そろそろMizkoのお忍び場所を白状しましょう。Mizkoのフランス、ストラースブールの夜。

September 24, 2011

France , Strasbourg より

20110924_7dcc37

(ストラスブール、9月24日)

今日も思いがけずに晴天となり、暖かいです。
Mizko,またまた日焼け……ストラスブール焼け!!!

今は土曜日の夕方。私の部屋の窓からは、大聖堂にやって来た観光客や
カフェやレストランのテラスに座る人達で大変賑わっています。

そんな中Mizkoは在宅?いえいえMizkoはそんなキャラではありません!
朝から行動して、今衣装換えのためにホテルに戻って来ました。


これからアペリティフに向けて、お洒落をしようと思います。
フランスでも、そしてドイツ、イタリアでも即食事ということは先ずありません。

有名なアルザス地方の白ワインはお食事の時にして、Mizkoは矢張りシャンパンを頂きたい。
さて、今夜はどこでお食事しましょう。

大人の女の気ままな一人旅。
Mizkoのセルフ酒(一人でお酒を飲む事)は勿論フランスでも。


アルザス地方のボリューム一杯のお肉料理は無視。
今日も矢張り何個か(?)頂こうかな……。

そうです!ここでの楽しみは…
シルバーの大皿の沢山の氷の上に盛られたキンキンに冷えた生牡蠣。
それに加えて海老、スカンピそして貝(写真)。


ドイツでも大きな都市にはオイスターバーはありますが、そうそうどこでも食べられる訳ではありません。
ドイツに住んでいた頃は、冬の週末にここストラスブールに生牡蠣を何度か食べに来ました。

今では通貨も同じで、国境も簡単に越えられるEU諸国……。
でも国によって、言葉も習慣もこうした食べ物も違うので、EUは本当にオモシロイ!


さあお洒落したいので、日記はこの辺で。
Mizkoのフランスでのファッションは全てMade in Italyです。

フランスに対抗?……かもしれません。













madame_mizko at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) フランスにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
そろそろMizkoのお忍び場所を白状しましょう。Mizkoのフランス、ストラースブールの夜。