May 2011

May 30, 2011

月に一度のアンティークマーケット

d182870c771

(ミラノ5月30日)
昨日29日は月の最後の日曜日。この日にはナヴィリオ地区で大きなアンティーク市が開催されます。

運河が流れるナヴィリオ地区はミラノの町中とは思えない風景で、特に夏の時期はMizkoのお気に入りの場所です。

運河の両岸にはアトリエやアンティークショップ、バーやレストランが並んでいますが、この日にはアンティークの露店が沢山開かれます。


昨日も朝から快晴。市に行くには絶好のお天気。
もともとアンティークには興味も知識も全くなかったのですが、ミラノに暮らし始めてぼちぼちと興味が湧いて来ました。


商品はホントになんでもかんでもあります。
食器やアクセサリー、グッチやヴィトンを含むブランドバッグやアクセサリー、服、靴、おもちゃ、古いシャンデリアのパーツ、ボタン、広告のポスター、レコード、誰が着たかも分からないコットンのネグリジェ、誰だか知らない人の古い手紙や写真。それに驚いたのには誰かの骨までディスプレイされていましたあ~~!(怖かったから写真は撮りませんでしたが。)

今までに私がゲットしたものは、坂本九の「上を向いて歩こう」の当時イタリアで販売されたレコードや、戦前、海外に紹介された日本国についての当時のガイドブックのようなもの。それと1940年代のダンボの陶器の置物(Mizkoは象さん大好き!)です。

日本の着物や絵、陶器なども出品されます。
ステキなグラスが欲しいのですが、なかなか出合えません。


まあアンティーク市もいいですが、運河沿いのそぞろ歩きと、両岸にオープンしているバーやレストランへ行くのも楽しみの一つです。私もバーで冷えたジントニックを頂く。

お店の男性諸君はテレビに釘付け。そう、F1レースです!この日の舞台はモンテカルロ。
フェラーリの国イタリア…皆さん夢中で見ていました。


先週末はF1に加えてサッカー。
土曜の夜はサッカー、バルセロナ対マンチェスター。

自宅付近のバーで地元の人達と一緒に観戦。Mizkoは勿論ラテン国バルセロナ応援。
そこにいた多くの人達も同様です。

バルセロナチームのパスには無駄がない!
Messiのプレーは素晴らしいけれど、個人的にはMizkoはVillaのファン。

そんなVillaを見ていて、あれ~~今まで気付かなかったけれど、アイツと同じところにヒゲがある~~!日本の友達を思い出す・・・・・。

バルセロナが勝ち、バーでは歓声が上がりました。
日曜の夜にはイタリアサッカーのファイナル。インターミラン対パレルモ。でもMizkoあんまり興味なし。
















madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて 

May 28, 2011

ミラノの真っ青な空の下より (Part 2)

a6b11a2eb9

(ミラノ5月28日)
その悪天候は結構長く続きましたが、やっと雨も雹も止んでシャッターを開けてみたら……
びっくり!虹です!!

それもはっきりと180度見えました。そして皆さんお気付きですか?写真をよ~くご覧下さい。
虹の外側にもう一つ虹が出ています。二重の虹なんて、私生まれて初めて見ました。

何かいいことありそう!!!
それにしてもこの時の時間、午後8時を過ぎています。


今現在は風はひんやりしていますが、気温はこれからまた上がりそうです。

日本も台風による大雨のようですね。

Reader皆さん、お気を付けて。
東京も梅雨入りしたのでしょうか…。

ジメジメしてうっとうしい梅雨時は、Mizkoの日記で気持ちを晴らして下さい。
イタリアの元気パワーをお送りしますから!













madame_mizko at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて 

ミラノの真っ青な空の下より (Part 1)

c6963603051

(ミラノ5月28日)
Readerの皆さん、Ciao!
28日土曜日朝から雲ひとつない青空が私の頭の上に広がっています。

これでこそイタリアの夏!


