打倒!お肌の敵『乾燥』&『Calcare(カルカーレ)』/ミラノ暮らしのマダムMizkoミラノのスーパーマーケットへご一緒に/ミラノ暮らしのマダムMizko

December 09, 2020

パネットーネ!パネットーネ!Panettoneだらけのクリスマスシーズンのミラノ/ミラノ暮らしのマダムMizko

数日前には初雪が振り、ミラノも一気に寒くなりました。IMG_3270
本日は冷たい雨灰色の空…しかし、こうして日記を認めている横のMizkoの窓辺では、色とりどりのお花が元気に咲いてくれています(写真右)シクラメン、アザレア、菊、そしてその向こうには赤と黄色のカランコエ。その間にはミモザ。左端では、何と黄色のハイビスカスが蕾を膨らませています。咲いてくれたら嬉しいな〜

IMG_2991IMG_2990IMG_2994ドイツの家庭では、アドベントキャンドル4本を用意し、アドベントが始まると先ず1本のキャンドルに火を灯し、毎日曜日に1本ずつキャンドルを増やし、4本に火が灯ってクリスマスを迎えます只今アドベント2週目。我が家でも2本の赤いローソクが灯っています。

一般的には、もみの木の小枝で作られた丸いリースに赤いローソクを立てますが、それも各家庭の好みによります。
我が家ではイタリア流も取り入れますが、主にはドイツ流です。それは…ドイツでは24日がイヴでクリスIMG_2989IMG_2987スは25日と26日の二日間あリ、楽しみは長い方がいいからです

長年このシーズンには日本にいて、ヨーロッパでアドベントを迎えるのも、ミラノの家でこんなにゆっくりするのも本当に久し振りなので、今はどっぷりヨーロッパ生活に浸っています。

アドベントはクリスマスに向けての準備期間でもあります。

IMG_2985IMG_2993そしてミラノでクリスマスと言ったら、Panettone(パネットーネ)と呼ばれる菓子パン今の時期には、これでもか〜というほどどこにでも売られていて、どれを買おうかと悩みます。本来のパネットーネはドライフルーツを刻んで、それらを混ぜて焼き上げたものですが、今ではメーカーのオリジナルも多く、種類も豊富でお値段も様々です。
ピスタチオのチョコレートをコーティングしたものや、アーモンドが乗っているものもありました。
スプマンテや他のお菓子や食材とのセットもありますよ
(写真のパネットーネは一軒のスーパーマーケットで撮影したもの。お店の至る所にパネットーネが置かれています)
Mizkoがゲットしたパネットーネは3個…今の所は

IMG_3124IMG_3142IMG_3157一つ目に頂いたのはオーソドックな物(写真左)。
もう袋を開けた途端から美味しそ〜な香りが漂い、フワフワのパンもその中のドライフルーツも美味しくて、冷えたスプマンテやラム酒を加えたホットティーや Vecchia Romagnaを加えたコーヒーで楽しみましたシンプルで美味しいパネットーネには、こうしたアルコールと合わせるのがMizko流。


IMG_3232IMG_3252IMG_3256今頂いているのが、チョコレートパネットーネの上にカスタード入りシュークリームが乗っているという物(写真左)。他と比べるとお値段がお安く、お値段なりかな〜と思っていたのですが、いやいや〜これがとっても美味しいこれはリピート確定
もしこれがケーキだったらかなりヘビーになると思いますが、フワフワなパンなところがなかなかよろしゅうございますぅ〜


IMG_3225IMG_32283個目は、1930年からある老舗GiOVANNI COVA & C.のパネットーネ『RAFFAELLO』(写真左)。
ラファエロ好きは買わずにはいられませんでした
箱も素敵ですし、中には美味しそうなチョコレートコーティングされたパネットーネの他に、ブレラ絵画館(Pinacoteca di Brera)とアンブロジアーナ絵画館(Pinacoteca Ambrosiana)の入場割引券とそれぞれの美術館で鑑賞できるラファエロの作品の解説本付きなんだか心豊かになる一箱です食べるのが楽しみ〜

IMG_3278イタリア人の友達に言われたのですが、パネットーネはナイフで切って食べるのではなく、むしりながら食べる確かにその方が美味しい そしてどのパネットーネも袋から開けた時が一番美味しい
(写真左:ヴェローナのクリスマスのお菓子Pandoroパンドーロのミニ。お仏壇用
)
Readerの皆さん、あなたならどのパネットーネをお選びになるでしょうか










madame_mizko at 13:14│Comments(0) イタリアにて | ミラノにて

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
打倒!お肌の敵『乾燥』&『Calcare(カルカーレ)』/ミラノ暮らしのマダムMizkoミラノのスーパーマーケットへご一緒に/ミラノ暮らしのマダムMizko