August 2012

August 25, 2012

Mizkoのパワーの源は???Part 1

ミラノの家に戻ってまだ数日ですが、Mizkoはすでにしっかりミラノモードです
こちらから日本に戻ると、なかなか時差ボケが抜けませんが、日本より7時間遅れのミラノへの時差ボケは大してありません。
それにお話ししているように、いつまでも日本モードではとてもとてもここでの生活はやっては行けません。
22
(閉店のお店が多く、やっとミラノに戻って初のスプマンテ!)

私も海外生活は3カ国目ですが(数ヶ月ドイツに暮らした事があるという方にお会いしたことがあるのですが、ヨーロッパでは数ヶ月くらいはバカンスで海外にも滞在するので、、そのような短期間の滞在は私も生活した内には入れません。)、旅するのと違って、他国に住むと言う事は母国の物差しでは計り切れないことばかり
私は、私の人生に必要な要素の一つにsfida「挑戦」を挙げていますが、こうして他国でその国の言葉でその国の人々と交わりながら生活する事自身が私にとっての大きな挑戦です。
日本では簡単に成し遂げられる事も他国では大変何かを自分が出来るなんて思っていても、その多くが世界の一国の日本という土俵の上だけのことで、一歩世界に出れば、自分の小ささや無力を思い知らされます。そこで成長して行く…それが私の「挑戦」であり、それがもう一つの私の人生の要素であるavventura「冒険」に繋がります。

長い海外生活を経て何度何度も砕かれて、腹立って、悔しい思いをうんとして、流した涙の量知れず…これでもかこれでもかの挑戦…それ無きしては、他国での生活なんてとても無理

特にこの国イタリアは本当に手強い
私は学生時代は数学の計算が大好きで、考え方も特に仕事上では数学的なロジカルな人間です。
しかしこの国イタリアは基本の計算で、2+3=5にはならない
3になったり6になったり…すべてその時による(イタリア人が良く言う’dipende’)。
マサイ族とのメンタリティーの大差も、世界共通の算数のようなロジカル的な話し合いの積み重ねで心を繋げられたと思うのですが、算数が通じないのは難しい。

こんな容易いことがどうしてスムースに運ばないのか
どうしてこんなことに体力的にも精神的にもフルパワーで臨まなければ、先に進まないのか
どうして?なんで?の質問は全て「イタリアだから。」で納得しなければ、到底ここでの生活は先に進めない
24-2
(お馴染みのお店本日開店。ツナとオニオンのピザ。ビールの向こうは歩道、車道、その向こうには路面電車が走っています。そんな所でテーブル出して、道往く人達に見られながらの食事もイタリアならでは!)

こうお話すると、イタリア生活ってそんななの???と思われるでしょうね。
私だけの意見ではありません。特に日本のホスピタリティやサーピスにとっぷり浸っている方には、頭からバケツの中の氷水をかけられた上に、ドカッとバケツまで頭に被された気持ちになるでしょう

「come va?」という日本語のフリーペーパーがあります。そこに「なんとかしてーな!」という特集があり、イタリアでのどうもこうも理解出来ない経験談が記されていました。どの話にも私は大きく頷き、見知らぬ日本人の方々が今日もイタリアのどこかで私と同じ気持ちでいられるのかと思いました。

その記事の内容は…つづく


madame_mizko at 03:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 24, 2012

今は静かなミラノより

23
8月23日午前中から我が家のテラスの気温は40℃を越しています

22
キオスクすらもバカンスで閉店

23-223
毎週木曜日は自宅近くに青空マーケットが開かれます。
多くのお店が閉店のために人が集まっては来るものの、それでもいつもよりも出店もお客さんもずっと少なくてガラガラ
お店の人も暑くてやる気の無さが伝わって来ます。

この頃になるとだいぶ日照時間が短くなりますが、それでも8時頃まではまだまだ明るいです

現在ミラノ時間22時10分……我が家の全ての窓はピタリと閉まっています。
蚊の襲来を防ぐためならそれだけでいいですが、全てのシャッターもピタリと閉まっています。
そう…これがミラノ生活です。
夜は当然、ちょっとそこまで出掛けるのも、窓もシャッターも閉めます。
何ヶ月も日本に帰って留守にする時には、そのシャッターにも鍵を閉めます。

