ミラノにて

June 29, 2020

マキネッタでHome cafe/ミラノ暮らしのマダムMizko

私はコーヒーが大好きIMG_0505ミラノの生活では、家の周りにたくさんのカフェがあるので、エスプレッソはカフェで、家では、日本からのお気に入りのブレンドコーヒーをと分けて飲んでいたのですが、おこもり時間が長くなってからは、暫く使っていなかったMacchinetta(マキネッタ=直火式エスプレッソマシン)を引っ張り出して使っています。
Caffettiera(カフェッティエーラ)とも呼ばれ(その他にも呼び方有り)、私自身普段はカフェッティエーラと呼んでいます
日本ではマキネッタをご存知ない方もいらっしゃるので、ちょっとご紹介しますね
FE1313CA-6423-41DD-8CB7-BA54292F1E52
写真右上:我が家のステンレス仕様のマキネッタ(4カップ用)。今回はお気に入りのミラノのエスプレッソカップで。

写真右2枚目:3パーツあり、左は抽出されたコーヒーが溜まる「サーバー」。真ん中がコーヒーの粉を入れる「バスケット」。右が水を入れる「ボイラー」。

[仕組み]
沸騰するとボイラーの中の蒸気圧で水が押し上げられ、コーヒー粉が入っているバスケットを通過しサーバーから抽出されたエスプレッソコーヒーが出て来る。
E756F229-5360-4340-8895-5C26C980E13B
[使い方]
①ボイラーにお水を入れる。

②バスケットをボイラーにセットし、コーヒー粉をバスケットの上スレスレまで平らに入れる(写真右3枚目)
少しこんもりさせるのがお好きな方も多いです。このマキネッタにはコーヒー粉を調節する減量フィルターがないので、少なくてもスレスレまで必ず入れます。
マキネッタはコーヒーの量に応じたサイズを選んで買いますお水の量はそのサイズとお好みで。
目安1カップで約50cc。
IMG_1288
③サーバーを取り付け、私の場合は中火にかける。
サーバーを取り付ける場合、しっかり固定しないと、火にかけてから、サーバーの水が蒸気となってこの隙間から逃げてしまいます

④目安は「音」「シュワシュワ」から「ボコボコ」になったら、「ボコボコボコボコボコボコボコボコ」くらい音を聞いてはい出来上がり時間的には5分くらい。
(マキネッタ用のコーヒーの粉の袋には、小さくマキネッタが描かれています。写真右4枚目

使用後はパーツを外して、お水洗いをするだけ簡単

C542C419-C1E9-4A0E-AA80-3B21703CC831写真左、今回は、お気に入りのヴェネツィアングラスに入れた大好きなブランディー”VECCHIA ROMAGNA"添えで

最近では本格的なエスプレッソマシンもありますが、マキネッタは、簡単に美味しいエスプレッソが出来るクラッシックな粋なアイテムだと思います日本でも売っていますので、皆さんもお試しになりませんかキャンプにも最適ですよ〜









 





madame_mizko at 16:11|PermalinkComments(0)

June 23, 2020

マダムMizkoの歳重ねの心得/ミラノ暮らしのマダムMizko

ミラノも動き出しましたが、まあここは頑張り時と慎重に暮らしております。
この間に齢も重ねまして…Thank you very much for your Birthday Greetings
こう言う状況下ですから、感染者が連日爆発的に増えている国々からのメッセージは、友達皆んなも元気だということが分かり、喜びは一入でした
(写真:本日もミラノは暑かった〜〜〜
IMG_1203
私には歳を重ねることに一つの恐れがあります
それはシワや白髪が増えることではなく、頭が固くなることです
Mizkoの「ばばあ」(言葉が悪くてごめんなさいしかしここでは一番ピンとくる表現なので、敢えて使わせて頂きます)の定義は、『頭が固く、視野が狭い』ことを示します。

