2016年最初の日記…「原点に戻って」St.Valentine's Day

January 14, 2016

タンザニア学校プレジェクトの原点

前回の日記でお話しましたように、横浜には、私の海外への扉を開いてくれたような思い出があり、外国で生活し、色々な国を旅するMizkoの原点です

そしてもう一つの原点も同じく横浜にあります
それは私のタンザニア学校建設プロジェクトの原点です

私はアフリカに大変感謝をしています
17歳の時初めてアフリカ(ケニア、タンザニア)に行き、その後何度もアフリカを旅し、他国では経験出来ない経験を通し、沢山の事を学びました

そのアフリカと、父亡き後女手一つで育ててくれた亡き母への感謝を込めて、母の名前で学校を建て、アフリカにも母にも恩返しがしたいと思って、このプロジェクトを決心しました

当時日本人の誰に話しても驚くばかりで、残念ながら全くまともには受け取ってもらえず、私の東京在住の外国人ネットワークを酷使して、協力を呼び掛けました
同じ話を何十回したか分かりませんIMG_6136[1]

プロジェクトを決心したものの、どのようにしたら良いのか、費用はどのくらいかかるものなのか…
兎に角情報が欲しかったのですが、どこからスタートして良いのかも長い間迷っていました

しかし外国人ネットワークのリスポンスは夢のように早かったです

瞬く間に人から人へ、そこからまた次の人へと国籍を越えて流れ、辿り着いたのが横浜の「港の見える丘公園」入口の真っ正面にある「YOKOHAMA INTERNATINAL SCHOOL」でした(写真右上)

その頃丁度この学校でも、父兄の寄付で、海外に学校を建設するプロジェクトを行っていました。
この学校からまたある団体を紹介して頂くのですが、ここが私のタンザニア学校プロジェクトの原点と言っても過言ではありません

2016年は原点からの再スタートと決めたからには、矢張りここを訪れなければ思い、行って来ました。
あの日の事が甦りました……
プロジェクト担当の先生とお話をさせて頂き、やっとスタートラインに立てた喜びと、沢山の方々の協力が有り難くて有り難くて、学校から出た時には涙が出ました

前からの知り合いでもなく、たった今お会いしたという方も何人もいらっしゃいましたが、私の思いを真剣に聞いて下さり、すぐに手を差し伸べて下さいました
IMG_7297
このプロジェクトは、色々な国籍の沢山の方々の協力で実現しました

中でも、学校のネームプレートのデザインと作成は、日本で母にも会った事がある一人のドイツ人がしてくれました
(写真左:「なんで赤字なの?」と聞いたら、「日の丸🇯🇵を意識した。」と答えていました)
しかしその人は2015年夏、病気で亡くなりました
タンザニアの学校プロジェクトの原点に戻った今、心から冥福を祈ります。合掌

こうしてMizkoの人生の重要な原点が二つもある横浜は、私にとってとてもSpecialな場所です



madame_mizko at 17:18│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2016年最初の日記…「原点に戻って」St.Valentine's Day