ドイツにて

September 30, 2013

やっぱり暴露したいドイツ人の裏の顔 Part 1

Readerの皆さん、私はニュールンベルグからベルリンに移動しました26 Berlin-1
本当に久しぶりのベルリン
それも今回は旧東ベルリンにいます。
ドイツが東西に分かれていた時に、大変緊張しながら西ドイツの国境を越えて、東ドイツには何度か来たことがあります。
その時のお話はまたいつかしたいと思いますが、その印象が強く残る私には、こうして東側で自由にいられることが信じられません。

(写真右:ブランデンブルグ門。以前は門の前にベルリンの壁があり、この門は東ドイツ側にありました。今や門の下を簡単に行き来が出来るのが夢のよう

『暴露!ドイツ人の裏の顔』は私のブログの中でも一番好評でしたが、本当にドイツ人にはオープンな所があると思います男女一緒のミックスサウナのお話もしましたが、そういうことには特にオープンと言いましょうか…

ここからはHなお話がキライな方はご遠慮ください
18歳未満の方は保護者の方とご覧下さい

ドイツの大きな町には必ずある日本で言うアダルトSHOP
暗くなってこっそり開店するのではなく、営業時間は他のお店と同じ。朝10時頃から開き、夜20時には閉店(場所によって違いはあるかも)。
それもショッピングストリートに堂々とあり、まるでブティックにでも行くように、昼間女性1人でも入って行きます
なかなか日本では無いシーンです26 Berlin-2
この手のお店の中で何と言っても有名なのは『Beate Uhse』
ドイツ人なら若い人からお年寄りまで知っている老舗でしょう。

(写真右:やっぱりベルリンの地ビール

そのあまりの堂々たる存在感には、嫌らしいイメージは感じられません。

少し前まで、ブランドSHOPが並ぶフランクフルト空港にも、これまた堂々と支店を構えていましたし

勿論Mizkoも行ったことがありますでも常連ではありませんヨ~~~

まあ使用方法が私の想像力を遥かに超えていてなんだか分からない品もありますが~~~
分からない時には店員の優しそうなお姉さんに質問しているこれまたお姉さんもいますが…

私が主に買うのは笑えるHグッズです
面白い形をしたパスタやキャンディーを買って、黙っ~~て友達に食べさせてびっくりさせる…結構Mizkoはいたずらっ子なんで周囲からお茶目って良く言われます
そんなおもしろグッズも揃っているんです

Readerの皆さん、この日記を読んだ方だけの特典です
ためになるお話()をしましょう
『Beate Uhse』は世界初のアダルトショップなんです
それも一人のドイツ人女性のアイディアから始まったのです27 Berlin-1

(写真右:ベルリンと言ったらこれCurrywurst、カリーヴルスト
焼きソーセージに秘密のケッチャップとカレーパウダーが軽く振り掛けてあります。このカリーヴルストについてはまたの機会にうんちくを語りましょう写真はカリーヴルストと炒めたポテト。)

それは「いやらしい~~」なんて目を背ける低いレベルのものではなく、彼女の発想とキャリアとバイタリティーは見習いたい程すごいものです

『ベアテ・ウーゼ(Beate Uhse-Rotermund, 前名Beate Kostlin(1919年10月25日-2001年7月16日)は、ドイツ軍のパイロットで、企業家。1930年代のドイツにおける女性初かつ唯一のスタントパイロットで、第二次世界大戦後にアダルトグッズショップを世界で展開した。彼女の起業したBeate Uhse AGはフランクフルト証券取引所に上場し、性具売り上げで世界最大である。Beate Uhse AGはPremiereネットワークでのテレビ放送も行っている。』
『1962年、フレンスブルクで彼女は"結婚生活のための特殊用品店"をオープンした。世界で最初のアダルトグッズショップである。彼女は、店舗とカタログの双方で、より多くの"結婚生活の衛生用品"を扱うようになった。』(Wikipediaより抜粋)
…とのこと。

兎に角大した女性です
それにしても、東京,表参道のブルガリの横に、京都、四条河原町の交差点にこのようなお店があることは想像出来ませんよね~
それに「こそこそ」、「いやらしい」と言った陰気なイメージも全くない
こういうところでも日本と違う彼らのオープンマインドを感じます

これまた皆さんがお持ちのドイツ人に対する印象とは違うのではないでしょうか


madame_mizko at 12:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

June 30, 2013

ドイツ寒い中での夏物セール、こんなお店も?!