でも昨日はメルカートでバッグをゲットし、早々の帰宅は正解でした。
あれから大変でした。


雨は激しくなり、雷が鳴り、その上にパチンコ玉くらいの雹(ひょう)がバラバラと降ってきました(写真)。窓に当たる雹の音がすごくて怖かったですよ。シャッターを閉めても、シャッターにバンバンと音を立ててぶつかって来る。

以前ドイツではテニスボールほどの雹が降り、多くの車の屋根がへこみ、窓が壊れたことがあったし、ピンポン玉位の大きさの雹は何度か見ているので、ただただ雹の大きさが大きくならないことを祈っていました。

以前友人とアルプスの山の中で雹に遭った時も、車の屋根にバラバラとすごい音を立てて落ちてくる雹が薄気味悪かったです。


雹が止んでホッとすると、またバラバラと落ちてきて、その上にゴロゴロと雷の音が加わり、ガシャーンと何処かに落ちる音が益々怖い。近所の犬達も吠え出して、救急車?パトカー?のサイレンもあちこちでしていました。

気温もかなり下がり、まるでアルプスの山で迎えた朝のように、一気に冷たい空気になりました。


続く…。











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて 

May 27, 2011

I got a chance !

9e7fe5b52b

(ミラノ5月27日)
今日は朝から曇り空。気温は一気に17度ほど落ちて、20度。

暑い日を過ごしていたばっかりに、とても寒く感じます。
革のジャケットを着ている人も…。


お魚のフライを目当てに金曜日のメルカートへ。
路面電車で約10分。

いつも海外で思うのは、公共の乗り物で寝ている人がいるのは日本くらい……。
私自身も日本にいるよりも、顔がきりっとしていると思う…。

持ち物に注意!盗られてたまるか!という意識になる。油断禁物!
特に人込みのメルカートに行く時にはバッグは斜め掛け。

でもバッグを背中に回していたら、「どうぞ、お盗りください。」と言っているようなものなので、当然前に下げ、その上に手で押さえている。厳重な注意の上で、楽しいお買い物を!


到着したら、空はいつ雨が降るかもしれないような黒い雲に覆われている。
それにも係わらずミラネーゼの皆さん、相変わらず消費意欲満点!

安くていいものを皆さんご存知で、そんなお店にはすごい人。


その時でした。突風が吹きました。どこの大きなパラソルもふわっと浮き、お店の人がとっさにパラソルを押さえました。同時に大きな声が聞こえてそちらを見ると、大きなパラソルが引っくり返っている!傍にいた警察官も寄って来ました。怪我人が出たらしい……(写真)。

空は益々黒い雲で覆われ、いつでも大雨になりそう。
お店の人達はどんどんと片付け始め、お店を閉め様としていました。


いつもなら午前9時頃から午後2時頃まで空いているメルカートも今日は早仕舞い。
暑い日も寒い日も多少の雨や雪でも開かれるメルカートも、この強風に加えて大雨がやってきそうなお天気では、早仕舞いも仕方がありません。

私もお魚のお店まで行くのも諦めて帰ろうとした時でした。

あ~!!!私好みのバッグがある!!!

このお店の人もどんどんと商品を車に入れている時でした・・・・・


今までの人生経験で学んだこと…チャンスは二度ない。チャンスは自分の都合の良い時ばかりにやっては来ない。目の前のチャンスはどうにかしてでも摑まないと、二度と訪れないか、幸運にも訪れたとして、それはずっと先になる。

それを実感しているので、目の前のチャンスは絶対ゲットする!どんなことをしても!というのがMizkoの生き方。このバッグ、今見逃したら二度と出合えない!

風は益々強まり、真っ黒な雲から大粒の雨も落ちて来ました。
「片付けるのちょっと待って!あのバッグ、革?いくら?どこ製?」私は早口で尋ねました。

革で、イタリア製。金額は…現金、全然足りない。
「カード使える?」

クレジットカード不可のお店も多いので、使えるという答えにホッ!
しかし時々カードを通す機械がボロで、カードを読み取らないことも多いからまだ不安。

機械がカードを読み取り、ホッ!

