMorogoro(モロゴロ)という町まで長い道を車で走り、やっとホテル入り。荷物を車から降ろす際に男性達は皆大きな重い荷物を運び出す。私にはとても無理なので、軽めの荷物を運ぼうとすると、Jがさっさと軽い荷物を取ってしまう。そんな事を幾度も繰り返され、私は毎回とんでもない重い荷物を運ぶはめになる。

私が重い荷物を引きずりながら運んでいるのを横目で見ながら、Jは紙袋一つを運んでいました。
如何にも私に意地悪しているようでした。私が「いい加減にして!」と思ったのはこの時でした。

ここでの共通語も英語なので、英語で私は彼に言いました。

「ちょっとあなた!何がマサイの戦士よ!テレビで何度も見たけれど、もっと逞しくて、頼り甲斐がある男かと思ったら、女の私が、こんな重たいもの引きずっているのを見ながら助けてもくれようとしないで、自分は紙袋なんて持って!!!時にライオンと闘ったりして勇敢だと思ったら、女にこんなに意地悪で!!!」と思いっきり私は、Jに罵声を浴びせました。


そうはJに言ったものの、今度はJが、私のその態度に怒って何を言ってくるかと思っていたら・・・そうしたらどうでしょう!!!!!Jは初めて私の顔を真っ直ぐ見て、飛び切りの笑顔を見せてくれました。それと同時にJは私の重い荷物を軽々持ち上げて運んでくれました。それから一度も私に重い荷物は持たせませんでした。


真っ黒な顔に真っ白な歯が印象的でした。
まるで私を怒らせたかったみたいでしたし、私が怒るのを待っていたかのようでした。


この一件から、どんな時にも彼は私を助けてくれるようになりました。
マサイ族とはけんかして仲良くなる???

益々男心は女の私には計り知れませぬ。


マサイ族Jの活躍ぶりは次回へ。

















madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 01, 2011

タンザニアから写真が送られて来ました!!

17d8362a14

写真:私のプロジェクトで建てた小学校の校舎の一つと生徒達です。

皆元気で勉強しているようで、嬉しい限りです。

この小学校は、私が滞在したホテルから3時間半も道なき道を四駆で上下左右に揺られながらやっと着くような場所にあります。泊まる所も電気もないため、仕事が済むとまた同じ道を日没前に走る。それも私以外は全員男性スタッフです。

女性として彼らに足並み揃えて行動するのは並大抵なことではありません。マサイ族さえも一緒ですから!


男性だけの職域にもどんどん女性が進出している時代で、おばあさんは山に芝刈り、おじいさんは川で洗濯・・・というのもあるような現代社会ですが、、文明社会を離れ、こうしたサバンナの自然の中では、どうしたって女性が男性に適わぬ部分を実感します。

おじいさんは山に芝刈り、おばあさんは川で洗濯・・・これが本来の男女の姿だとしみじみ感じさせられます。
道を阻む大きな木を切る、薪割り・・・は素直に男性にお任せします。

男性よりモタモタノロノロする分は早く起き、行動も先読みして男性達にどうにか付いて行く。

「またかよ~~」なんて言われないように、飲みものも控え,道中のトイレ休憩も少なくする。

それに勿論サバンナにトイレなんてなく、「あの木の後!」「あのアリ塚の後!」なんて、マサイの戦士に指示される。この辺りのアリ塚は何メートルも高さがある巨大なもの。

でもライオンにお尻を噛み付かれるんじゃないかとドキドキハラハラ・・・。
「Mizko、サバンナでご用足し中に、ライオンに襲われる!!」なんていう事だけは勘弁して欲しい。

しかし東京を旅立つ前に、タンザニアのスタッフからメールが来ました。
「いつでもどんな時にもあなたを全力で守ります。だから安心して来て下さい」と。

いつも一緒に行動したマサイのJは、私の滞在中一度もこの言葉を裏切りませんでした。


この日記でもちょっと彼のことを記したことがありますが、マサイJとの出会いと友情はまた次回お話したいと思います。















madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 28, 2010

ドレスからサファリ服までがMizkoのファッション!

2fcbcc4fed

写真:お待たせしました!タンザニア、ルアハ国立公園にて。私のお仲間達です?!
ライオンはお腹が一杯の時はまるで猫のよう……。

時々車の真横まで来て、オープンカーだと覗きに来たりします。その時は「Stay still !」(じっとしている)が鉄則。車からは絶対に降りてはダメ!


ちょっと前の事になりますが、東京の友達からメールが来て「狩するライオンに戻りましたか?」と聞かれました。

そう7月に日本を出発する時の私は、日記にも記した通り、すっかり狩りを忘れた動物園のライオンのように、受身でアグレッシブに生きるパワーが弱まってしまっていたように思います。そんな自分がとてもいやでした。

友人からのメールには、「もうちょっとで戻れそうです」と答えて、そして今………だいぶサバンナのライオンらしくなって来たと思います……と言うより、そうでなければ、ここではとてもやってはいられません。

日本と違い、黙っていたら、なかなか事がスムーズには進まない社会。あっちで腹立て、こっちで呆れ、そっちで悔しい思いをして、あっちこっちそっちで吠えている内に気付いたら、パワーが回復していました。

私がサバンナのライオンならば、今ならば、仲間と一緒にバッファローを仕留められるでしょう。
 
初めて日記を読んでいる方は「何でライオン?」と思われるかもしれませんが、Mizkoはアフリカの野生動物が大好きです。

そして実際に野生動物やブッシュマン、マサイ族と共有した多くの時間から、現代社会では”全く役には立たない知識”も実はちょっとだけ持っています。たまにそれを披露するとびっくりされるので、隠しています。

ライオンについても、サバンナのライオンと動物園のライオンの大きな違いは、体験から良~~く知っています。
前回の日記では、イタリアンファッションを購入したお話をしました。都会ではドレスを、サバンナではサファリ服に身を包み四駆を運転するMizkoです。ほぼスッピンで!!(怖!)








 



madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)