Mizkoついにゲットしました!日本に帰って来た実感

July 31, 2013

Mizkoのイタリア

2回に渡ってお話しましたMizkoのイタリアビザ更新手続きの様子…21 Naviglio-8
イタリアでは、滞在許可書を更新するだけでも、あのようななが~~いドラマがあります
日本でのパスポートの更新や免許書の更新ならば、日記に書くネタにもならないほどスムーズでしょう
ですからイタリア生活ではネタが尽きませぬ
逆にドラマが長過ぎて、これでも随分そのドラマを端折って書いているんですよ~
21 Naviglio-24 
(写真は前回に引き続きNaviglioナヴィリオ。古びた薬局やアーティストのお店やオシャレなセレクトSHOPが集まっていて、なかなか楽しい停泊している船はバーです以前お話したミラノのHappy hourの中でもこの船上はなかなかお料理も充実していて美味しいんですよ
ただナヴィリオは、ザンザーレ(イタリア語で蚊)にご用心
21 Naviglio-2
イタリアで普通に生活する中で……
何をするんでも日本のものさしでは計り切れない程時間が掛かる
こんなことに何でこんなに時間も労力も必要なんだろうといつも思う
何をするんでも弱気で直ぐにgive upしてたら、何一つ先には進まない
これでもか~あれでもか~と頭を振り絞って、パワー全開で臨まなければ、生活が出来ない

でもこんな生活をしていると、体中の60兆の細胞が活性化され生きるエネルギーが自然と体の底からグワ~~ッと沸き上がってくる


最近つくづく思う…人を本気でとことん愛するって沢山のエネルギーが必要な事21 Naviglio-27
熱く思えば思う程エネルギーが必要
だからこの国がアモーレの国と呼ばれるのは当然だと思う

21 Naviglio-23日本にいるイタリア人は日本の環境に馴れてしまったせいかそれほど感じないが、ミラノの私の回りのイタリア人は兎に角エネルギッシュである
それがオーラとしてバンバン私に伝わってくる
弱気でいると、彼らにオーラ負けしてしまう。21 Naviglio-20

私も、日本ではかなりエネルギッシュのようで、皆さんに良く言われる
そのMizkoの生きる原動力はイタリア生活に育まれているのだろう

イタリア生活をしている人々は、イタリア人を含めて沢山の不満を持っていると思う。
しかしそんな彼らもそこに暮らす外国人もイタリアを決してキライではない。
キライになれない。いや好きである
こんなに生活が大変な国だから、一時も早く逃げ出したい…とも思わない。

兎角「本音と建前」のある日本から行くと、人間の持つ喜怒哀楽の感情を思いっ切り出せることに快感がある21 Naviglio-25
これで『今生きている』っていうことを実感する

なにもかにもがスムーズに行く楽な生活をしていたら、Mizkoのハートは燃え上がらない


madame_mizko at 21:09│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by Mizko   August 04, 2013 13:55
いつもコメントを有難うございます。
「本音と建前」は、そのまま言っても日本を知る外国人に通じるほど、有名になってしまった日本の独特の文化で、「日本人は考えていることと言っている事が違う」と彼らは捉えています。
またはっきり自分の意見は言わず、特に『「No」が言えない日本人』として広まっている部分もあり、そこを悪意のある外国人に使われてしまい、トラブルが起きているのも事実です。海外旅行でも気を付けて頂きたい点です。
海外でははっきり言おう「Yes」「No」!
1. Posted by ハーモニー   August 03, 2013 09:32
5 『愛』何て日本に居ると言葉に出すことも少ないですね。何故か?私も、ラテン系の国が好きです。ラテン音楽が好きです。本音と建前。どうしても…ストレートにモノを言ってしまうとキツいとか捉えられますが…。本音が言えるとスカッとするのに…と、思うこと多々あります。だからなのか?日本で今大ヒットドラマ『半沢直樹』なのかな?もし機会があれば…特に日本人を感じるドラマだと思います。
Mizkoさんは、海外から日本の事も客観的に見ていらっしゃるから…。こちらのブログ読む度に豪快な気持ちにさせられます。☆




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Mizkoついにゲットしました!日本に帰って来た実感