国境越えミラノの男性はナルシスト?!でアモーレハンター!

August 07, 2010

外国語は楽しい?!!

ac09490e4a

写真:路上マーケットこそミラネーゼのデパート?!食べ物でも着る物でも色んなものを売っています

今日のミラノは気温も湿度も心地良い一日でした。
 
もうすぐ2週間もバカンスでクローズになってしまう東洋食品のお店でお買い物。
旅行前なので、お店はほとんど空!!

大好きな冷やし中華の乾麺を買おうと思ったのですがないので、在庫少ない韓国冷麺とキムチをゲット。
オーナーは韓国人の方で、仕入れは中国人から。でもお店の半分以上は日本食品。

私はハングルを前に習っていましたが、今では会話はだめ。でもハングルは未だに読め。
それをオーナーの韓国のおじさんは喜んでくれます。

しかしおじさんは長い間ドイツに住んでいたそうで、彼との会話はドイツ語。
おじさんと仕入れの中国人との会話もドイツ語。

イタリア、ミラノにいながら、日本人と韓国人と中国人がドイツ語で話すというのもちょっとおもしろい!
お店に入っての挨拶は「Buongiorno!」ではなく、「Guten Tag!」!!
 
私は自分の下手くそなりの語学力を何よりの財産だと思っています。
少なくてもMizkoという人間を知ってもらい、通じている……。それで十分。

私にとっては「外国語」なのだから、間違えることも恥じないし失敗も恐れません。
 
学生時代の英語教育では会話が身に付かず、あれこれ試して幸運にして見つけたMizko独自の英会話習得術。長い間の苦労がうそのように、英会話があっと言う間に上達。

出来ないんじゃなくて、習得方法が私に合っていなかったと確信しました。
 その国にいるからその国の語学が簡単に身に付つくとは限らないという体験もしました。

ドイツでのドイツ語習得は苦労しましたから。どうしても聞いていて好きになれず、ただただドイツで生きるために学んだことが、習得を遠回りさせたんだと思います。

反対に、当時行ったこともないのに、サウンドが好きで学び始めたスペイン語の、上級クラスくらいまでの習得スピードは、速かったですから。

何をするにも「好き」という気持ちが大切なのかもしれませんね。
 
そして日本人で、このイタリアでドイツ語を話せるって言うと、皆感心してくれる……。
それがちょっとうれしい!苦労した甲斐があります。
 
集中力がある時は外国語が混ざってしまうことはありませんが。友人間で気を抜いて話に夢中になると、「Mizko! Mizko! イタリア語がスペイン語になってる!!」とイタリア人に言われます!!

まあそれも一つの余興!

外国語がMizkoの人生と人生観をがらりと変えてくれました。

高校生時代、私の大の苦手な科目は英語!!!
自分のそんな経験から、「人は自分次第で変われる!」と信じています。

語学習得で苦労している方へ……NEVER GIVE UP!
そして私の語学習得もまだまだ続きます。私自身も……NEVER GIVE UP!












madame_mizko at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
国境越えミラノの男性はナルシスト?!でアモーレハンター!