フランスにて

September 26, 2011

ランチ?いえいえサンデーブランチにアルザス風ピッツア

20110926_1930ba

(フランス、ストラースブール 9月25日)

本日スタッフKは、夜東京のオフィスに出勤し、シンデレラタイムに退社。
お疲れ様でした。

そんな彼女とは、こちらの午後にスカイプで話し、仕事の打ち合わせ。

それからブランチをしに出掛けました。

それがこの写真のアルザス風のピッツア、タルトフランべ。
本当に薄いピッツアで、玉ねぎとカリカリベーコンとクリームだけのオーソドックスなのを注文しました。

他にも種類がありますが、これが一番軽くて美味しい。


このお店の女の子達は、兎に角てきぱきと良く動いて感心。
外国人の私を見ると、即英語で話し掛けて来ました。

その中の一人の女の子は、英語があまりにも上手だし、ルックスもフランス人ぽくはないので、「あなた、フランス人?」と尋ねると、「フランス人だけれど、アメリカで勉強したことがあります。」と答えました。

やっぱり!!!

英語が出来るということだけではなく、外国人に対してオープンで、これは海外生活の経験がある人とMizkoが読んだ通りでした。

この国際的観光地での抜群な英語力と、気配りで、彼女は花丸!
私のオフィスにスカウトしたい……ぐらいでした。


今日日曜日はおみやげやさんを除いては閉店。

明日の買い付けの情報集めをしようと、閉店のお店のショーウインドを見て歩き、結局は6キロ以上も歩いてしまい、今ホテルの部屋の窓の外の大聖堂は、夜の7時の鐘を鳴らしています。


さあ、これからはMizkoのナイトタイム。

今宵はどこへ?
歩いたら、お腹空いちゃったあ~~!


ではお洒落して、いってきま~~す!


















madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 25, 2011

Mizkoのフランス、ストラースブールの夜。

20110925_02ed22

(フランス、ストラースブール 9月24日)

やっぱり食べてしまった………生牡蠣。

今夜はアペリティフでシャンパンを飲み、それからアルザス地方で有名な
リースリングのホワイトワインで生牡蠣を!

今夜は6個。生牡蠣だけを頂き、その後にはスモールサラダ。

他バタートーストを一枚頂き、思ったよりお腹一杯。

「薬を下さ~~い!」と食後酒。

フランス語で何度も名前を聞きましたが、覚え切れず……。

ただ、ドイツで食後に飲むシュナップスと同じ味でした。

しかし写真のように運ばれてくるとは!

こんなのは初めてです。

白いお皿一杯に盛られた氷の上に食後酒の入ったグラスが。
お洒落です。


今夜もステキな夜でした。
「Mizko、旅で一人ぼっちで寂しくないの?」とよく聞かれますが、答えはNO!
と言うのも、私にはあなた達がいる!!

一人っ子育ちゆえに、時には一人遊びが必要で、
こんな一人の時間も私にはとても大切なだけで、寂しければ、
手を伸ばせばあなた達がいる。

だから贅沢な一人の時間です。
それに、誰かがいないと何かが出来ずに楽しめないのはイヤ。

私があなたの存在を求めるのは、出来ない何かを可能にするためではなく、
純粋に私があなたの人間性を尊重し、心から求めているからです。


大人の女が自分で稼いだお金で、自己責任で楽しむ。
私には自己を見つめる大切な時間です。










madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 24, 2011

France , Strasbourg より

20110924_7dcc37

(ストラスブール、9月24日)

今日も思いがけずに晴天となり、暖かいです。
Mizko,またまた日焼け……ストラスブール焼け!!!

