お•も•て•な•しの難しさ Part 5 外国人を観光に連れて行く時の注意!お•も•て•な•しの難しさPart 7 お願いだからブラをしてくださ〜い!

March 26, 2014

お•も•て•な•しの難しさPart 6お願いだからそんな所で脱がないで!

(写真:八重桜み~つけた曇り空が残念花冷えのミラノです

これまで沢山の外国人接待の計画からご案内までして来ましたが、外国のお客様を特に日本でおもてなしする時には、日本の習慣にどこまで歩み寄って頂くかということも難しい点です26 Milano-1
日本の常識は海外の非常識、その逆もありますからね

ヨーロッパには老若男女関係なく、家族揃って行くヌーディストビーチもありますし普通のビーチでも多くの女性がトップレスだったり男女ミックスのサウナがあったりするので裸になることに対して日本のメンタリティーでは計り知れないことも多いです

長い外国生活やヨーロッパ人とのお付き合いをしている私でも、特にヨーロッパのテレビや雑誌で見るような老若男女がフルヌードになって海で泳いだり日光浴をするだけではなく、レストランで食事をしたりバーでお酒を飲んだり、テニスやバレーボールをして何が楽しいのかが未だに全く理解出来ず行ってみようとは思ったことはありません
ですから外国人を温泉に連れて行くのも一苦労です

あれは箱根にご案内した時のこと…
特に全てがビッグな外国人女子がオールヌードになるだけでも、その迫力で日本女子は仰天します
日本の巨乳なんて可愛いもんだと思うほどのサイズですからね~
それなのにある外国人女性は、脱衣所で脱いだ後、素肌に浴衣をひっかけて、前は開けたままで浴衣をバサバサさせながら湯船の処まで来て、パアーッと浴衣を脱ぎました
湯船に浸かっていた人達は、目の前のその突然の出来事に、目を点にして口を開けっ放しにしている
ちょっとまった~~~浴衣も脱衣所で脱いで、旅館のタオル、これだけ持って浴室に入ってください
オールビッグな彼女…私の目の前で、自分の片方の胸に旅館のタオルを当てて、
「こんな小さなタオルでは、どこも隠せない
(確かに~~~
「じゃ~ジェスチャーだけでもいいから少しは恥じらってよ~26 Milano-2
Mizko、敬語すらもう出て来ない
そして驚かせてしまった湯船の日本人の方々には…
「お騒がせしましてどうもすみません
フルヌードの日本人と外国人がどうだこうだと浴室でやり合う姿も後になれば笑えますが、その時は本当に困ってしまいました~

しかし洋式のお風呂の場合、バスタブの外で体を洗うことはないので、バスタブの所までバスローブを来て行きそこで脱ぐので、そう考えれば彼女の行動も理解は出来ます。
お風呂の使用法の違いですね
しかし逆に日本人が広いバスルームにポンとバスタブだけが置かれてあった場合、その使用法に戸惑ったり、お手洗いとは別にあるビデを知らなかったりすることがありますからね。ビデを洗濯場だと思う人も結構いるらしいですから

あ~甲府の温泉へのご案内の時には…
外国人女性、脱衣場で裸になると、旅館のタオルを頭に鉢巻きにして顔の正面できりりと結わきました。
彼女は、日本のお風呂でそうするのが「ニッポン通」だと思っていたようです

外国人男性のお客様は「男湯」「女湯」が読めなくて、「女湯」に入ってしまい、日本人女性の悲鳴があがる特に夜と朝のお風呂が入れ替えになる場合には、この問題は起き易いです

教訓…お風呂へのご案内では決して外国人お客様から目を離さない事どこで大胆に脱ぎ出すか分からない
夜と朝に男女が入れ替えになる場合にはそれを知らせ、最低「男湯」「女湯」のサインは教えるべし
大きな宿だと英語でも書かれていますが、外国人こそひなびた宿に行きたがるんです



madame_mizko at 18:57│Comments(2)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by Mizko   March 31, 2014 15:53
5 ハーモニーさん、いつも有難うございます。
外国人の観光客も本当に多くなりましたからね。少しでもこのシリーズがお役に立ち、皆さんの国際交流が広がればと思っています。
1. Posted by ハーモニー   March 31, 2014 15:21
5 おもてなしシリーズ楽しみに拝読しています。東京オリンピックもこれから決まっていますから、外国の方との接し方も知らないと行けませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お•も•て•な•しの難しさ Part 5 外国人を観光に連れて行く時の注意!お•も•て•な•しの難しさPart 7 お願いだからブラをしてくださ〜い!