ドイツにて

September 16, 2012

ミラノからオーストリア、インスブルックを経てドイツへ

Readerの皆さん、Mizkoの旅にご同行して頂いていますでしょうか
まだミラノにいらっしゃる方、どうか急いで追い掛け来てくださ〜〜い

ミラノからいつも通りのアルプス越え。アルプス越えには絶好のお天気に恵まれました

14 form Milan to Nurenberg-2
イタリアからオーストリアに入り、目前にはインスブルックの山々

14 from Milan to Nurenberg-3
いつものMacで一休み。Macの目前にはこんな雄大な風景が広がっています。

14 from Milan to Nurenberg-4
山々が益々近付いてくるハイウエイ



14 form Milan to Nurenberg-514 from Milan to Nurenberg-6
インスブルッグの街を通り抜け。

14 form Milan to Nuernberg-8名も知らぬお城が

 14 form Milan to Nuernberg-7
途中でノンアルコールのビールを飲んで一休み

14 form Milano to Nuernberg-9
オーストリアからドイツに入り、左のタイヤみたいな建物はミュンヘンのサッカースタジオです。
週末で渋滞もあり、いつもより時間が掛かり、ミラノから約10時間でニュールンベルグに到着。
その時の気温なんとたった2度ノースリーブでミニスカートにサンダル姿だったので、凍えてしまいました〜〜〜ミラノとは30度の温度差

15 Ealangen
翌日は早速ソーセージ子供からお年寄りまでに人気なカレーヴルスト。グリルしたソーセージをケチャップとカレーのミックスソースで頂きます。本当に美味しいですよ〜〜〜これは

さて今度は暫くドイツ語オンリーの生活です。











madame_mizko at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 08, 2012

やっぱりソーセージはドイツが一番美味しい!!!

20120308_7fbaa6


(ドイツ、ニュールンベルグ3月8日)

写真はニュールンベルグのお肉屋さんです。

ドイツはソーセージが有名ですが、私もどこのどんなソーセージよりもドイツのソーセージが一番美味しいと思います。

ドイツとは長いお付き合いですが、ソーセージの種類が沢山あり過ぎて全部の名前を覚え切れません。


カフェでもボイルしたソーセージを食べられることもありますし、お肉屋さんでもただ売っているだけではなく、店先にスタンドを出してそこで食べられるようになっている所も多いので、小腹の空いた時にソーセージはぴったりです。それにニュールンベルグの旧市街でしたら、何軒かソーセージの露店が出ています。

そんな時には食べ歩きや立ち食いはお行儀悪いなんていうことは忘れて、是師美味しいソーセージを楽しんじゃって下さい。









madame_mizko at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

イースターのチョコレートで一杯!

20120308_5af072

(ドイツ、ニュールンベルグ3月7日)

デパートもお菓子やさんも雑貨屋さんもそして私の大好きなドラッグストアもイースターの飾りやお菓子で一杯です。

ご覧下さい!ウサギさんが一斉にこちらを見ています!!!全部チョコレートです。
食べてしまうのがちょっとかわいそう……。


あれ〜〜〜今テレビでどこのおじいさんがサッカーについてコメントしているのかと思ったら……
Beckenbauer(ベッケンバウアー)じゃない?!!!

ありゃ〜〜こんなおじいさんになっちゃってえ〜〜〜!
(かの有名なBeckenbauerさんをどこのおじいさんかなんて言って、ドイツサッカーファンの皆さんごめんなさい!)








madame_mizko at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 07, 2012

ドイツでのお買い物

20120307_d7077e

(ドイツ、ニュールンベルグ 3月6日)

ドイツでは沢山の出稼ぎの人がレストランを開いていて、そこで働いている多くがその国の人達です。
写真はGreekのカフェで、働いている人達は皆ギリシャ人です。

イワシの素揚げとRetsinaと言うギリシャのワイン…このちょっと薬っぽい味のするワインが私は大好き。
私は手が込み過ぎていて、長いうんちくを聞かないと素材が何だか分からないお料理より、見て素材がすぐ分かるシンプルなもので、ローカルな人達が飲む安くて気楽なワインを一杯やるのが好きです。
食後にはギリシャのモカを飲みました。


今日もドイツの3月とは思えないほど暖かい一日でした。

お店はすっかり春模様。

ショーウィンドーにはは一足早く夏服が飾られて、どこのお店もイースターの卵の形をしたチョコレートやウサギやひよこの置物がたくさん売られています。


日本ではショッピングと言うと、ミラノが如何にもショッピング天国みたいに思われる方も多いでしょう。
しかしミュンヘンほど大きな町ではありませんが、ニュールンベルグにも沢山のショッピングセンターが軒並みあります。

