September 2011

September 21, 2011

初冬の町より

20110921_2bdbc2

(初冬の町にて。9月20日)

写真:お魚三種に茹でたジャガイモ、それにサワーキャベツ……。
不思議な取り合わせですが、ここでは普通。

小さな茶色いのはマッシュルームです。
さすがに食べ切れずに途中でギブアップ。


週末ぐっと気温の下がったミラノも、また気温が上がって来たかな~~?と思いつつ、
そんなミラノを後にしてすっかり秋模様のこの町にやって来ました。

夜はすっかり初冬って感じです。さむ~~~い!ブルブル。
先週ミラノは38度だったのに~~!


ミラノも極端に暑くなったり、寒くなったり、突然すごい雷雨になったりですが、
日本はまたまた台風で大変ですね。

Readerの皆さん、くれぐれもお気を付け下さい。
ここも例年より寒すぎです。


さてMizkoは今度はどこにいるでしょうか?










madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランスにて 

September 19, 2011

Il inverno e arrivato a Milano? Ist der Winter schon da?

a31888cc35

(Milano, 19 Settembre)


Mamma mia! Oggi fa freddo!
Finalmente l'estate e andata via???

Um Gotteswillen ist dass heute kalt!
Ist unser Sommer schon vorbei???


(Foto:via Marcona,Milano)

週末お天気が悪かったのですが、本日のミラノはさむ~~~い!
現在の気温16度。先週から20度下がりました。

こうなると熱燗で温まりたいMizkoです。
温泉も行きた~~い!夏女Mizkoは寒いのキライ。大キライ!


写真:見たからに、町も寒そう。

まだまだ暑い日本のReaderの皆さんには、少しこの寒さをお送りしますから、
日本の暑さをMizkoに送ってくださ~~い!















madame_mizko at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

日本の美容師さん、ミラノに初登場!

f6c5081391

(ミラノ 9月18日)

日本のReaderの皆さん、3連休を如何お過ごしでしょうか?


「ミッチョリーナ、ここのところ日記を書くのをサボってな~~~い?!」
なんて言わないで下さ~い。確かにちょっと間が空いてしまいました。ごめんなさい。


と言うのも、ちょっとした企画がありまして………。
それは、この日記でももう御馴染みの私のミラノでの美容師さん…
アルベルトと、20年以上Mizkoの髪をお任せしている日本での美容師さんを、
一度会わせたいと言う私の計画でした。

多忙な両者がMizkoの企画に賛同してくれて、ここミラノでそれが実現しました。


何故そんな企画をしたかったか?またその結果は、初めてのイタリア、初めてのヨーロッパ、こんなに家から遠くに来たのも初めてと言う日本の美容師さんと現地ガイド(?)のミッチョリーナがミラノで繰り広げる珍道中を含めて後日ご紹介いたしますので、どうかお楽しみに。


日本の残暑も厳しいとのことですが、この一週間のミラノは毎日暑く、
38度くらいの日もあり、やっと涼しくなったかなと思うのは夜の11時位でした。

クーラーがない所が多いのとこの暑さに、日本の美容師さんもびっくり!
そして本人、ミラノ焼けで真っ黒になり、周囲には「ブラジル人?」と言われていました。

私達の共通点は、日焼けすると、赤くならずにすぐに黒くなるということで、顔馴染みの連中には「弟?」と聞かれました。

只今Mizkoも国籍不明なほど、黒くなっていますので、そんな二人が並ぶとそう見えるのかも知れません。

そして彼らには、「日本での美容師さんだけれど、長~~い付き合いだから、Piccolo fratello って感じかな~。」って答えました。

その意味?それも後日に。


写真:
最近日本の私の知人の間では、アルベルトの名前はもう誰もが知っていますが、それと同じく名前が知れているのが、中国人経営のミラノにあるこの日本レストラン「わかば」。

これは以前食べたランチのにぎりセット。お値段は12ユーロ位だったと思います。
小鉢のイカの煮物がとっても懐かしく、美味しかったです。

勿論、今回日本の美容師さんとも行きました。その結果は……お楽しみに。












madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

September 12, 2011

あれから10年……あれから半年。

f8bae28036

(ミラノ、9月11日)

あのニューヨークのテロ事件から10年。
今日一日あちらこちらのテレビ番組で特集が組まれて放送されています。

何度見ても、信じられない光景です。

そして、今日は大震災から半年。

同じ11日というのも、何だか不思議……。

今日は特別な日なので、ドゥオモにお祈りに行きました。
(写真はドゥオモ内のステンドグラス。きれいに撮影出来ずごめんなさい。)

日曜日と言う事もあり、観光客以外にもお祈りに来ている人達が沢山いました。

先日テレビで見た映画の中で、なかなか恋人に会えぬ彼女が彼に言いました。

Love doesn't end when we can't meet each other.
Because we go on loving God without seeing him.

何かとても心に残りました。










madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

September 09, 2011

ミラネーゼ達のお帰り

d4c50f3d26

(ミラノ9月9日)
ここの所ミラノはぐずついたお天気で、Mizkoは「もうこんなお天気は大きら~~い!」
と思っていましたが、今日は朝から太陽がサンサンと照っています。
こんな日はMizkoは元気元気!


ご近所さん達もやっとバカンスから戻って来ました。真っ黒に日焼けして!
そんな中では、Mizkoは色白!?

もう9月だと言うのにまだ今年は海に行っていませんからね。
その内に行きたいと思っています。

イタリアが秋になっても、暑い国に行けばいいのですから、夏女Mizkoの夏は終わりません。
いや簡単には終わらせません!


ミラネーゼ達がバカンスから戻り、町にも活気が戻って来ましたよ。
これでこそミラノです!!!


私も日本から戻り、、周囲からbaci e abbraccio(kisses & hug)で迎えられています。
まるで何年も会わなかったように…。


皆の「バカンスはどこに行ったの?」の質問に、「仕事で日本」と答えると、仕事でと言うより、日本に行った事に全員が顔色を変えて大変驚きます。

まあそれを予測して、ドイツやイタリアの知人達には黙って日本に行きました。
あの大震災以来、まだまだ続く余震に加えて、放射能問題。

いくら誰が何を言っても、この原発問題における日本の公の発言は、ここでは全く信頼されていず、私達の母国日本は、すっかり「危険な国」という印象を持たれていますから、そんな危険なところに何故わざわざ行ったのか?と疑問を持たれるのも仕方がありません。

日本国民として悲しい限りですが……。
東京で、今また普通に誰もが生活しているということにも多くの人が疑問に思っています。

日本にいると、同志に囲まれている気分で、外からの目を意識する気持ちが薄れますが、こうして外に出ると、また外からの日本への厳しい目が心に突き刺さり、日本の未来が不安になります。


日本滞在中に、「頑張れ!」の文字を何度目にしたか分かりませんが、今の日本は一体何をどう頑張るのでしょうか?それすらも今私には見えなくてfoggy。

どうしたら、そしていつになったら、日本が以前のように信頼のおける安全な国だと世界に思ってもらえるのでしょうか?そんな日が本当にやって来るのかも、今の私にはunsure。

でもふっと我が家のテラスに目をやれば、そんな私の不安な気持ちを目の前のお花さん達が癒してくれます。
あの「Mizkoの枯れ園」が「Mizkoの花園」に変身です。(テラス全体を撮影出来ないのが残念。)


今日のaperitivoをここであなたと過ごせたらいいのに……missing you。


















madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて