August 2011

August 09, 2011

8月のミラノ事情 とBuona Vacanza !

9334d0fd8a

(イタリア、ミラノ8月9日)

私のミラノの家はドゥオモから歩いても15分ほどの場所にあります。
東京の表参道の家は表参道ヒルズから歩いて5分ほどですが、ミラノの家の方がずっと便利です。

スーパーもデパートもバーもレストランもカフェもみ~んな表参道の家より近くにあります。
それにドゥオモからこんなに近いのに、ドゥオモ辺りよりずっと物価は安く、
勿論表参道よりはずっ~~と安いです。

今はどのお店もシャッターが閉まっていて、平日の昼間にも人影少なく、ゴーストタウン化(?!)しています。
たまには静かなミラノの家を満喫したくても、開いているお店が限られるので、生活が不便!

家のテラスから見える4星ホテルまでがヴァカンスでクローズ。
日本の感覚では理解出来ませんよね。

観光客の集まるこの時期にホテルまでがヴァカンスで閉まってしまうなんて。それも8日から今月末まで。
唯一頼りの年中無休のデパートでは、店員さんが少なくて、なかなか姿を見せずに質問も出来ない。

銀行に行っても、勤務している人数はいつもの半分。
やる気が全くないだけではなく、もうほんと~~~に小憎らしい態度。

挨拶もなければ返事もなく、兎に角一言もなく、私がサインをする場所を
ペンでトントントンと数回叩いている。ア~~なんでしょう?!この態度!!!

無愛想な上に小憎らしい態度は、やっと見付けた開いているカフェも同じ。

パニー二を食べて、食後にエスプレッソを頼みました。
その時に混んだ狭いテーブルで、身動き取れず、そのエスプレッソをテーブルに溢してしまいました。

それで店員を呼ぶと、突っ立って無言でそれを見ているだけ!

あまりに腹が立ったので、わざと英語で大きな声で「ちょっとテーブル拭いてよ!」と言ったら、無言でやっとクロスを持って来て拭きました。そのお店は東京、青山に支店があり、顔馴染みの青山店のスタッフ達のポートレートが飾ってありました。

ドゥオモ広場付近は観光客ばかり。

中国人の皆さんは、本当にグッチとヴィトンが大好き。団体で入店しています。
また短パン、ノースリーブではドゥオモには入れませんよ。神様に失礼です。

沢山の入れない観光客がドゥオモの前で、どうにか足や腕をカバーしようと、どこからか現れたスカーフ売りからスカーフを買い、体に巻いて、「これで入れないか?」と交渉している。

広場にはそう言った観光客狙いの、訳の分からないもの売りがたむろしています。

一人歩きの私に近付こうとした一人の物売り……Mizkoの「傍に寄って来ないでよ!」の言葉以上のオーラと強烈な一睨みで即退散。

人の良い観光客は、足を止め話を聞いたり、油断した隙に商品を手に持たされて、結局つまらない物を買わされてしまう。手にしたらもうお金を払うしかないのです。

ドゥオモ広場から家の近所に戻り、暑いし、喉もカラカラなので、顔馴染みのカフェへ……

クーラーが切ってある!お客さんが少ないからでしょう。とても室内にはいられずにテラスで冷えたスプマンテ。でも即ザンザーレ(蚊)の襲撃に遭い、おでこを刺されて、もう今日の一日の怒りと共に爆発!!!


もういや~~~!と家に帰ったら、この猛暑の中急な断水!!!
職人さんの多くもヴァカンスで、やっと来た職人さんが、ヒーローに思えました。


もういい加減にMizkoもこのミラノから脱出致しま~~す!

ミラノ旅行をご計画の方へ……8月のミラノはミラノじゃありません。


では皆さんも楽しい夏休みを!Buona Vacanza!


写真:
これは男性下着の広告です。でもモデルが女性なところがオモシロイ!












madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 07, 2011

バカンス!バカンス!バカンス!

