October 2012

October 11, 2012

スロバキア?スロベニア??Part 1

Readerの皆さん、ここの所のMizkoの旅をフォロー出来ている方はいらっしゃらないでしょうスタッフ達も同様でした。「Mizkoさん、今どこ?」と所在確認メールが来ました

都会だとネット頼りの生活で、メールが当たり前のようなコミュニュケーションですが、国や街によってはそれはとんでもないネットに繋げるのが一苦労です

私が持っているiPhone、docomo携帯、イタリア携帯、PCの全てが不通になるのも度々

そんな状況下なので、ネットに繋がった時に日記をだ〜〜と書いてアップするので、どうも長い日記になりますいつまたネットに繋げられるかが分からないですからね。そして繋がらない時には、日記の次のアップまでに間が開いてしまう。どうぞその点ご理解下さいね

繋がっても、「これってfast webじゃなくて、 slow webじゃないの」と頭に来る事も年中
ネットバンキングだと、時間切れで、ログアウトされちゃう

さて、フーテンの寅どころかフーテンのMizko風の吹くまま気の向くままに思い立ったら、即行動
ウィーンの広場でオペラ鑑賞、美術館で芸術に浸り、それに因んだ商品もゲットして…と思っていたら、面白い商品があるかも…と船でスロバキアへ
スロバキアからウィーンに戻って地図を見て、あ〜〜〜どうせなら一国でも多く行ってみようミラノに帰るのはスロベニア経由にしよう
ウィーン1人暮らし体験を終えて荷造りしてしゅっぱ〜〜〜つ
超短期の体験でしたが、なかなか居心地の良いアパートメントとお別れ

5 to slovenija-15 to slovenija-25 to slovenija-3

(オーストリアとスロベニアの国境。パスポートコントロールもなく入国。)

日本では、私の居場所について、「スロバキアどこスロベニアどこどこ」状態でした。
スロバキアは旧チェコスロバキアで、スロベニアは旧ユーゴスラビアです。

スロバキアはユーゴスラビア時代に何度が行きました。5  slovenija, portoroz-1
しかしスロベニアになってからは今回が初めて

アドリア海に夕日が沈む頃、スロベニア、ポルトロスに到着。

5 slovenija,portoroz-3(アドリア海のサンセット。)

ウィーンから6時間の走行ホテルに荷物を置いて、先ずはビールを……と海辺のバーへ
そこで見たメニューSex on the Beachはお馴染みのカクテルですが、笑えるカクテル名を発見
どんな味なのでしょうか一応私は、ビールを飲みましたが、興味津々でしたお夕食は、簡単にスパゲッティボンゴレで済ませました。

5 slovenijya,portoroz-25 slovenija,portoroz-4

このつづきは次回に… アドリア海にカバがいた





madame_mizko at 06:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スロバニア、ピラン 

October 08, 2012

船で行った先は…

ウィーンからドナウ川を約一時間強の船旅で行った先は…スロバキアの首都ブラチスラヴァです

私にとっては初めての街です。この日は曇りで肌寒い
何度も東諸国に行った経験から、東はイメージが暗い、重い、コーヒーが独特な味…という印象を私は持っていますが、こんなお天気では特にイメージの暗い、重いが甦ります。
しかし、街ではこんなひょうきんな銅像が

2 スロバキア、ヴラチスラァ−32 スロバキア プラチスラヴァ−6

この街並みには、東独特な雰囲気が漂っているように思います

2 スロバキア、プラチスラヴァ−12 スロバキア ブラチスラヴァ−4

寒いのに、外で皆さんお食事していらっしゃるどのお店の中も、省エネにしても電気を点けたらって言いたいくらいに暗いそして何件かのお店の中では、その辺では見られないような大きな男達が、まだお昼前だというのにビールを飲んでいる流石にこの中に入るのは怖〜〜い
なので……

2 スロバキア、ブラチスラヴァー2肌寒い中外のテラスで軽食を取り、その後は洋梨のお酒をクィっと飲んで体を暖めました
これがとっても美味しかったですこの手のお酒はドイツでもシュナップスと言って食後にクィっと行きますが、ここのは特別美味しかったぁ〜〜〜

2 スロバキア、 ブラチスラヴァー8夜にはスロバキアンレストランへ。これは何でしょう?