今は土曜日の夕方。私の部屋の窓からは、大聖堂にやって来た観光客や
カフェやレストランのテラスに座る人達で大変賑わっています。

そんな中Mizkoは在宅?いえいえMizkoはそんなキャラではありません!
朝から行動して、今衣装換えのためにホテルに戻って来ました。


これからアペリティフに向けて、お洒落をしようと思います。
フランスでも、そしてドイツ、イタリアでも即食事ということは先ずありません。

有名なアルザス地方の白ワインはお食事の時にして、Mizkoは矢張りシャンパンを頂きたい。
さて、今夜はどこでお食事しましょう。

大人の女の気ままな一人旅。
Mizkoのセルフ酒(一人でお酒を飲む事)は勿論フランスでも。


アルザス地方のボリューム一杯のお肉料理は無視。
今日も矢張り何個か(?)頂こうかな……。

そうです!ここでの楽しみは…
シルバーの大皿の沢山の氷の上に盛られたキンキンに冷えた生牡蠣。
それに加えて海老、スカンピそして貝(写真)。


ドイツでも大きな都市にはオイスターバーはありますが、そうそうどこでも食べられる訳ではありません。
ドイツに住んでいた頃は、冬の週末にここストラスブールに生牡蠣を何度か食べに来ました。

今では通貨も同じで、国境も簡単に越えられるEU諸国……。
でも国によって、言葉も習慣もこうした食べ物も違うので、EUは本当にオモシロイ!


さあお洒落したいので、日記はこの辺で。
Mizkoのフランスでのファッションは全てMade in Italyです。

フランスに対抗?……かもしれません。













madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

そろそろMizkoのお忍び場所を白状しましょう。

20110924_8199ca

(ヨーロッパのとある町より。9月23日)

昼間は気温が上がり、半袖で過ごせました。でも夜になると半袖にセーターだけでは寒いです。
週末になり観光客の数は益々増えて、大聖堂が窓から見える私の部屋の外はまだ賑やかです。


さあ、今回はMizkoの居場所を白状しましょうね。
この写真でお分かりになった方もいらっしゃるでしょう。

ニュールンベルグではありませんよ。似ていますが……。


Mizko秋の一人旅で、フランスのストラスブールにいます。

ドイツとの国境沿いにあり、アルザス地方の中心都市です。

ドイツの占領下に置かれていたので、ドイツのようなフランスです。

だからと言って、思っているほどドイツ語が通じる訳ではありませんが、
観光客の多くがドイツ人で、メニューはドイツ語と英語があります。


写真は旧市街の西側にあるLa Petite France(プチット・フランス)と呼ばれている地区です。

旧市街はイル川に囲まれていて、とてもニュールンベルグに似ています。


本当に美しい町ですが、私が苦手なのは、ここのお料理です。
ボリュームが凄過ぎる!!!特にお肉料理。

ですから、ここではあるものばかりを食べているMizkoです。
さて何でしょう???


フランスのテレビ番組を見ながら(聞きながら?)日記を認めていたら、
慣れないフランス語ですっかり眠くなりました。

おやすみなさい。Bonne nuit!
















madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 23, 2011

Where is Mizko? Wo ist Mizko? Dove e Mizko? Donde esta Mizko?Mizkoはどこ?

20110923_33fa89

(ヨーロッパのとある町より。9月22日)

Readerの皆さん、Mizkoの居場所がお分かりになりましたか?
まだ難しいですよね。

今回の写真でお分かりになる方もいらっしゃるでしょう。


私の部屋の窓からこんな大聖堂が見えています。
ここの旧市街は世界遺産に登録されていて、世界中から多くの観光客が訪れます。

窓の外の大聖堂を見て、その美しさにうっとりしていたら、大きな声が聞こえて来ました。
「ちんちょんはんちょんはんちんぱ~~!」みたいなサウンドが……。

中国人の皆さんごめんなさ~~い。どうしてもそう聞こえてしまいました。

そうです!中国人の観光客の団体が窓の下に集まって、ドームの写真をそんなサウンドと共に撮っていました。

この町には何度も来ていますが、今回は久し振りです。

広島の仲良しのKちゃんがヨーロッパに来た時に一緒に訪れた以来です。

それにしても一足お先に紅葉も見られます。

日差しが出ると暖かいですが、そうでないと寒いです。
革ジャンやコート、セーターを着ている人も多いです。

ミラノからそんな冬服を持って来ていないので、それを理由に早速お買い物しています。












madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)