476ea33c09

(イタリア、ミラノ8月7日)

Readerの皆さん、Mizkoは、またまた車でアルプス越えを果たし、ミラノに戻りましたよ~~!だれですか~??まだニュールンベルグでのんびりカレーヴゥルスト(currywurst.グリルしたソーセージをケチャップとカレーを混ぜたソースで食べます。

これがとっても美味しい!子供からお年寄りまで皆大好きなメニューです。) を食べながらビールなんか飲んでいる人は?

しっかりMizkoの旅にお供して下さいよ~~~~!

気温14度のニュールンベルグから夜になっても30度の蒸し暑さのミラノに戻りました。

走行時間8時間。走行途中から雲が切れ、徐々に夏に戻りました。

戻ったミラノは、多くの商店が長い夏休みに入り、シャッターがピタリと下ろされています。

何時もは歩道にさえも駐車している道路もガラガラ。駐車場を探す手間なく、自宅近くの路上に即空間発見。こんなにスムースに駐車が出来るのもミラノではなかなかないこと。


我が家のテラスから見えるご近所さん達もバカンスに出掛けてしまい、全ての窓に同じくシャッターが閉まっていて、周囲は静まり返っています。

これから益々お店は閉まり、ミラノ人口は減少して、観光客だけが目立ちつようになります。


6日から、私のお気に入りのバールもカフェもレストランもバカンス。
今月末~9月初めまでお休みです。

たった一ヶ月のお別れですが、皆とBaci e abbraccio(kisses & hug)で「また9月に会いましょうね~~~!」と別れました。

そしてバカンスから戻ると、どんなに長い間会わなかったかのように、またまたBaci e abbraccioで再会するのですが。


もうこの日記でも御馴染みの美容師のアルベルトに昨日髪をやってもらい、彼は6日から3週間のバカンス。ブラジル、コパカバーナを目指して旅立ちました。


ドイツから戻って間もないですが、開いているお店はバカンス価格で高いし、スーパーの棚はガラガラだし、店員さんは全くやる気ないし、ドゥオモ広場は観光客ばかりで、その観光客狙いのカフェやレストランで、不愉快顔の店員にぼられる気にもならないので、私もバカンスに旅立ちましょうか~?!

う~~ん、どこに行こうかな~~?
・・・・・・・・そうだ!2011年のこの夏にあなたと楽しくビールが飲みたいので、あっちの方向に飛んで行こう!!!


追伸:
夏のミラノにミラネーゼはいない!












madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 01, 2011

時にはこんなところで美味しく召し上がれ!

c9f08a5da4

(ドイツ、ニュールンベルグ、8月1日)

夏だと言うのにこの気温の低さ……ここの皆さん嘆いています。

この頃は夜9時頃まで明るく、いつもならビアガーデンはどこも一杯なのですが、このお天気と寒さでビアガーデンに人の姿はありません。


今週半ばには気温は上がるようですが、その後また気温は下がるようで、ミラノも含め天候不順の夏です。


さて前回はニュールンベルグのお祭りのお話をしましたが、ニュールンベルグにいらしたらガイドブックに載っている様なお店でお食事をなさるのも良いですが、現地の人達に交じって是非試して頂きたいのが、スタンドでのソーセージの立ち食いです。

写真は、聖ローレンツ教会のあるカロリーネン通りにあるデパート、Karlstadtの前に出ているスタンドです。他にもスタンドはありますが、ここがMizkoのお気に入り!

ここではニュールンベルグの名物の小振りのソーセージやFrikadelleと呼ばれるドイツのハンバーグを焼いていて、それをパンに挟んでくれます。大きなボトルのからしやケチャップを好きなように取り、立ち食いします。

立って食べるのはお行儀がわる~~い!なんて気にしないで、是非食べて見て下さい。
3~4ユーロで食べられますよ。













madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて