巡礼地カラヴァッジョのマリア様との出会いVetro di Murano 本物のヴェネツィアングラスとの出会い Part 2

March 09, 2017

Carnevale di Venezia(ヴェネツィアのカーニバルを訪れて)Part 1

Ciao~~~Readerの皆さ〜ん
ちょっとご無沙汰してしまいましたね〜ごめんなさい
ご無沙汰しちゃった分、今回はいつもに増してあつ〜いamore込めてお送りしますよ〜

ミラノは昨日から20℃を越え、桜も咲き始めましたUnknown(写真右)

ご無沙汰している間、すご〜く久しぶりにVeneziaに行っていました。
これまで行かなかった理由は、いくつかあるのですが、何よりもお店の人達の感じが、ひじょ〜に悪かったからです
Unknown-11まっそれもイタリアに住むようになって馴れ、そんな時の対処も身に付けましたかUnknown-1ら()、イタリア語を話すようになって初めて、そして同じく初めて、世界三大祭りの一つであるヴェネツィアのカーニバルに行って来ました
ミラノからそれほど遠くはないのですが、私の周りの多くのイタリア人が、このカーニバルを見た事が無いのには驚きました

Veneziaは、車での乗り入れが出来ないため、久しぶりの電車の旅
ミラノ中央駅より、約2時間半。Unknown-2
Unknown-3駅を出れば目の前は運河(写真左)
覚悟はしていましたが、すっごい人、人、人
運河を走るVaporettoと呼ばれる水上バスの船上もすごい人で、Venezia というよりも、Bangkokのチャオプラヤ川の水上バスのような印象でした

Unknown-4世界中から観光客が集まり、混雑は仕方がないです…中世の面影が一杯の街並はたまらなくロマンチックですし、またカーニバルの仮装がその風景にぴったりですからね。Unknown-25

ため息が出る程美しい方もいらっしゃいました…がぁ〜〜〜〜映画「13日の金曜日」のジェイソンかと思っちゃうような方もいらっしゃり、暗闇で出会うと怖かったです


Unknown-17家族揃って大掛かりな仮装(写真左)

愉快な方達もいらっしゃいました。中世のオネエご覧下さい写真右下の方…内股
Unknown-27
魚介類豊富なVenezia料理はとても美味しかったです
Unknown-19Granseolaとよばれるクモガニサラダやニョッキを頂きました。
シンプルに魚介類のスープは文句なしスープと言ってもメインディッシュ並みの量があります。

さてカーニバルに浮かれてばかりいたわけではございませんよ〜
Unknown-22いやいやここでの買付けは今までにないほど大変でした
まっ、それで日記を書いている余裕が無かったのですから…。

その理由は近年の中国人の進出がここにもあり、多くのお店が中国人経営です。
確かに昔から、Veneziaで本物のヴェネツィアングラスを、正当な金額で買う事は難しいと聞いていましたが、今では、日本の観光地でも売っているようなただのガラス製品が溢れていましたどんなにお店が沢Unknown山あっても、彼らのお店では、売っているものがみんな同じなのです。Unknown-5
インチキやぼったくりが蔓延している中、本物でセンスが良く、正当な金額で買い付けられるヴェネツィアングラスのアクセサリーを買い付けることは、本当に難しかったですしかし、ちゃ〜んと見つけましたよ
まあそのお話は次回に





madame_mizko at 19:48│Comments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
巡礼地カラヴァッジョのマリア様との出会いVetro di Murano 本物のヴェネツィアングラスとの出会い Part 2