ご無沙汰しました!またまた暑いミラノよりMizkoのドイツ国際平和村訪問記 愛しくて、切なくて……Part 1

July 12, 2013

わんこビールって???

Readerの皆さん、日本も猛暑のようなので、くれぐれもお体に気をつけて下さいね

さてSHOPでもSaldiがスタートしましたが、ファッションの街ミラノは只今Saldi真っ最中…世界中から観光客が来て、どこもかしこも人、人、ひと〜〜〜〜
MizkoのSHOPで、あなたのお好みが見付かります様に



一昨日ミラノでは、ゲリラ豪雨と共に雷それに加えてパチンコ玉くらいの雹がバラバラバラバラと降りました開放していたすべての窓から、雹がバラバラ侵入して来てびっくり

ミラノではたまに雹が降りますし、ドイツに暮らしていた頃、テニスボール大の雹が降り、沢山の車の屋根が凹み、家屋の屋根や窓が壊れましたアルプス越えの最中での雹は、車の屋根でボンボンと跳ね返る雹が不気味でしたっけ〜時々大きな雹が降るので要注意

さて今回は「わんこビール」のお話をしましょうね。1 Duesseldorf-1

皆さんは岩手県の「わんこそば」をご存知だと思いますが、システムがそれに似ているのでMizkoが「わんこビール」と名付けました

(写真右上&右下:デゥッセルドルフにて。ヨーロッパの人達は外で飲み食いするのが大好き右上の写真ですが、夜8時を過ぎています。右下で夜11時頃です。やっと暗くなりましたヨーロッパの夜はとっても短い

デゥッセルドルフでは、アルトビアーと呼ばれる地ビールがあり、他の地方の背の高いグラスではなく、日本のコップの一回り大きいくらいなグラスで、運ばれて来ます
いつもフレッシュな生ビールが飲めるので、大きなジョッキーよりも私はこの方が好きです1 duesseldorf-3

そして店員さんがいつもトレーにアルトビアーの入ったグラスをいくつも乗せて持ち歩き、空になったグラスと交換して行きます
その際に、コースターに一本の線を記します。
それで、「ストップ」と言うまで、運び続けるのです
これを私はなんか「わんこそば」みたいだと思い、それからは勝手に「わんこビール」と呼んでいます
1 Duesseldorf-6
写真左のコースターの線をご覧下さい因みにMizkoのコースターでは、二杯目です。
最後にこの線の数の分だけ、支払うというシステムです
こういうお店でこそ、日本の仲間達とわいわい言って飲みたいものです
たぶん、彼女が一番飲むでしょうそうあなたのことですよ〜〜Mgちゃ〜ん


さて、次回はMizkoがデゥッセルドルフに行った目的をお話します



madame_mizko at 22:13│Comments(0) イタリアにて 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ご無沙汰しました!またまた暑いミラノよりMizkoのドイツ国際平和村訪問記 愛しくて、切なくて……Part 1