お•も•て•な•しの難しさPart 1お•も•て•な•しの難しさPart 3 Mizkoのおもてなし失敗談

March 03, 2014

お•も•て•な•しの難しさPart 2

今日はもう3月3日
ひな祭り…思えば今回も日本に長居をしてしまいましたね〜2 at Ukai-2
(写真右:とある所の雛壇)

外国人への「おもてなし」の難しさをしみじみ感じた経験を今回はお話しますね

私にとって今まで「おもてなし」で一番難しかったことは、一度に色々な国籍の方をお招きする場合には、それぞれの国の背景を知るのは当然ですが、国同士がその時どういう状況下にあるかを知らなければならないことでした

(写真下:梅と東京タワー。スカイツリーよりも東京タワー好きなMizkoです
2 at Ukai先ずは、どの方がどの国籍かをしっかり覚えなくてはなりません
しかしお顔だけ拝見すると、ちょっと国籍の区別が付かなくなってしまうこともありました
間違えることは大変失礼ですが、間違える国名によってはとても憤慨されてしまうこともあります
特に国同士が政治的或は宗教的に仲が悪い場合には、決してその方の国籍を間違える訳にはいきませんし、同じお車にお乗りになることや、テーブルでお隣同士にお座り頂くのも嫌がる方もいらっしゃいます
本当にお顔だけですととても似ていらっしゃり、この人が〇〇人だっけ△△人となり、ハラハラドキドキでしたが他の方にちらりと、あの方の国籍はどちらでしたかと小声で確認出来たので無事でした

またそういう男性のお客様の場合、お二人の間に座らせて頂きご接待して、私の話に和んでお二人のしかめっ面が笑顔に変わった時には、私は本当に嬉しく思いました

争いの絶えない世界ですが、そのために縁あってご一緒した個人個人が敵対心を持つのは何て悲しいことでしょう

「おもてなし」には、そんな方々に少しでも和んで頂けようにする…そんなお役目も含まれていると思います


madame_mizko at 17:17│Comments(0)TrackBack(0) 日本にて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お•も•て•な•しの難しさPart 1お•も•て•な•しの難しさPart 3 Mizkoのおもてなし失敗談