ミラノ暮らし/普段からの危機感ミラノ暮らし/Stay at home! 愛が試される時

March 12, 2020

ミラノ暮らし/考えや読みの甘さは命取り

連日イタリアがお騒がせしておりますIMG_9902
イタリア政府からの厳しい制限や禁止令が出て、それは生温いものではなく、違反すれば禁固3ヶ月を含む罰則がありますちょろちょろ動かぬことが一番だと思って3週間程前からとっくに自主的に自宅待機に入っているので、その生活が本格的になっただけで、私の生活に変わりはありません。私の周囲ではパニックも起こっていませんし、皆さん政府の決定に静かに従っています。しかしおこもり生活もMizko流(写真右全て:昨日は初夏のような陽気だったので、my terrace bar でお花と一緒に一杯満月の夜には月光浴もこうしているのが一番安心今はお家がパラダイス



さて、起きるトラブルの90%は自分の考えや読みの甘さだったと前回お話しましたが、あの日も読みが甘かったです
当時はまだまだサファリビギナーで、四駆ではなく、小さなキャンビングカーでした。
それで初めて行ったボツワナでのことです。IMG_9900
ナミビアから入国してしばらく舗装された道を走っていたのですが、急にドスンと落ちる感覚と共に砂にはまってしまいました。辺りは真っ暗動物の声だけが不気味に響いて来ました。サバンナでの闇の怖さは経験しないとなかなか分かりません

◯ボツワナ行きは予定になかったのですが、地図上では道は舗装済みと表示があったので、キャンビングカーでも大丈夫だろう。ちょっと行って見ようという甘い考え。
◯動物やサンセットに見惚れて時間を忘れ、真っ暗の中でのドライブになってしまった。サバンナは勿論知らない国での夜のドライブはもってのほか。計画性の無さ。
自分で避けられたリスクです

無線も何も無かったので、運に任せるしかありませんでした。IMG_9896
深いサバンナでは出て来れなくなった人は沢山いますから、不安と恐怖で一杯でした
その時一番思ったのは母のことでした。
母の母…私の祖母は5人の子供の母親でしたが、3人の子供のお葬式を経験しました。
その時深く悲しんでいた祖母の姿と「親より先に死ぬなんてこんな親不孝はない。」と言っていたことを思い出しました。こんな所で命を落とすわけには絶対にいかない勝手にアフリカまで来て、親不孝をしたら母に申し訳ない」と私は全ての神様に祈りました。

皆さん、その時そこで何が起こったと思いますか
目の前にすごい光が現れ、眩しくて目が開けていられませんでした。
私は本気で神様が現れたのかと思いました…が、目が慣れて目の前に現れたのは、何人かの大きな男性達でした。そして大きなライトがこちらに向けられていました。
なんと彼らはボツワナ陸軍のソルジャー達でしたIMG_9877
戦車1台とジープが2台。戦車を基地に返す為にジープが誘導していたのです。
戦車とキャンピングカーをチェーンで繋げ、砂に埋もれたキャンピングカーはあっという間に引き上げられました。それだけではなく、その後陸軍のジープが舗装された道まで誘導してくれました。
IMG_9869ソルジャーの一人に「あの道はたまたま通ったので、ラッキーだったね」と言われました。サバンナの真ん中に戦車が現れて助けてもらったとは今でも信じられません。後にも先にもあの時だけです……目の前で戦車を見たのは。私にとっては彼らは正に神様でした
(写真上のような光景を見ているとつい時間を忘れてしまうのですが、それがダメ
それからのサファリの旅は、どんな時でも四駆。日没前に目的地に到着することが絶対ルールとなりました。『考えや読みの甘さは命取り』とつくづく反省した経験であり、あの時の助けは一生忘れません

☆日本ではまだまだ暗くなっても女性が一人歩き出来ますが、そういう国の方が少ないと思うべきです。男性でもお気をつけあそばせ








madame_mizko at 14:30│Comments(0) イタリアにて 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ミラノ暮らし/普段からの危機感ミラノ暮らし/Stay at home! 愛が試される時