クロアチア、イストラ半島の知られざる魅力2017年秋京都展示即売会まで一ヶ月を切りました〜〜

September 25, 2017

Mercatone dell' Antiquariato sul Naviglio Grande(ナヴィリオのアンティークマーケット)

Readerの皆さん、Ciao〜〜〜IMG_9614
最近はちょこちょこと他ではUPしているのですが、なかなか日記が書けていませんね。ごめんなさい

先週は京都からお客様がいらして、その方の旅の目的であるピエモンテのチーズ祭りやIMG_9603ワイナリー訪問に同行させて頂き、ミラネーゼMizkoとしては、ディープミラノをご案内させて頂きました。その間飲み過ぎ、食べ過ぎ、体重増加で只今Mizko禁酒中でございます  IMG_9635

ご案内の中でもお客様お二人共に喜んで頂けたのがこのNaviglio(ナヴィリオ)の運河沿い。
Duomo(大聖堂)からすぐですが、下町情緒があり、運河沿いには沢山のお洒落なカフェやBAR、レストランが並んでいますが、お昼間はのんびりしたムードがあり、私の大好きな場所です

(写真右上、正にこの写真通りのファッションをした中国人グループが熱心に見ていました。
因みに下の浴衣は75ユーロ。羽織は200ユーロ位からです。)

IMG_9639
IMG_9668ここでは、月最後の日曜日にアンティークマーケットが開催され、その出店数は400店余りとも言われています。この日ばかりはお昼間でものんびりムードはありませんが、昨日行って来ました
スゴイ人出観光客も沢山いて、色々な外国語が飛び交っていました

アンティーク知識ゼロだった私は、イタリア人の友人に「沢山見て、見る目を養いなさい」と言われ、只今修業中。
アンティーク、アンティークのレプリカ、ただ古いだけのガラクタ、アンティークには全く関係ない品…この違いが解って来たくらいのまだまだお恥ずかしいレベルIMG_9625ですIMG_9610
しかし中国人の女性観光客が、アンティークでも何でもなく、そこら辺で今も売られているバッグを、3倍の値段で買わされていたのは見破れました

普通のストリートマーケットで古着を売っているおじさんが、昨日に限って凄くお洒落をして、いつもと変わらぬ商品を「Vintage」と看板出して出店していましたしね物は言いようですね
(写真右:「Francia 1920」とあり、仰々しくディスプレイされていましたが、フランス1920年代のレプリカ。)
IMG_9632このマーケットに行って困るのは…IMG_9649
こんなガラクタを並べているお店なら、自分の家の要らないものを並べた方が、もっとマシな商品が並ぶ…と思ってしまい、捨てるつもりの物が捨てられなくなること。
Readerの皆さんも、ここにいらしたら、きっとそう思われることでしょう。ご覧下さい右上写真のごちゃまぜガラクタ
(写真右下:近くで見つけたお店ですが、何でしょうかねブラジリアン寿司って
IMG_9665そのくらい何でもかんでも商品化しています。

しかしヨーロッパでは古い家具やランプを大切に使うので、修理に必要なパーツを探しにいらっしゃる方も多いですし、人混みで写真が撮れなかったのですが、古いボタンがとっても素敵です
(写真右下:運河の水は透き通っていて、沢山魚が泳いでいます見ているだけで癒されますよ〜
不可解なのは、古い他人の写真や手紙なんて買う人がいるのでしょうかIMG_9628
IMG_9657あなたも売りますか…昔の彼氏や彼女の写真や手紙

(写真左:よく見たら男性ヌードの絵がありました〜これ目的に撮影したんじゃありませんよ〜でもこれいくらなんだろう


ミラノにいらっしゃる時には、是非、月最後の日曜日ナヴィリオのアンティークマーケットもお忘れなく




madame_mizko at 18:41│Comments(0) ドイツにて 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クロアチア、イストラ半島の知られざる魅力2017年秋京都展示即売会まで一ヶ月を切りました〜〜