お月様に魅せられてMizkoの苦手な日本のメンタリティー Part 2

September 18, 2014

Mizkoの苦手な日本のメンタリティー Part 1

(写真:明日19日はiPhoneの新機種の発売日。表参道のAppleショップでも既に並んでいます明日は大変な騒ぎになりそう写真がぼけぼけでごめんなさいIMG_0523

子供の頃から外国人との交流があり、海外生活も長くなりますと、日本人でありながらもどうにもこうにも勘弁してくれ〜〜っていう日本のメンタリティーがあります
それはself pessimist…「私ってこんなにも可哀相な人間なのよ〜〜」と自分から言い、自分でそれに酔っている様なメンタリティー又はそういう人。

歯科検診に行った時…私のドクターはアメリカ人とのハーフ。そのドクターと診察の合間に話した時に、長年アメリカに住んで日本に来た時の彼の印象が「self pessimist」の女性が多いとのこと。そして私も同意をしました

この歌は正にself pessimistの代表曲でしょう

あなた変わりはないですか〜〜
日ごと寒さがつのります〜〜〜

ここまでは良いですが…

着ては貰えぬセーターを寒さ堪えて編んでます〜〜〜
ここです
着ては貰えぬセーターを何で編んでるのよ〜
100歩譲ってそこまでは許すとしても、相手の男性にわざわざそれを言う必要は無し
寒さ堪えて編んでるならば、その編んでるセーターを自分で着なさい

女心の〜〜未練でしょうか〜〜IMG_0258
あなた恋しい北の宿〜〜


ひゃ〜〜〜もう暗くて重くて、こんなこと言われる男性に、「こういう女性とは別れて良かったですね〜」と言って上げたい。
この曲の3番の歌詞の出だしは…
あなた死んでもいいですか〜〜〜
ですよ〜〜〜
ぎゃ〜〜Mizko一目散に逃げます「勝手にしろ〜〜〜
こんな歌聞くのはたまりませぬ



madame_mizko at 21:20│Comments(0)TrackBack(0) 日本にて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お月様に魅せられてMizkoの苦手な日本のメンタリティー Part 2