先ずはご挨拶…
この度の京都展示即売会でお買い上げ下さった皆さん、本当に有難うございました。
商品を通し、それぞれの商品を買い求めたヨーロッパの街と京都の皆さんとの橋渡しが出来ました事をとても嬉しく思います。
そして今回の展示即売会を実現可能にして下さった皆さん、お世話になりました。有難うございます。これからもよろしくお願いします。
初チャレンジに臨んだスタッフのロッサ&アッキーノ、遅い時間までお疲れさまでした。有難う。


27Earlangen-1ドイツでは夏のバーゲンが早くも始まりましたが、全然夏らしくない寒い日々です
(写真左:やっとちょこっと青空が…

たま~~に気まぐれに太陽は出るものの、ミラノから持って来た夏服の出番は未だにありません
こんな気候だと、夏物バーゲンにも心は全く惹かれませぬ
それよりも早くも並び始めた2013年秋冬物に目が行ってしまいます

(写真右:お天気が悪い上にセールのため、ショッピングアーケードは賑わっています。カフェは座る所もなかなかありませ~~ん

夏なのにこう寒いのも「ドイツに来た実感」の一つでもあります。29 Earlangen-1
私のドイツの夏の経験で一番寒かったのは、8月で気温8度ですよーーー
8月でですよ~~~
だからと言って、ドイツの夏はいつも寒い訳ではないのですが、お天気が崩れると、夏から一挙に冬になるのが特徴です。暑くなる時は、湿気が少なく、カーーッと暑くなるので、ドイツでもしっかり日焼けします

(写真下:セールだセールだ
29 Earlangen-3
その他ドイツに来たと実感出来るシーンは…
1)走っている車がきれいイタリアでは埃だらけ、屋根の上には鳥の落とし物をそのままにして走っている車も少なくはありませんからね
2)デパートや大きなお店が多く、商品は種別、色別されビシーッと並んでいて、見ているだで気持ちが良い
家具以外なら、何でも売っています

ブランドの店舗がずらりと入った今時の東京や大阪の大きなデパートよりも実用品が揃っているので買い物し易いと思います。スペースもずっと広いですからね
29 Earlangen-2
ミラノでは小売店が多く、デパートと呼ばれるお店もほとんどありませんし、あっても品揃えがドイツとは比較にはなりません。

(写真右:男性も一緒にお見立て…「こんなの似合うんじゃないの~~」なんて言っているのでしょう

3)商品の安心度。理由はきちんきちんとしたドイツ人のメンタリティーにあります。

28Nuernberg-1(写真左:こんなお店もセールですあの~~ここS〇X SHOPです写真右:こういうお店も堂々とショッピングストリートに有り、日本のようないかがわしいムードは全くありません。一般のブティックのように男女老若、ふらりと入っていますよまた暴露シリーズでお話します28Nuernberg-2

この差は一度両国をご覧になると一目瞭然だと思いますよ。
これでミラノに帰ると、街中がごった返していて、なんだか小汚く感じますから…

日本から来た友達にドイツとイタリアを案内したら、全員がドイツの方が良かったというお答え。
最初はその回答を意外だと思いましたが、その理由は「美しさ」だと、全員一致。
特にニュールンベルグには皆さん一目惚れ「きれい~~」「ロマンチックゥ~~~」と皆さんメロメロでした


madame_mizko at 20:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 27, 2013

48時間内の気温差25度なり

さ〜〜〜てさてさて、お寒うございま〜す
マフラー、革ジャン、あら〜〜ダウンジャケットの方もいらっしゃいますね〜〜〜
気温40度近いアマルフィ海岸からミラノにすっとんで帰り日焼けした肌、そしてタンクトップにミニスカート、素足でサンダル姿で今度は車でしゅっぱ〜〜つ
ミラノを出発して1時間もしたら、太陽は姿を消し、段々と暗くなって来て、あれ〜〜〜山の上に白いものが〜〜
あれ〜雪じゃないの」今度は段々と車内が寒くなり、気温を見たら一桁。外に出たら…「さっむ〜〜〜〜〜い
車内ではヒーターを点けて、「これ夏としては寒過ぎ〜〜23 Near インスブルッグ
そして向かった先は15度しかないドイツ。
「先週は38度くらいの暑い日が続いたのよ〜」と現地の皆さんは言うけれど、そんな過去のことはどうでもいい今、寒い

21 Amalfi,Ravello-2数日前の暑さが恋しいです
それに何よりも、この気候には私の日焼けが似合わない
ビールは要らない只今熱燗で体を暖めたいMizkoです
48時間内にアマルフィ海岸からドイツ、ニュールンベルグへ移動して、気温差は25度

