日本独特のバレンタインデーの習慣お•も•て•な•しの難しさPart 1

February 16, 2014

イタリアでは「バレンタインデー」よりも3月8日?!

d0ed081380(今回は私のミラノの家のご近所さんをご紹介しますね写真左:Cinque Giornateの交差点。沢山のカフェやレストラン、ブティックが並んでいます。この一本裏が私の住む通りなので歩いてすぐ。写真右下:ここに『coin』というデパートもスーパーも何軒かあるので、お洒落なお店ばかりで生活用品がなかなか買えない表参道での暮らしより便利が良いです撮影日の気温は36度
私は女性に生まれたことがとっても幸せで、楽しくてたまらないbf615f202b
イタリアでの3月8日は、特にそれを感じる日かもしれない自分の中の女性としての意識が高まる日でもある

3月8日、日本ではあまり馴染みがないですが『国際女性デー』
イタリアでは『Festa della donna(女性の日)』ということで男性が女性に日頃の感謝をこめて()ミモザの花を贈る習慣があります。女性を敬う()気持ちを表すということで、ちょっとご縁がある女性にも、小さな物をプレゼントしたりします
日本の『ホワイトデー』は存在しません

22(写真左:Cinque Giornateにあるキオスク。)
私はこの日こそイタリアにいたいと思います
その理由は………この日はどこに行っても男性に大事にされる
この日こそお洒落をしてミラノの街を闊歩して、カフェやバールのはしごをしたいものです
ミラノにいる時の『女性の日』には、やれチョコレート、やれキャンディー、や〜れグラススプマンテをそして真っ赤なバラの花なんかを知っているお店は勿論、初めて行ったお店の男性にも頂きました
Graziegrazie

イタリアの生活では、アモーレ(愛)の国なせいか『女性としての意識』『男性としての意識』が特に強いと思いますが、更にこの日は、男性によって自分の女性としての意識が高められるように思います

7 Milano-1(写真左:Cinque GiornateからDuomoドゥオモまでは徒歩15分くらいですが、この路面電車で行く時があります。ミラノにご旅行なさる方は、この辺りでの滞在やお食事をおすすめします。ドゥオモからちょっと離れただけで、お値段がぐっとリーズナブルですよそれに交通がとても便利です

女性はイタリアの街を歩いていて、会う男性会う男性にチヤホヤされても、『私ってイタリア男性にもてるかも〜〜〜」なんて浮かれないこと3月8日には…
男性はいつも通りにしていたら、『あなたって気が利かないのね〜』と思われて、イタリア女性に冷たい態度を取られるかもしれませんよ〜3月8日には…

3月8日…もうすぐだ〜〜〜


madame_mizko at 19:03│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本独特のバレンタインデーの習慣お•も•て•な•しの難しさPart 1