フラメンコを習っていた時に、実母と同じ歳の方がクラスにいらして(当時72歳)、クラスで出来なかったステップは、個人レッスンを受けて学び、クラスでは私達と同等にしっかりフォローしていらっしゃいました。ドイツの90歳を過ぎた方々。一人暮らしをしっかり熟し、世界の情報を熟知した上、ご自分のしっかりした意見をお持ちなので、議論となると負けそう
そうした向上心旺盛な先輩女性達を沢山見ていれば、呑気に歳を重ねてはいられません
IMG_1204

視野の狭さは思考の狭さだと常に私は思っていますし、頭を柔軟にして、好奇心、向上心を失わず、「歳の差は知恵の差」に出来るように頑張ります
皆さん、これからもMizkoとショップを宜しくお願いします
手始めに、もう1ヶ国語話せるようにしました(独学ですが)お披露目はまた〜












madame_mizko at 22:43|PermalinkComments(0)

June 04, 2020

Am I a dreamer? /ミラノ暮らしのマダムMizko

Readerの皆さん、Ciao〜
(写真右:おこもり生活100日目記念。出来合い物も買わずの100日全自炊生活。自分にご苦労さん
IMG_0900
Mizkoはここ連日デモに参加しています……
アメリカ、ミネソタ州で黒人男性が白人警察官に殺された事件から毎晩テレビでCNNのライブニュースを見ています。そして心では連日抗議デモに参加しています。(その為ここのところ寝不足気味イタリア時間の深夜なので)
この事件の動画には、もの凄い怒り、悔しさ、そして深い悲しみを感じ、絶対に許せません殺されたFloydさんの6歳のお嬢さんの姿には、心が張り裂けそうです

何度も旅をして、アフリカをこよなく愛し、亡き母への思いとアフリカへの感謝の気持ちから、タンザニアに学校や教師の宿舎を建設し、井戸を掘った私が、この事件をスルー出来るはずがありません

このタンザニアのプロジェクトも現地の皆さんのご協力で私の夢を叶えることが出来ました
一緒に悩んで、知恵を出し合い助け合い、力を合わせ困難を乗り越え、完成した時には2500人の村人が集まり、私はマサイ族の男性とピョンピョン飛び合い、皆と歌い、踊り、喜びを分かち合いました。
沢山の友達がいますし、本当に沢山助けて頂いて来ました。

長い外国生活や多くの旅の経験から、自分自身がイエローと差別をされたこともありましたし、殺人に至るようなことではありませんが、黒人が白人にひどい仕打ちをされているシーンも何度も見ています。しかし、一旅人が口を挟めるようなことでは決してなく、無念さだけが残ります。IMG_0850
(写真右2枚:mercato=メルカート:ストリートマーケットも再開。二重駐車や歩道に駐車は当たり前)
それでもある時、アフリカのサファリロッジの白人オーナーが、私達がチェックインした際、黒人の友人の顔を見た途端、彼だけに「お前は納屋にいけ」と言った時には、Mizko…ぶっちぎれ白人男性に激怒しました
イエロー女のぶっちぎれを初めて見たのか、その白人男性は驚いたような顔と(このイエロー女!)というような心の中の怒りを含めた顔を私に向けながらも、「どうぞどうぞ皆さんご一緒に」と言い直したので、「当然だ」と言ってやりました

またここ何日かは、ある黒人男性の言葉を思い出しています。
あれは遠い昔ニューヨークに住んでいた時のことです。ある日地下鉄の中で、わざわざ私の隣りに座った黒人男性がいました。「オレはブラック、お前はイエローだけど、生きていくのはそんなに悪い事ばかりじゃない。頑張ろうな〜」という感じで、私の肩をポンと叩いて去って行きました。
そうです!私達日本人は有色人種、イエローです!IMG_0849

日本にいると、自分の肌の色がイエローだと感じることはないのではないでしょうか…、今回のこの事件を遠い国の黒人だけのことと思わず、Readerの皆さんもこの機会に是非一度考えてみてください。

