初めてのアフリカ旅行の感想文見〜つけた!Part 1/ミラノ暮らしのマダムMizkoひとり展示会!?(販売はありません!)/ミラノ暮らしのマダムMizko

October 25, 2020

初めてのアフリカ旅行の感想文見〜つけた!Part 2/ミラノ暮らしのマダムMizko

沢山の旅の写真の中からこの日記用の写真を探していたら、懐かしさに浸り、NAMIBIA - Cape Cross 6
気付いたら時間が経ってしまいました〜この間コロナ感染者もぐんぐんと上がって来ました〜まっコロナのお話はまたにして、今回は前回の続きですMizkoの17歳春のこの旅を境に、私の生き方はガラリと変わって行きました

(写真右3枚:Cape Cross, Namibia. 1枚目の写真は岩の写真ではありません正体は2枚目の写真で。足元でゴロゴロしています
17歳の春から長い月日が流れ、私はアフリカに帰り、前々回の日記にある様に、何年もアフリカの旅を続けて来たわけです。そしてアフリカの旅をする度に、私はどんどんとその魅力に惹かれて行きました。NAMIBIA - Cape Cross 7
この間の私は、何を見てもアフリカで得たあの私の心を強く揺さぶるような感動が得られず、どこを旅しても物足りず、寝ても覚めてもアフリカ一色でした
「恋に落ちて」ではなく、「アフリカに落ちて」と言った状態でしょう

そんな生活が中断したのは、親の病気が発覚したからでした。
また近年アフリカをお休みしてしまったのには深い理由がありますが、それはいつかお話しします。しかし私の胸中は…I left a part of my heart in Africa

ある日サバンナで、もうすっかりカサカサになった動物の大きな骨を見つけました。
骨の下の赤茶色の地面の所々には、骨が真っ白なパウダー状になってありました。
それがフッと風に吹かれ土と混ざった瞬間、幼い日に祖母が私に言った、『死んだら土に還る』という言葉が頭に浮かびしました。NAMIBIA - Cape Cross 3

なぜがアフリカに行ったことのある多くの人はアフリカに魅了されます。
その理由は、ただ自然が美しい、野生動物を見るのがエキサイティング…そういうものだけでは決してなく、目には見えない、もっともっと深い所にあるように思います
2001-03-19, NAMIBIA 2 (写真左:一休み中のMizko。何にもたれ掛かっているのでしょうか回答は2枚目、そして3枚目で)
近年「現代人の祖先の故郷はボツワナ」という記事がありましたが、アフリカ好き特にボツワナが一番好きと言う私は、私のDNAが故郷を感じてホッとするのでしょうかまた自由に旅が出来るようになったら、必ずその故郷に帰ります

世間では「スピリチュアル」という言葉が溢れていますが、アフリカこそスピリチュアル溢れるところだと思います

2001-03-19, NAMIBIA 1*今回の写真は全てナミビアで撮影したものです。
ナミビアではサバンナの動物だけではなく、こうした楽しみもあります。
(写真左下:全体を見ればこの通り。世界遺産であり、
世界最古の砂漠Namib Desert(ナミブ砂漠)
にある一番高い、標高約325mの’Big Daddy’と呼ばれる砂丘です。’Big Daddy ’をベッドにして一休みしていました

動画もお楽しみくださいませね
(本来ならば自分で撮影した動画をご紹介したいのですが、あまりの量で選択を断念
2001-03-19, NAMIBIA 3すごい数ですが、実際にこの通りですよ〜

上記の動物の数と泣き声にびっくりした後は、こちらでヒーリングタイムを
「ナミブ」とは「何もない」という意味です。皆さんも今は頭も心も「無」にして、まるで絵画のような『光と影』をお楽しみ下さいませね



madame_mizko at 14:45│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
初めてのアフリカ旅行の感想文見〜つけた!Part 1/ミラノ暮らしのマダムMizkoひとり展示会!?(販売はありません!)/ミラノ暮らしのマダムMizko