答えはこのブログの最後に…。2 スロバキア、ブラチスラヴァ−7



左手には日本の国旗が日本大使館です


翌日は晴天夏のような陽気でした

3 スロバキア、ブラチスラヴァー13 スロバキア、 ブラチスラヴァー23 スロバキア、ブラチスラヴァ−3

旧市街を見て回り、スロバキアのおやつを買ってみました(名前忘れましたパンのような中にペースト状のケシの実が…お味は、う〜〜〜んご想像にお任せします)。

たった一泊でしたが、この街の一軒のお店だけで売られている、デザイナーさんのハンドメイドのおもしろいアクセサリーも買えました。お楽しみに〜〜

しかしここでの言葉は、さっぱり解らない、読めない私の語学力に想像力を加えても解読出来ないで、何のお店かも、いえいえお店かオフィスかも覗かないと分からない
ドイツ語や英語が分かってもらえたりもらえなかったり
コミニュケーションが取れないって本当に大変だと実感しました

そんなハンディを背負い、短い時間に良く歩き、スペシャルな商品が見付けられてラッキー
自分へのご褒美のシャンパングラスの向こうはドナウ川3 スロバキア、 ブラチスラヴァ−4

さあウィーンへ出発
写真はウィーンへの船乗り場です。
船からは、マリア•テレジアの居ともなっていたブラチスラヴァ城が美しい

3 スロバキア、 ブラチスラヴァー510 3 スロバキア、 ブラチスラヴァー73 スロバキア、 ブラチスラヴァー6


先程の回答は…パンに入ったガーリックスープでした。2 スロバキア、ブラチスラヴァ−9
美味しかったです観光客の多いレストランには英語のメニューがあるようです。

短いスロバキア、ブラチスラヴァの旅を終え、ウィーンに戻り………

あの〜〜〜〜実はMIzkoは今は「スロバニア」にいます。
スロバキアスロバニアそのお話はまた


madame_mizko at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スロバキア、ブラチスラヴァ 

October 01, 2012

音楽の都ウィーンの楽しみ

ウィーンでコンサートには何回か行った事もありますが、今回はそんな気になれません
と言うのも、今ウィーンは凄い観光客の数です。

モーツァルトもヨハン•シュトラウスのコンサートも観光客相手という感じが丸見えで、気持ちが萎えます。
街にはコンサートのチケットを売る偽モーツァルトがあっちにもこっちにも29 Vienna-3
歩いていると彼らのコンサートへの呼び込みが凄くて、嫌になっちゃいます。

そんな中オペラもなんだか行く気になりません。

しかし9月中には、毎夜オペラ座の外のスクリーンに劇場中継がライブで映し出されます。それも無料で観れます。
ウィーンの夜の街に響く歌声が新鮮で、9月中は連日見に行きました
(最初から最後まででは鑑賞しませんでしたが。そうしたら、連日お馴染みの
顔が熱心に通っている地元の方のようです。これもまたウィーン生活の楽しみの一つなのでしょう
29日土曜日は「蝶々夫人」。人気の題目だけあって、雨だというのに沢山の人が集まって来ました。
29 Vienna madama butterfly-129 Vienna madama butterfly-2

私も皆さんと観劇。いつ見ても哀しいストーリーで泣けてしまい同時に蝶々夫人にあんな思いをさせ
たピンカートンに腹が立って私の鑑賞が終わる…「マダムバタフライ」を観た時はいっつもそうです。