その差は写真でも一目瞭然。アマルフィ海岸ラベッロとオーストリア、インスブルッグ付近。



madame_mizko at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 24, 2012

カルチャーな時間をご一緒に

私はここのところある反省をしていました。19 Nuernberg museum-23
忙しさに感けていてカルチャーに触れていない

以前はどんなに忙しくても、時間を見付けては美術館巡りをしていました。

絵の事は正直言って分かりません。しかし一人美術館で、美しい絵の前で過ごす時間は大好きですし、自分には必要な時間だと思っています

ドイツに住んでいた頃は、電車で約2時間を掛けてミュンヘンの美術館に通いました。



19 Nuernberg museum-2419 Nuernberg museum-22
(ゲルマン国立博物館の入場券売り場。大人6ユーロ。右はおもちゃの博物館)

こうしてカルチャーに触れていない日々を過ごしていると、感性がどんどんと鈍るような気がして、「こりゃだめだ〜〜〜美しい芸術に触れなければ〜〜」と思い
そこでニュールンベルグの私の大好きなゲルマン国立博物館に行きました(写真右上)。
何度も行った事はありますが、ここのところはすっかりご無沙汰していました

Readerの皆さん、暫し静かに美に触れるお時間をお過ごし下さい。

19 Nuernberg museum-2019 Nuernberg museum-9
                                                 マリアテレサもお美しい

 Nuernberg museum-319 Nuernberg museum-8
絵の中の絵に溜息。

19 Nuernberg museum-10
あら、こんな絵も見付けましたびっくりして手ぶれ

19 Nuernberg museum-1419 Nuernberg museum-15
絵だけではなく、楽器、衣類、食器、武器、おもちゃ等のコレクションがあります。
その中で私の大好きな彼女なんと18世紀の鍵盤付きの楽器です

19 Nuernberg museum-1819 Nuernberg museum-17
100年ほど前の下着。昔から女性は「寄せて上げて」が大切だったのですね〜〜

19 Nuernberg museum-519 Nuernberg museum-21
18世紀のドールハウス。見ているだけでも楽しい

19 Nuernberg museum-2
この子誰だか知りませんが、一度見たら忘れられませんキュートな彼久々の再会です。

兎に角見応えのあるミュージアムです。私は3時間でギブアップ。
日によって夜9時までやっています。
ニュールンベルグにいらっしゃったら、是非このミュージアムに足を運んでみて下さいね。

私は荷物をロッカーに入れ、靴までミュージアム用に履き替えます。
広くてかなり歩きますからね。
近くに住んでいたら、通いたいミュージアムの一つです

美しい物を見てた後は、気持ちまで洗われたようでした



madame_mizko at 06:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 20, 2012

ドイツ、ニュールンベルグより

さてReaderの皆さん、只今Mizkoはドイツ、ニュールンベルグですよ
どなた〜〜〜まだミラノにいらっしゃる方
ちゃんとMizkoと旅をして下さいよ〜〜〜
Mizko一人で勝手に行ってこい!!なんていやですよ〜〜

ミュンヘンは、世界的に有名なオクトーバーフェストで賑わっていますがドイツとの長いお付き合いの私は、世界中からの観光客と酔っ払いの多さで、ミュンヘンのオクトーバーフェストにはそれほど心ときめきません……
しかしオクトーバーフェストの影響で、ここニュールンベルグでもショーウィンドウに民族衣装が見られます。

19 Nuernberg 1619 Nuernberg-14

19 Nuernberg-1







ニュールンベルグ……ここを訪れた友達は皆…「ミラノよりニュールンベルグの方が好き」とのこと。
運河がありイタリア人が「小さなベニス」と言っていました。
確かにロマンチックな町並みです


19 Nuernberg-219 Nuernberg-3

19 Nuernberg-419 Nuernberg-619 Nurnberg-5

すっかり秋模様のドイツですが、この日は太陽が出ると、ぽかぽか陽気でした

19 Nuernberg-719 Nuernberg-8

小腹が空いたら、スタンドでソーセージやフリカデッレ(ハンバーグ)を
いつでも気軽に、ドイツ語が分からなくても、指差し注文出来るこんなスタンドをおススメします。
値段も€2.50 ~3.00で手頃です。味は……美味しい写真右側にあるのは大きなケチャップの入れ物。
マスタードもあります。
イタリアやドイツでは立ち食いはお行機悪〜〜いなんて言われませんから、じゃんじゃん立ち食いグルメを楽しんで下さい
子供からお年寄りまで立ち食いしていますよ〜〜



madame_mizko at 06:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)