七夕のような恋ミラノNOW−Part 1 2014年7月21日イタリアの夏は何処行った?

July 18, 2014

スーパームーンを見逃すな!

私用で出掛けた帰りの車窓から見たお月様…「あれ〜月がとってもきれい今日満月だっけ」と即ネットで調べたら…7月12日スーパームーン
月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは新月の形になった月の姿、またはその現象をスーパームーンと呼ぶとのこと。
「あ〜そうだったのね〜〜〜気付けてラッキー
急いで家に帰り、家の屋上で改めて夜空を見上げてみると、ため息が出るほど美しい月
そこで月光浴して、瞑想して…お月様のパワーにあやかってこれもしたいあれもしたいで忙しい夜でした
(写真:先月とある所でまたまた見つけました素敵なお店早速セルフ酒IMG_0570居心地が良過ぎてワインも飲んじゃいました〜〜〜

東京のような大都会で暮らしていると、月の光の有り難さを感じることがなかなか出来ません。
あんなに素晴らしい満月の夜も、お月見している人はご近所の屋上でも見掛けませんでした
神宮の花火大会では、どの屋上も賑やかになるのに

私が月の有り難さを知ったのは……
サハラ砂漠やナミブ砂漠、そしてボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、タンザニアなどのアフリカの国々のサバンナでキャンプした夜は、明かりは月の光頼りでした
ですからどれだけお月様に感謝したか分かりません。

またオーストリアのアルプスでは、山の麓で夕食を取り、つい食べたり飲んだりしている内に時間はそれほど遅くないのに外は真っ暗それも雪山山の上のホテルまで小一時間暗闇の登りの時には、月の光に本当に助けられましたマイナス20度近い雪山を照らす蒼い月の光は、寒さを忘れるほど美しかったです

ボツワナ、サヴティのサバンナでのキャンプでは、車内で寝ようと明かりを消すとハイエナが「へへへへへ〜」と鳴き、明かりを点けると鳴き声が止み、また明かりを消すと「へへへへへ〜」と鳴き出し、明かりを点けると止む…そんなことを何回か繰り返し、何だかハイエナにからかわれている感じがして頭に来たのでこりゃ〜勝負に出てやろうと思い(こういうところがMizkoっぽいのですが〜)明かりを消して、トヨタランドクルーザーの後ろのドアを「えい〜」っと勢い良く開けると……目の前には、熊かと思うほど大きなハイエナが、月の蒼い光の中でキョトンとした顔して私を見ていました。
こちらもその大きさにびっくりして直ぐにドアを閉めましたがそのハイエナの顔は忘れられません

そんな色々な経験から、私はよくお月見をします。IMG_6848
太陽も大好きですが、月の蒼い光はとても神秘的で、それにロマンチック私はよく夜空に月を探します。
厚い雲に覆われてしまった空から、私の目の前でみるみるうちに雲が薄れて月が顔を出してくれると、なんだか「お月様有り難う良い事ありそうでラッキー」っていう気持ちにもなります

都会の生活は忙しいですが、たまにはあなたも心静かにお月様を眺めてみませんか
お酒で一日のお疲れ癒すより、効果があるかもしれませんよ

次のスーパームーンは8月10日ですよ〜〜
今宵Mizkoはミラノの月を眺めています



madame_mizko at 23:46│Comments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
七夕のような恋ミラノNOW−Part 1 2014年7月21日イタリアの夏は何処行った?