28 Vienna-1音楽の都で見付けたパブリック有料トイレ(70セント)。
音楽が聞こえてきます

30 Vienna-11大道芸のボトルミュージック演奏。この演奏がなかなか




30 Vienna-8ドナウ運河にはこんなモダンな建物が。


28 vienna DEMEL-1有名なザッハートルテはDEMELで頂きました。

Mizkoは甘い物には大変うるさくて、これと思う物を少量しか食べません。
ザッハートルテもあまり好みませんが、このショットのために頂きました。
こんな私ですから、感想は「美味しいらしいです
それにしてもこのトルテを目指して、ザッハーホテルのカフェもこのデーメルも人、人、人。
カウンター席に座っていたら、今や経済大国であるあの国の方々4人が隣りに座りました。
賑やかな上に、一つの紅茶にカップを人数分くれと言ってお店の人に断られたら、一つのカップで
回し飲みその上にカウンターで電卓叩いて買い物のレシートを出して、お金の計算。

昔は日本の観光客のマナーの悪さは世界のあちらこちらで言われていましたが、今ではこの国の方々

27 Vienna at Poarta観光客の集まる場所から離れて、小さなカフェを見付けました。

私は甘いものより、やっぱりこちら。女性のセルフ酒(一人飲み)にはぴったりのお店
近かったら通うのに。

2 on the boat to ブラチスラヴさてウィーンからドナウ川を船で渡り小旅行…

どこに行くのでしょうか


madame_mizko at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オーストリア•ウィーン 

音楽の都にて

先ずは…ひっきりなしに台風のニュースをやっています。
皆さん、どうかお気をつけて。

さてReaderの皆さん、Mizkoの只今の居場所はお分かりになりましたか

オーストリア、ウィーンです

ウィーンにはもう何回か来ていますが、最後に来たのがもうかなり前のことなので、最初の1〜2日は地理も分からず手間取りました

今回の旅には、少しスパイスを加えました
いつも通りの旅じゃ物足りない!どうせ旅するならついでにうんと学びたい…と言うことで、アパートメントで一人暮らし、超短期ウィーン生活体験中です

カメレオン体質なので、すっかり地元に馴染み、地理も理解し、公共の乗り物もマスターしました

ここもドイツ語ですが、ドイツのドイツ語とは多少違います。しかしそれにも慣れました。
メンタリティーはドイツとはかなり違いますが、日々イタリアでかなり激しい生活をしているので、へっちゃらです
27 Vienna-2
お得意のセルフ酒(一人飲み)もしていますしね
(シャンパングラスの中に輝くのはスワロフスキーのクリスタル

最近は商品を見付けるのにも、その国の背景を学ぶ事がとても必要だと日々感じています。
Specialな商品とは「これステキこれ売れそうこれ買おう」だけではありませんからね。

ここ何日か本当に良く歩きました
しらみつぶしにお店を見て、美術館や宮殿を巡り歴史や文化に触れ、特産品のお店の方からは情報を得て、その上でMizkoが「これ!」と思った商品が、今私の目の前にあります。
一つはオーストリアの歴史に深く関わっている商品です。最後の一点を私が買いました
どうぞお楽しみに

では、さぁ〜とウィーン観光をMizkoとご一緒に

29 Vienna-130 Vienna-130 Vienna-230 Vienna -9

モーツァルト、ヨハン•シュトラウス、シューベルトそしてあら〜〜〜芸術です芸術
美術史博物館の入り口正面の彫刻ですよ〜〜

30 Vienna-430 Vienna-330 Vienna-7

パリのルーブル、マドリッドのプラドと並んで、世界三大美術館である…ウィーン美術史博物館より。フェルメール「絵画芸術」、テニエルス「ブリュッセルにおけるレオポルト•ウィルヘルム大公のギャラリー」、ブリューゲル「バベルの塔」


30 Vienna-6あら〜こういう悪い癖はそこのあなた題目表示はありませんでした。

30 Vienna-5
博物館のカフェ。も〜〜美しさと豪華さにため息
私はシャンパンを頂きました

日曜日はお店はお休み。芸術に触れる有意義な日でした
しかし幾つになっても知らない事が沢山ある…まだまだ学ばないといけないことが山程あると反省の一日でもありました





madame_mizko at 04:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オーストリア•ウィーン