ミラノの男性はナルシスト?!でアモーレハンター!真夏の夜の夢?!

August 11, 2010

アモーレハンター(?)の行方

6ecacb20611


写真:左手前プラダ本店、右奥はグッチです。最近では中国人ツーリストのたまり場です。

(前回からの続き)
それは5~6年前の夏。私はマジョーレ湖畔で数日を過ごしました。イタリア人の隣人の女性が「私はサディーニア島の別荘に行くから、私のマジョーレ湖畔のヴィラ使っていいわよ」とポイっと鍵を貸してくれました。

彼女は2軒別荘を持っていて、貸してくれてヴィラはそれは驚くほど素敵な大きな館でした。その館から湖までは徒歩10分ほどで、その間に小さなパンやさんやお肉屋さんがあり、そこに一軒のバーがありました。

一人でその道を歩いていたら、一人の男性が入り口の壁にもたれて立っていました。

私も長い間フラメンコを習っていて、スペインの男性フラメンコダンサー、フォアキン・コルテス……アルマーニのスーツを着て激しいステップを踏み、最後にはアルマーニの、ジャケットを脱ぎ捨てて踊るセクシーダンサーとして日本でも有名で、私も何度かステージを見に行きました。

そのフォアキンを一回り小さくしたような男性が立っていました。長い黒髪を一つに結び、黒いひげ、焼けた肌…見たからに危ないタイプと感じ取り、そのまま前を通り過ぎました。

その辺りにしかお店はないので、私はそのバーの前を何回も通り、その度にその男性は私を見ていました。その見方が怖いくらいに鋭くて心地が悪い。そこを通る時、その男性がいないとホッとしました。

小さな村なので、何度もそこを通る度にバーのオーナや常連さん達とは顔見知りになり、その内にカフや冷えたビールを飲むようになりました。

しかし例の男性は私に声も掛けずに、ちょっと距離をおいた所で鋭い視線で私を見ている。

あまりにも遠慮もないその視線が不愉快で、遂に私は怒った感じで強気に「なあに?私に何か用??」と彼に問いかけました。

彼は苦笑いをしながら、自分の事を静かに話し出しました。話してみたら物静かな男性で、見た目よりずっと年が若いし、会話の中で私に言い寄って来るわけでもないので、「なんだあ~~、若い男の子がこの辺りにいない日本人が珍しくて見ていたのね」と解釈し、それを切っ掛けに会う度に挨拶をするようになり、ただ見られている心地悪さから開放されて私はホッとしました。
 
それからは私の連れの男性も加わり、オーナーや常連さん達とそれにそのフォアキン似の彼も含めて時を過ごし、滞在最後の夜は皆とさよならパーティとなりました。

最後の夜、彼は相変わらず入り口のドアにもたれて静かにビールを飲んでいたのですが、そろそろお別れの時が来た頃突然いなくなってしまいました。

「あれ帰っちゃたの?」と皆で言って、「さよなら」も言わないで変な人だと私も思っていました。
 
次回の日記に続く




madame_mizko at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ミラノの男性はナルシスト?!でアモーレハンター!真夏の夜の夢?!