時に腹立つ愛すべき男性諸君Mizko ミラノへの旅 NO.1

July 11, 2010

Time to leave Japan !

0385c137e2

写真:タンザニア、ルアハナショナルパークにて、キリンを狩ったライオン。

私はアフリカの野生動物をこよなく愛しています。

18歳で初めてケニア、タンザニアに行き、サバンナに生きる動物達と出会ってから、
本当に人生観が変わりました。


サバンナにいる動物と動物園の動物って同じだとは思えません。

例えばライオン……。

過酷なサバンナに生きるライオン達の毛並みの美しいこと!広いサバンナを駆け巡り、獲物を倒し形成されたオスライオンの見事な筋肉。そして車内にいても見据えられると恐ろしい目、空腹な時の黄色い目には力があります。

しかし動物園のライオンは狩りも忘れ、危険もなく、お食事とお昼寝付きの安泰生活。
まるで飼われた猫のようで、あの姿からライオン本来の力強さや、恐ろしさなんてまるで想像がつきません。


そういう両者を見て、私は人間も自分を知り、自分らしく生きることが大切なんではないかと考えさせられました。
そして自分がライオンならば、絶対に動物園の檻の中では暮らしたくない。

過酷であれ、自由にサバンナを思いっきり走るライオンでいたい……。

それがどうでしょ?

ここの所の私は狩りも忘れたライオンみたいな気がします。
なんかアグレッシブに生きていないように思えて、最近自分に腹を立てています。

ライオンが狩りをする時、沢山いる群れ中で定めた一頭を、迷いもなく何頭ものライオンが追います。何故その一頭が不幸にも選ばれてしまったか??群れの中でも「アイツが弱い」 と思われたものが倒される弱肉強食の世界です。今のMizkoライオンはハイエナにすらやられてしまい、サバンナでは生き残れない!


イタリアの生活ですら、今の私なら、お買い物に行っても、おつりをごまかされたり、買った半分のお野菜や果物が腐っている…なんていうことに成りかねない。

4人家族の在宅中に、睡眠ガスで眠らされ、テレビまで盗まれたご近所さんもいるくらいで、気が抜けない生活ですから。


私みたいな人間は日本とは全く違った環境でもまれ、叩かれ、悔しい思いをし、凹み、腹を立て、そういう中を生き抜くことで達成感、満足感を得て、それが生きるエネルギーになっているんだと思います。


そして今、狩りすることを忘れたMizkoライオンは、充電の旅に出る時なのかもしれません。



Sライオンさんへ:やっぱり雨になりました……今の心のようです。一緒に狩りするライオンでいたいです。


追伸:中里文音ちゃんへ:今夜のあなたからのメールを見て、つくづく狩りを忘れたライオンではいたくないって思いました。キュートな文音ちゃんが、第二のママって思ってくれて、「ママ、ママ」って言ってくれるのは、多分私があなたに、日常的な話題以外をして上げられるからじゃないかなって思います。文音ちゃんの第二の素敵なママでいられるように、もっともっと努力するね!今回も私とのおデートをブログで紹介してくれて有難う!

【中里文音のこっち向いてホイ】


















madame_mizko at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
時に腹立つ愛すべき男性諸君Mizko ミラノへの旅 NO.1