タンザニアには、亡くなったばかりの母のお位牌を持って行きました。
「いつも持っているそれは何?」とマサイ族の友人が聞くので、お位牌を見せ、「今となってはこれが私のママなの。」と言うと、彼は両手でそのお位牌を大事そうに持ちました。それ以来、私がお位牌の入ったバッグを持っていられない時には、「ママは僕が見ているから」と私の代わりにずっとバッグを抱えていてくれました決してその辺に置いたりしませんでした。
(写真右下):うちのつばめつばめとの期間限定共存中。やっと撮れた一枚)

人の心は肌の色なんて全く関係無い
特にこの世界中が同じ理由で苦難の時、世界中の人々が愛を持って心一つに助け合わなければならないはずIMG_0841
☆今回のMizkoが選んだ一曲は…「imagine」
可愛らしい歌声と歌詞付きです。
歌詞を振り返り、このひと時、あなたの心が世界と一つになることを祈りつつ
ここをクリックしてお楽しみくださいませね❤


madame_mizko at 17:14|PermalinkComments(0)

May 22, 2020

今恋しいものと、心温まる出来事/ミラノ暮らしのマダムMizko

IMG_3562本来ならば、今頃皆さんと楽しく京都で過ごしていたのですが…
今回の写真は2019年5月の京都での写真です。京都が恋しくてUPしましたIMG_3650
私は京都の朝が大好きですモーニングウォーク+お寺参り+お寺での瞑想が楽しみで、寝ているのが勿体無い気がして早起きですお寺のお掃除の方の邪魔になるのではと瞑想の途中で移動しようとすると、「大丈夫ですよ。ごゆっくり」と言って頂きました。明治神宮で瞑想していたら、「寝ないでください」と怒られました

IMG_3974ミラノでは、今週の月曜日(18日)からいよいよお店が開き始め、人が動き始めました。しかしMizkoの生活は相も変わらず…必要なお買い物以外はおこもり生活。
今回のコロナの一件では、旅の途中で足留めにならなくて本当に良かったと思っています。IMG_4076
ミラノでは、何と言っても家の真裏のスーパー一軒で殆どの物が買えます。そしてここのスーパーはマスク、手袋無しでの入店は禁止な上に、マスクから鼻を出している人には、ちゃんとマスクをするように注意し、人との距離が近くなると注意をし、キャッシャーを受け持つ人が各自の台を年中消毒をしているので、この状況下でこれ以上の安心はありません。
IMG_4100(写真右下:イギリス人が造った日本酒Ice Breaker京都で出会い、今では大好きなお酒ですあ〜きんきんに冷して飲みた〜い表参道の家の冷蔵庫の中にあるのですが〜〜

まだまだこちらでの支払いは現金でのやり取りが多いです。お札は帰ってから一週間はテラスに置きっぱなし、小銭は石鹸で洗います。ところが一昨日のお買い物では、会計になったら75セント足り無ーいIMG_4069
この3ヶ月以上外食、テイクアウト無し、出来合いの物も買わず、すべて手料理の生活な上に、今や2週間に一回のお買い物では、食品を見るとつい興奮気味となり、ちょっと買い過ぎました
IMG_4055しかしお店の人は「あるだけでいいわよ」と75セントをオマケしてくれた上に、(買った沢山の商品を見ながら)「近いとは言え、家まで運ぶのが大変だわ」とショッピングカートの貸し出しもしてくれました。
こうしてイタリアでも皆さんに助けて頂いて生活が出来ているんだな〜とつくづく有り難く思いました心が温まる出来事でした

(写真左:Mizkoの大のお気に入りで、今とっても恋しい大阪の立ち飲みやさん。「女乳」とは

☆今回のオススメは2曲
マッチョで、お笑い芸人さんのようなキャラからはとても想像がつかないような技術と音色
そのギャップにSpecialを感じて選びました

私も長年ピアノを弾いていたので、実際にコンサートに行ってみたいお一人です。
これから期待したい若きピアニストさんによる演奏で。
一曲目はストリートピアノでリスト『ラカンパネラ』
二曲目はMizkoからReader の皆さんへ、Amore込めて…リスト『愛の夢』
美しい音色にこのひと時を癒されてくださいませ
ここをクリックしてお楽しみくださいね!