でもまた直ぐに不安が…。「あ~~、このカードの暗証番号忘れた!!」イタリアではカードはサインではなく、暗証番号の入力だったのを忘れていました。

「サインじゃだめ???」
お店の人、「暗証番号入力としか画面に出ないよ。」

このバッグとは矢張り縁がなかったのかな~~と思った時でした。
機械がカードを読み取り、サインでOK!遂に私はバッグを手にしました。


さっきパラソルが飛んで怪我をした人が救急車で運ばれて行きました。

暴風雨の中、傘が傘の役目を果たしません。私は自分は濡れても、このバッグは濡れないように抱きかかえて帰って来ました。


私はこのバッグ、絶対に手放さないし、一生大事にします。
ゲットするまで不安があれこれありましたが、縁があったんだと思います。

こんな私好みのバッグをゲットするには、チャンスは二度ない!
勿論お店でも一点ものでした。


News:只今ドイツでは腸管出血性大腸菌 (EHEC)が流行していて、すでに死者も出ました。
地震がなくても、犯罪に病気…世界にパラダイスはありません。

自分らしくいられる場所、それが自分にとってのパラダイスだとつくづく思います。
















madame_mizko at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて 

ミラノモードに戻って来ました!

d7c2c9180c

(ミラノ5月26日)
暑い暑~い!
Readerの皆さん、連日の「暑い!」の連発ごめんなさ~~い!

でもミラノ…すっかり夏。暑いです。
でも夏女のMizkoは、暑い暑いと言いながら、この暑さがたまらなく好き!

別にビーチに行ったわけでもないのに、すっかり日焼け顔。
赤くもならずにブラウン顔になり、その色は日毎に黒さを増し、国籍不明になっています。


今日木曜日は、毎週自宅の横道でメルカート(マーケット)が開かれます。
メルカートではお野菜、くだもの、チーズ、パン、グリルチキン、お魚などに加え、洋服、靴、
アクササリーが売られ、ミラネーゼにとってメルカートはとても大切なお買い物の場所。

毎日どこかしらで開かれていて、安いものから何万円もする靴や何十万円もする毛皮まで売られます…路上で。

青山アニエス・ベーの皆さん、今日のMizkoのファッションは去年買ったウエストラインがレースのように透けている黒のワンピース。日に焼けた肌に黒はミラネーゼの勝負服?!

今の日焼け具合がこの黒のワンピースにぴったり!
ジャポネーゼミラネーゼ(日本人のミラネーゼ)のMizkoがミラネーゼに対抗!


そんなファッションでメルカートへ・・・。

顔見知りのお店のお兄さんやおばさん達が久々に私を顔を見て、オーバーな声を出し"Ciao!Bella !" " Ciao ! Cara !"と声を掛けてくる。

さくらんぼにメロンに、グリーンアスパラガス、トマト…を即ゲットしてつまみ食い。う~ん!さくらんぼもトマトも美味しい!!!

それにしても歩けぬくらいの人混み。さすがにお洒落の町ミラノ。景気の良し悪しに関係なく、お洋服、アクセサリー、靴…と特に女性の皆さんの消費意欲はすごいです。

人は出ていても閑古鳥なく表参道のお店と大違い。
途中通り雨……。ミラネーゼの皆さんは、濡れようが、我関せずと言った感じでお買い物を続けていました。


写真:ミラネーゼの皆さんは、矢張りお鍋よりファッションに興味があるようです。


追伸:自宅の近くの下着やさんで、とんでもない男性下着のディスプレイを発見。
Mizko、見た途端笑いが…どうにも止まらな~~い状態に。

人目なんて気にせず撮影しましたが、それを日記でご紹介しようか悩んでいます。
Readerの皆さん…見たいかな~~???











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて