Mizkoの中の二つのメンタリティーPart 1(改訂版)師走の夜中のMizkoの不可解な行動?!

December 14, 2012

Mizkoの中の二つのメンタリティーPart 2

広島展示即売会についてのお知らせ:12月15日一日だけの展示即売会は無事に終了しました。
お買い上げ頂いた皆様、本当に有り難うございます。一つ一つ、私が世界の街を歩いて買い付けたその思いが皆様に届いて嬉しい限りです。このショップとお買い上げ頂いた夫々の商品を末長くよろしくお願い致します。
会場となったカフェ•ドゥ•ララのオーナー村田さんご夫妻、大変お世話になり、有り難うございました。次回お会いした時には、是非ドイツのお話でもご一緒させて下さい。
Vielen Dank fuer Ihre freundliche Unterstuetzung,Ich wuensche Ihnen Frohe Weihnachten und ein
Gueckliches Neues Jahr
福山スタッフ、ネロ、たった一人で良くやってくれました。これからも私を支えて下さい。先ずはお疲れさまでした。ありがとう。


2012,11ミラノの風景−20日本の師走って本当にバタバタしますね〜〜2012,11ミラノの風景−18
このバタバタって何とかならないものでしょうかね〜〜バタバタの中での忘年会クリスマスもバタバタ過ぎて新年の仕度にまたバタバタ…バタバタしっぱなしですものね
そんなバタバタの中でもブログは続けますよ〜〜

写真は2012年11月のある日のミラノです。
ミラノのドゥオモは、昼間見ても夜見てもその美しさにうっとり
何度見ても飽きませぬ(写真左上&右)

(写真左下&右下 マンゾーニ通りのARMANI)2012,11ミラノの風景−12
2012,11ミラノの風景−13前回のつづき…

私が話す数カ国語の言葉の背景にあるメンタリティーの中でも、顔馴染みと言えどもデートもしたことないカフェで働く男性に、その時の服装を「似合っていないよ」って露骨に言われて、素直に受け入れる事が出来るメンタリティーはイタリアだけだと思います
彼らは「似合っている」時には、沢山の褒め言葉を言ってくれるので、「似合う」「似合わない」を知るバロメーターにもなり、私には貴重な情報です
それに、一人の男性に「似合う」と言われると、あちこちで言われ、「似合わない」2012,11ミラノの風景−15と言われると、どこに行ってもお褒めの言葉を頂けないという経験から、彼らの意見は鋭く、信憑性があると思っています
2012,11ミラノの風景−16
(写真左:ARMANIにて。アルマーニとなるとお茄子もお洒落アルマーニ流Nasu misoとスパークリングワイン)

(写真右:マンゾーニ通りのショーウィンドーで見つけたユニクロ。袋に入ったダウンジャケットをスカートのようにディスプレイしている…これもミラノ風

しかしこれを違った言葉で言われると、言葉によるメンタリティーが違うので、私の反応も変わってきます。

(写真左下:全てVERSACE)

2012,11ミラノの風景−9その時着ていた服をイタリアで言われたように、例えば……
英語で言われたら、「私が何を着ようが、あなたには関係ないでしょ放っといてよ
スペイン語で言われたら、「いつからあなたと私って、そんなことを言い合う仲だっ2012,11ミラノの風景−21たかしらね〜」と私は夫々の言葉で返し、ドイツ語で言われたら、私は確実に'Das ist nicht dein bier.'と冷ややかに言うでしょう。直訳すると、「これはあなたのビールではありません。」ということですが、「あなたには関係ない」という意味です。ビールを比喩にするところがドイツらしいでしょ

(写真右:PRADA)

(写真左下:ドゥオモ近くのカフェ。寒くても外の席はいつも一杯…この辺りは観光客ばかりですが。)

2012,11ミラノの風景−25そして私は、男性に対しても二つのメンタリティーを持っています
相手が日本人男性ならば、年下であろうが、必ず私の前を歩いて欲しい。
私が後から付いて行ける様な日本男児が好きですし女性の後をノコノコ付いて来るような日本男児なんていや〜〜ん
しかし外国人男性が私の前を歩くと「ったくレディファーストも知らないで〜」と腹が立つこれもその国のメンタリティーを知った上での反応です個人的には、兎角日本男児に弱く、外国人男性に厳しいMizkoです



madame_mizko at 11:49│Comments(0)TrackBack(0) 日本にて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Mizkoの中の二つのメンタリティーPart 1(改訂版)師走の夜中のMizkoの不可解な行動?!