ここをクリックしてお楽しみくださいね!







madame_mizko at 13:09|PermalinkComments(0)

May 12, 2020

コロナとの共存生活中/ミラノ暮らしのマダムMizko

5月4日より徐々にロックダウンが緩和され、本格的にコロナとの共存が始まりました。
そこで数日前ちょっと遠回りしてスーパーマーケットへ。
15分くらい歩いたかな…こんなに長く歩いたのは久しぶり〜IMG_0592
それにしてもつい数ヶ月前のミラノとは全く違う空気が流れていました
そんな中で今年も変わらぬものは、新緑の美しさとツバメが我が家に帰って来たこと
(写真右:小さな黒い点はツバメです4月になると越冬していたツバメが帰って来て、朝夕ミラノの空を舞います。何年か前に外からは見えない所に巣を作り、毎年戻って来るようになりました.今こうしていても、ビービービービーと鳴いているのが聞こえて来ますコロナ関係なく、自由に飛び回るツバメが羨まし〜〜い写真右下2枚。今はiPhoneを持って出掛けないので、去年撮影したものですが、今年も変わらず新緑が美しいここは道路の真ん中を走る路面電車の線路沿いなんですよ〜)

スーパーマーケットでは、空いている時間を狙ったので待たずに入店。
店員さんもお客さんも全員マスクと手袋着用、ソーシャルディスタンスもしっかり守られています
私がStay at homeをして本日で82日目。この間に3回お買い物に行きましたが、いつ行ってもパニック状態はまるでなく、皆さん落ち着いていますし、スタッフや係員の指示や注意に反発する人もいません…というより皆さん協力し合っていますまたアジア人を差別するような人もいません。
品揃えには文句無し。IMG_6011
今の暮らしに一番必要な物が出れば、すぐに特別コーナが設けられていて、見つけ易いようにまとめて置いてあります。
除菌、消毒に関する用品コーナー。一時はキノアフラワーしか買えない時もありましたが、今では数多くのフラワー(小麦粉類)が並ぶコーナー。
売り切れても直ぐに再入荷されるとご近所さんも安心していました。
こうしてスーパーでのお買い物はとても快適です

補足ですが…
ミラノでは(他のイタリア都市では分かりません…)、スーパーのお野菜や果物売り場では、普段から手袋着用が義務づけられています
ビニール袋と使い捨ての手袋が必ず置いてあり、それを着用して、お野菜や果物をビニールの袋に取ります。
また路上で開かれるメルカートでも、勝手に素手でお野菜や果物に触る事は出来ず、お店の人に何がどれくらい欲しいかを伝えて買います。ミラノに暮らし始めた頃このルールを知らず、日本のように素手でお野菜を取ってしまい、お店の方にすごく怒られました
この生活に慣れると、日本のスーパーのお野菜や果物コーナーで、素手で商品を取ったり、特に一度手に取った物を返したりしているのを見ると、ちょっとイヤだなと思うようになりましたIMG_6013

5月9日(土)69.171、10日(日)51.678、11日(月)40.740…これはイタリアの一日のコロナ検査数です。土日祝日関係無く毎日18時に情報がUPされます。
お休みも夜間関係なく最前線で働いていらっしゃる医療関係者の方々、そして物流に携わる方々、スーパーマーケットの皆さんには本当に感謝の気持ちで一杯です
こうした状況下でも品揃えが豊富で、ルールがきちんと守られた中で安心してお買い物が出来ることは本当に有り難いです

☆今回のマダムMizkoのオススメの歌はこちら…生い立ちのお話から歌の最後までどうぞご覧になってください初めてご覧になる方はビックリなさるでしょう
こちらをクリックしてお楽しみくださいね❤


madame_mizko at 17:43|PermalinkComments(0)