外国人の日本での不思議『仕事帰りや接待で男性同士で女性のいるお店に行く日本人男性達』Mizkoの筋肉痛時のドイツの入浴剤

February 09, 2014

20年振りの大雪の東京で、Mizko流雪とのおつきあい

8-13今夜は吹雪の東京よりお話しますね8-1
それにしてもまあ良く降ります
すでに積雪26センチ
この後の雪かきが憂鬱だな〜
(写真:Mizkoのご近所、いつもと違う風景)
ミラノはそんなに雪は積もりませんが、私はアルプス越えを車で冬でもしますし、ドイツでの生活も経験しているので、雪には馴れています…と言っても路上のすってんころりんはたまにありますが

雪のお陰で、土曜日のお昼間でも辺りはし〜〜〜んとしていて、それが心地良かったです

今頃のヨーロッパアルプスのロッジの楽しみは、サウナに入って熱くなった体を積もったサラサ8-7ラの雪で軽く擦りますひゃ〜〜〜つめた〜〜いでもこれが気持ちいいそれでまたサウナに入る…それを何度か繰り返します。
このようなロッジのサウナはお庭や森に出られるようになっている所が多いですからね。
勿論裸でですよ〜〜Mizkoのヨーロッパ仕込みの全身美容法健康法

8-5Mizkoは日本の温泉が大好き特に雪の露天風呂がだ〜〜〜い好きです
露天風呂に入った時に、横の坪庭の雪で体を擦っていたら、日本人の方には大層驚かれました
ある時、真冬の北海道の露天風呂でこれをやっていた時にも周囲に驚かれましたが、後からやって来た外国人グループは当然のように、露天風呂から出ては、雪で全身を擦っていました
ほらね〜と私は自分のやり方に自信を持って続行しました8-9

そんなことを思い出しながら、表参道の自宅で雪の半露天風呂の中(バスタブの横に大きな窓があるので、そこを開けると、雪が湯船に落ちて来てなかなかいい感じです
8-10「あ〜〜雪の中にこのまま出て、雪で全身マッサージしたいな〜〜」と思っていたところ…
「そうだ
湯船から出て、そのまま思い切って外へ…は流石に表参道では出来ませんから、バスローブを来て、バルコニーに積もった雪をプラスティックの洗面器に入れてお風呂場へ戻り、その雪で顔から足のつま先まで全身雪マッサージ8-12
8-14ひゃ〜〜〜つめた〜〜い」でまた熱い湯船へ。
それを何度か繰り返し、ヨーロッパ流の美容法&健康法を表参道自宅にて実行しました
その後気分爽快


madame_mizko at 01:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
外国人の日本での不思議『仕事帰りや接待で男性同士で女性のいるお店に行く日本人男性達』Mizkoの筋肉痛時のドイツの入浴剤