我が家はドゥオモから歩いて15分程で、ミラノの中心部です。
治安が悪い場所ではありませんが、注意するに越した事は有りません

ご近所さんに習って夜には窓もシャッターも閉めた生活です。
東京ではこの間まで、窓も開けたまま寝ていたのですが…。
所変われば生活は全く違うものです。
いつまでも東京モードでは居られません
こんなに多くのミラネーゼが留守にして静かなミラノだからこそ要注意です

暑さの中でもぼんやりしてられな〜〜い



















madame_mizko at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 22, 2012

ミラノ発最新情報

さて5ヶ月振りにミラノの自宅に戻りました

あ〜〜何事もスムースに行かないのがここでの生活
テレビ点かない、お湯が出ない、ネットが繋がらない、Iphoneだってすぐに圏外になっちゃう…洗濯機はドアを閉めたら開かなくなって洗濯物が出せない…
修理を頼みたくてもバカンスで、ほとんどのお店は少なくても来週くらいまではお休み
(今頃旅行にいらしても本当のミラノは満喫出来ませんよ〜〜ご注意を
ミラネーゼがミラノに戻ってくるのはまだまだ先。来月の半ばでしょう。
21-4
(ショーウインドー空っぽにして8月6日から8月26日まで閉店)

21-3
(観光には便利な場所にある四つ星ホテルもクローズ。)

オープンしているお店でも店員さんのご機嫌が悪くて、お願いするのがた〜〜いへん
「お客様は神様」の日本では信じ難い態度
それでもお願いしないと事が運ばないので、忍耐忍耐

21-1(街も人気が少なくてがら〜〜んとしています。)

さあ〜〜これからは日本でのモードはすっかり変換してイタリアモードへ

バンコクからの飛行機の中からももうイタリアモードはすでに全開。
飛行機の席は決まっているのに何故あんなに競争するように乗ったり、急いで降りるんだろう…荷物が出てくるまでに時間がかかるのに。
イタリア、マルペンサ空港でのカートも今や使用料2ユーロ。使用後にそのお金は戻って来ない
(旅行にいらっしゃる方はご注意を
ボーとしていると、あれよあれよとカートすら誰かに持って行かれてしまう
これからは日本の何倍も持ち物には気を付けないと
のんびり、ゆったり、もったり、はんなりではここの生活は出来ない
勿論公共の乗り物内でのうたた寝なんて有り得ない
知らない人に寝顔を見せるのは、隙を与えること
東京でもうたた寝しないように気を付けていますが、ふっと寝てしまったことがありました。
も〜〜〜これ油断!気が緩んでる!と大反省
これからは絶対に出来ないことです。どんなに眠気に襲われても、腕つねってでも起きていなければ

盗られないように、ごまかされないように、気を張って行かなければなりません

そう思うと、日本の暮らしは本当に穏やかです。
でもここでの緊張感や戦いがMizkoの東京でのエネルギーになっているのも確かです

21-2
ミラノもご覧の通りに暑いですよ〜
日本ほど湿気はありませんが、露出した肌を強い日差しに刺されるようで、痛いです。
カァ〜〜とした暑さで、クラクラ来ます。

暑いミラノで熱いMizkoと心の旅をどうぞご一緒に…

ミラノからMax&Co. MaxMaraの最新ファッションをお送りしますね。

21-521-721-6

21-8男性パンツもイタリアはキュート











madame_mizko at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 20, 2012

Mizkoの日本滞在回想録 Part 2


今回の日本滞在中には、何度「今月末には帰らなくちゃ〜。」と言ったか分かりません。
でも滞在の延期延期で、すっかり5ヶ月間の長い滞在になってしまいました

春から梅雨にもたもたしていたら誕生日を迎え意志に反して年を重ねそして気付けば初夏から本格的な夏に季節は移り変わっていました

この間新しい友達との出会いもありました
そして仲良しさんとは更に仲良しに……。
ですから前回の日記で私がメランコリーだったのは、暫しの別れでもたまらなく寂しくなってしまったからです
私の人生では、いつもこんな別れを繰り返していますが、暫しであっても別れって、それも海を越えるとなるとおセンチになって「慣れる」ことはありませんね
それにどんな時にも、たまらなくお名残惜しい思いになる相手の一人くらいはいるものです

