日本では見られないヨーロッパアルプスの動物のご紹介Mizko流のうんちくちょこっと手間なしポルチーニ料理Part 1

October 27, 2013

ある日の占いの的中率

Mizkoからメッセージ
先日の東京展示即売会では、悪天候の中足を運んで下さった方々、この開催に当たりお世話になった方々本当に有難うございました。
しかし2日目は、大雨と強風により急遽展示即売会を中止しなければならず、皆様に大変ご迷惑をお掛けしたことをここで改めてお詫び申し上げます。

さて今度は岡山県での展示即売会です
長年旅を重ね、日本で私の大好きな場所…広島県の鞆の浦出身のスタッフネロがお相手します
お近くの方は是非遊びにいらっしゃって下さいね
開催日時:11月3日(日曜日)
開催場所:岡山県笠岡市五番町5-79 エステサロン「グリーンファントム」
時間10:00~17:00


この日ふと見た占いでは…『思い掛けない相手から告白される
へえ~~と読み流して、露店マーケットにお買い物に行きました。
今年のミラノの10月はいつもの11月のように雨が多くうんざりした中にやっと晴れた気持ちの良い日
Milano mercato-1(写真右:露店マーケットではお野菜も果物も豊富です。)
これから寒くなるので先ずゲットしたのは、3ユーロのタイツに厚手の3足1ユーロのソックス。安い
そうだ~セーターも欲しいな~~と思って見ていると、突然その店主が私の顔を覗き込んで、真面目な顔して言いました。
10 Milano mercato-1「僕は君が好きだ僕と付き合ってくれ僕のことがキライか
はあぁぁぁぁぁ~~~
多分この時の私の顔は、口は開けっ放しで、決しておりこうさんには見えない顔だったと思います
呆れてそんな顔を続けていると、彼は何度もそのセリフを繰り返します。
しかしこの人のお店では、1~2回買物をしたことはあっても、この人とろくに会話もしたことがないし、ろくに顔を合わせたこともないんですよ~
そこにいた同僚も更に「彼は君が好きだどうにか付き合ってやってくれ」という始末。
(写真左上:キャベツのこんなディスプレイもイタリアらしい?)
余りにも突然なのと、そういわれる覚えが全くない相手なので、Milano mercato-3それまで開きっぱなしだった口がやっと元に戻った時、「ちょっと待って先ずは落ち着きましょう~~~」と言いましたが、そんな事に耳を貸さずに、
「僕が嫌いか
「彼が嫌いか」と2人に間髪入れずに尋ねられ、言葉を挟む暇もなし
もううるさ~~いと感じ、思いっ切り「No!no!no!no!noooooooooooo~」と叫んで、その場を去りました
写真右:露店マーケットでは、何千ユーロもする新品の毛皮まで売られています。
女性にアプローチするにももうちょっと順番っていうものが有るでしょう
何も文通からとは言いませんがその人は私のこと何にも知らないんですからね~。私を好きな根拠もありゃしないのに、付き合うかはないでしょう
Milano mercato-2好きとかキライのレベルではなく、「あなたどちら様ですか」と言ったレベルの、私にとっては見ず知らず同然の人なんですから

電車で隣りに座った男性が、急に私に向かって、即興のアモーレソングを「アモーレアモーレティアーモ~~~」なんて歌い出す方が、こうなるとまだ理解し易いかもしれません
まあ何しろアモーレの国イタリアです

あ~占い通りの『思い掛けない相手からの告白』でした
的中率100%
そんな一件でセーター買いそびれた~~~~

写真上:マーケットが終了すると、捨てられた野菜くずや傷んだ果物を拾いに来る人も多いです。
これは表舞台では華やかそうなミラノの裏の現実です。)




madame_mizko at 20:31│Comments(4)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by Mizko   November 01, 2013 05:32
コスモスさん、コメントを有難うございます。
これからも情熱燃やしてブログは書いて行きますので、喝!も活!も入れて頑張って行きましょう。
3. Posted by コスモス   November 01, 2013 03:48
5 情熱的なブログ楽しく読みながら渇?活?を、入れながら頑張ってます。劇的な運命的な出会いを期待しながら(^-^)v
2. Posted by Mizko   October 30, 2013 06:16
アンティークさん、イタリアでは…いえいえヨーロッパでは、ハイと答えたらこれで成立でしょう。私の魅力云々ではなくて、手当たり次第当たって砕けろなんだと思いますよ〜〜そんな外国人の男心、長い海外生活から心得ております…はい。
1. Posted by アンティーク   October 30, 2013 03:52
5 日本じゃいきなりアモーレないですね。もしハイと答えたらイタリアは、それで成立しちゃいますか?日本だとなかなかこのようなシュチュエーション思い浮かばないので。Mizkoさまが魅力的だからですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本では見られないヨーロッパアルプスの動物のご紹介Mizko流のうんちくちょこっと手間なしポルチーニ料理Part 1