そしてミラノとは比べものにはならないほどの沢山の品揃え。それらが乱れも無く陳列棚に並んでいるとお買い物意欲も増します。

余程イタリア有名ブランド店でなければ、商品の扱いもドイツの方がドイツ人気質でしょうか……ずっと良いです。


私は個人的な買い物のほとんどをドイツに来た時にします。
ですからアルプス越えをしてまでミラノから車でやって来ては、買ったものを山程詰め込んで帰ります。


面白いのは、大きな本屋さんには本だけ売っているのではなく、カフェがあったり、売られているのも文房具、人気キャラクターグッズ、お料理本の隣には食器やお料理に必要な道具、テーブルの上にちょっと飾る植木、占い本の隣にはラッキーストーンのアクセサリー……と日本の本屋さんのイメージとは全く違うので、目的が本でなく、ショップの商品やプレゼント探しにも私は本屋さんに行きます。


ドラッグストアも日本とは大変違います。

今ならイースターの飾りやお菓子があり、その他のお菓子や調理用具はお鍋やフライパンは勿論!電化製品はコーヒーメーカー、トースター、レンジ、ジューサーなんでもあり!食器、手芸用品、文房具売り場では子供が学校に持って行くバッグもあります。おもちゃ売り場にはキティちゃんもいます。

それにアクセサリー、CDやDVD……

本当に品揃えが豊富で、ドイツで一番私が沢山買い物をするのはドラッグストアです。
ドイツのドラッグストアはMizkoだ〜〜〜いすき!











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 05, 2012

新たなるアモーレ(彼)見っけ!!!

20120305_9ede5c

(ドイツ、ニュールンベルグ 3月4日)

写真はショーウィンドーのMr.マネキンです。「いや〜かっこいいな〜〜この彼!」とMizko一目惚れ!

動かぬ髪無しのMizkoの新たなるアモーレ???明日も会いに行こう!
国によってもマネキンの顔や体型が違うので面白いです。


ドイツのデパートや大きめの商店は土曜日20時閉店で、日曜日は全てのお店が終日閉店です。
昨日の19時40分頃デパートにいたら、あちらこちらから聞こえて来ました……レジでのお金を数える音。
まだまだお客さんがいるのにお構いなしで、どのレジでも店員さんがお金勘定に夢中!!!


それでドイツに暮らしていた頃のある日を思い出しました……
当時の閉店時間18時の15分位前にドラッグストアに行きました。

店員(腹立たしい人だったので、「さん」付けはしません)はその時もレジのお金勘定をしていました。私の入店に思いっ切り嫌な顔をしましたが、無視して私は急いで必要な物を買い、おつりが1マルクでした(ドイツ通貨は当時マルクとペニッヒでした)。

そうしたらその店員は無言で私の目の前に100個のコインをジャラジャラと乱暴に置きました。
1マルクのおつりを1ペニッヒのコイン100枚で渡したのです。

1ペニッヒコインの山が1マルク分づつ分けられていたので、すぐにその100枚と分かりました。
勿論1マルクのコインも何枚も私の目の前にありました。


そんな態度を取られて、黙って100枚の1ペニッヒコインを貰ってくるようなMizkoではありません!
しかしその時の私のドイツ語は、文句が言えるほど上達していませんでした。

そこで私は黙って100枚のコインを持っていたビニール袋に全部入れて、レジから店内に戻りました。そしてある物を手に取り再びその店員の所に行き、一個だけコインを抜き取り、無言で彼女の顔を見ながら、残りの99個のコインを彼女が私にした以上に乱暴にジャラジャラ〜〜〜ッと置き、静か〜にお店を去りました。

Mizko99ペニッヒの歯磨き粉お買い上げ!Mizko無言の抵抗でした。


このフランケン地方の人々は今でこそ大分親切になりましたが、当時は排他的と言うかとにかく感じが悪い人が多かったです。最初の頃はどうしてこんなひどい態度を取られなければならないのかが解らず、悔し涙をどれだけ流したか分かりません。

しかし涙を流す度にここで生きる力が身に付きました。
上記の思い出話はそんな一例です。

そして今では、そんな感じの悪いドイツ人に遭ったならばドイツ語で対抗します。











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)