こちらドイツも異例の暑さです!

August 08, 2018

イタリアからドイツへ…言葉もメンタリティーも変換!

ドイツも35℃前後の暑さが続いているというのに、クーラーや扇風機もなく、自然の風頼りというところが多いのでなかなか厳しい
(写真:Nuernbergニュールンベルグ)
IMG_5236
IMG_5229そんな熱気ムンムンのお店で、いくら美味しくてもポテトスープや、ニュールンベルグ名物の焼きたてのソーセージは食べる気にもならないので、今回はパスしま〜す

イタリアからドイツに来ると、言葉の変換だけではなく、私はメンタリティーの変換もします

IMG_5241イタリア語には、英語には無い、女性名詞と男性名詞がありますが、ドイツ語には、女性•男性名詞に加えて中性名詞があり、そうした違いが有るように、メンタリティーも全く違うので、言葉を変えたら、メンタリティーもその言葉に合わせるというのがMizkoの外国語使用法です

例えばイタリア語の「あなた」には、初対面の人や目上の人に対する「Lei」と親しい仲での「tu」があり、ドイツ語にも「Sie」と「du」があります。そしてどちらを使って話すかで、動詞の活用も変わってきます。
IMG_5248 copy
イタリアでは彼らのフレンドリーなキャラからか、「Lei」から「tu」に変わるのが早いしかしドイツでは、「Sie」から「du」に変わるのが、もっと時間が掛かるように思います。
IMG_5295
面白いのが、ドイツの刑事ドラマです。
日本では刑事が犯人と話す時…
「お前がやったんだろうさっさと白状しろ」という感じですが、これはドイツ語の「du」を使用した文体です。

しかし、長〜いシリーズで有名なドイツの刑事ドラマでは、シリーズ中ずっ〜と、その刑事がどの犯人と話す時にでも「Sie」を使っているのです
日本語にすると、「あなたがおやりになったんじゃないでしょうか正直にお話ください」…みたいになるのです

ドイツ人達とこれについて話し合いました。
Mizko「ここは日本のようにduで良いのでは
しかし私の友人の意見はそれはおかしいということでした。
こうしてテレビやDVDだけでも、良く聞いていると、アプローチの仕方の違いがはっきり分かります
IMG_5267
「Sie」から「du」に変わるのに、イタリア人より時間が掛かるかもしれませんが、一旦「du」になると、相手の家族全員と親しくなるのも、ドイツ人の面白いところです

今回も、私の亡くなった友人の彼女と、彼女の妹夫婦と、妹夫婦の娘達とその家族と皆でビアガーデンに行きました
(写真右:Buttenheim[ブッテンハイム]のビアガーデン。月曜日だというのに満席。17時には家に帰れるドイツの勤務体制と未だに21時頃までは明るいので、仕事の後でもまだまだ楽しめます
そしてここは、ジーンズのLevi'sの創業者のLevi Strauss[リーヴァイ•ストラウス]の誕生した場所です



madame_mizko at 18:33│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらドイツも異例の暑さです!