そうなんです…Mizkoは日本を発ちました16
(出発前自宅の屋上から夕焼けの中に富士山が見えました。)

今はバンコクです。このままミラノに帰ります

1919-2

(今夜チャオプラヤー川に花火が上がりました。表参道の自宅の屋上から見た神宮外苑の花火を思い出しました。)

出発前にお会い出来なかった友人知人の皆さん、ごめんなさい
出発のお知らせも出来なかった皆さん、本当にごめんなさいでも夜逃げではありませんよ〜

日本滞在中にご一緒させて頂いた全ての方々、お世話になりました。
皆さんとの思い出があれこれと頭の中に浮かんで来ます
私と時間を共有して下さって有り難うございました

Readerの皆さん、これからは心の中でMizkoの旅をご一緒に

18(ローカルの皆さんとローカル船で。)

追伸:私のカメレオン体質は健在で、早くもローカル化して、タイ人の皆さんにも、すっかりタイ人だと思われています


madame_mizko at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) タイにて 

August 15, 2012

2012年日本の夏の思い出

(日本滞在回想録のつづきはまた今度。)

ロンドンオリンピックも終わり、Readerの皆さんは如何お過ごしでしょうか。
Mizkoは只今超メランコリーです
その理由は数日後にお話しますが、今は兎に角ため息吐息あ〜〜〜
元気印のMizkoもまだまだ女の子()ですから、こんな時もありますわよ
あ〜〜〜しんど

まあそんな自分にビシバシとムチ打って()PCと向き合っております

先日、神宮外苑の花火大会がありましたね。
この頃に私が日本にいるのは3年振りで、3年前の花火大会では、我が家の屋上から良く花火が見えて最高の鑑賞場所でした…………が〜〜〜〜〜〜〜〜

ふっと花火が上がる方向を見ると、建築中の高層マンションで遮られている
え〜〜〜こりゃ無理
2012.8.15−1

このビルはキラー通りにあり、長い間その辺りの住民の方々が大反対していた建設です。
あ〜それがしっかり私の視界を建ち塞いでいます。

それでもどうにか見えないかと希望を持っていたのですが、試しに神宮球場の野球終了を知らせる花火が上がったので屋上に行って見ると、いつも見えていたその花火が全く見えずに、煙だけが切なく夜空に見えていましたが〜〜〜〜ん
これじゃあ、神宮外苑の花火大会は無理見えない

仕事も早く終わり、それなら花火は近くに出て見ようと浴衣に着替えました。
しかし一応屋上に上がり、「何回この我が家の屋上で花火を見たかな〜〜。」なんて亡き母と一緒に見た花火を思い出し感傷に浸っていたら、花火開始の時間になりました。

その時ご近所さんから歓声が上がりました神宮外苑花火大会2012.8.10
(暗闇の中、マンションの屋上に人が集まっていました。)

花火は高層マンションの左手に堂々と見えています 
私と同様、ご近所さんも高層マンションの建設で見えなくなったと半ば諦めていらしたでしょうから、花火の美しさ以前に、その歓声は、「見えた〜〜!」という意味だったに違い有りません。
左手にも中高層のビルがありますが、二つのビルの間にしっかりと見えているではありませんか

神宮外苑花火大会2012.8.10−2神宮外苑花火大会2012.8.10−3


神宮外苑花火大会2012.8.10−4神宮外苑花火大会2012.8.10−5

私も心から声が出ました…あ〜〜〜見えたあ〜〜〜
諦めていただけに、本当に嬉しい花火でした一際美しく思えた花火でした

この先どれだけ我が家から花火が見えるかは分かりませんが、その時その時を大切にしたいものだと思いました
「今度」と言う言葉の信憑性は「今」に比べてはずっと薄いもの……

2012年日本の夏の良い思い出になりました






madame_mizko at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本にて