お知らせしま〜〜す!やっぱり動物がだ〜〜いすき!

January 22, 2013

不思議なご縁

Readerの皆さん、ちょっとご無沙汰してしまってごめんなさい

実は先週末18日は、広島県福山担当スタッフネロが上京し、東京スタッフの一人と、新スタッフのロッサと初対面を果たしました
その夜にはSHOPの新年会
初対面とは思えぬくらいに和気あいあいで良く食べ良く飲み、良く騒いでの元気ハツラツの夜でした18 shop shinnenkai-1(写真右:新年会では一人鍋でのしゃぶしゃぶ。ビーフもボークもお野菜も…皆の食べたお皿の数は、ひ•み•つ)
MizkoのSHOPはこれじゃなきゃ
明るく、元気に前向きに
消費者としての私も、どんなに美味しいお店でも、活気のないお店では食事はしたくないし、店員さん達が暗くてシラケたお店では買い物する気はありませんからね
スタッフが仲良し、皆元気に明るい…先ずはこれが基本だと思っています
私達が楽しくなければ、皆さんに楽しい気持ちにはなっては頂けない
今こそ私が理想としていたメンバーが揃ってくれて、嬉しい

19 monzennakacho,robatayakiwith kuro -1(写真左:ネロにとっての初炉端)
それにしても、Mizko、東京スタッフ3人、広島県福山担当、京都担当…それぞれが全く違ったタイプです。全員での写真をお見せしたいのですが、何しろ全員シャイなもので〜〜〜
得意な分野もこれまた違い、これまたおもしろい

前にもお話したように、新東京スタッフロッサ、福山担当ネロ、京都担当アッキーノは、もともと友人で、出会いもバラバラ。
そしてネロとは、江戸時代の面影残る鞆の浦のとあるカフェにて…


声を掛けて来たのは、そのカフェでアルバイトをしていたネロからでした。
その時連れと英語で話していた私に…
「どうしたら、そんなに英語を話せるようになるのですか?」
そんな素直な質問をする彼女に心惹かれました
あれから13年ほどが過ぎました
出会いって本当に不思議ですねえ〜19 monzennakacho,robatayaki with kuro-3

(写真右:炉端焼きにて。さすがに漁師町鞆の浦でもハマグリは獲れないらしく、東京でネロはハマグリを食す。)

私は出会ってすぐに仲良くなるケースが多いですが、それ以上に、会った途端に、もう何年も付き合っていてその人を知っているような、「馴れ」を感じる人との出会いもありました
そういう人とは勿論、話をしたり、出掛けたりするのも気楽で楽しいのですが、逆にな〜〜にもしなくても、隣りにいなくても、言葉を交わさなくても、ふっと目で姿を追い、その人の背中を見付けて、「あ〜〜〜いた!」と思うだけでも安堵感がある
そんな人との出会いこそは、「不思議なご縁」と呼ばずにはいられません


madame_mizko at 14:35│Comments(0)TrackBack(0) 日本にて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お知らせしま〜〜す!やっぱり動物がだ〜〜いすき!