December 2010

December 15, 2010

滞在許可証の要らない生活って楽ちん!!

20111225_6266d2

写真:前回ドイツのクリスマスマーケットについてお話しましたが、東京でもこの一角だけはドイツです。
建物も外灯も、ベンチも石畳も……。私のお気に入りの場所です。


どこの国に暮らすにも滞在許可証の収得は本当に厄介です。

ドイツでの経験とイタリアでの経験を2回に渡ってお話しましょう。

その前のアメリカでの経験ではこの2カ国ほど強烈な思い出はありませんから省きます。


先日の日記で、イタリア在住の日本人の方方のコメントも読んで頂いたと思いますが、その中にも滞在許可証収得の大変さはありましたね。

どんな国もただ荷物を持って行き、それで暮らせるわけではありませんからね。

私のイタリア滞在許可書「更新」体験をお話しますね。


更新の手続きは、イタリア人の女友達があちこちで吠えながら(?)、時に悔し涙を流しながら手助けをしてくれました。そう…イタリア人さえ、イタリアの生活の大変さに時には腹も立てます。

許可証が準備出来たので、警察署に取りに来いと連絡が来たのは、手続きをしてから10ヶ月後(!)。
でも周囲には「早かったね!」と言われました(!)。


必要という言われる書類を用意をして、受付時間内に警察署に行きました。
そうしたら受付時間内だというのに、「もう終了した」との一点張りでドアを閉められました。

翌日受付時間30分前の早朝に警察署に行くと、沢山の外国人がいました。
ドアが開き、何人かをドアの中に入れて、残りは今日は受付ないというのです。

「何で?????」。その回答すら誰からも得られず、翌日はもっと早く行きました。

一人の外国人女性が、紙に名前を書けと言います。そこには番号が振られていて、私は13番でした。そして彼女は「一日15人の外国人しか取らないのよ。私は15人中に入れず、今日で6回目なのよ」と言いました。

それで今までの疑問がクリアーになりました。

「それならそうとどうして前もって知らせてくれないの???」と誰もが思うと思いますが、こういう時は「それはね、イタリアだからなの。」といつもの様に諦めるしかないのです。

どうにか15人中に入れ、安心したのも束の間……やっと自分の番が来たら、「書類が足りないから、はい次の人!」の一言で帰そうとします。それに納得の行かない私は、強い口調で言いました。

”un momento per favore!!!”(ちょっと待ってください!)

次の人を部屋に招き入れようとする係員を制し、言われた書類が全部揃っていることを訴えました。
すると手続きする時に渡した〇〇書類も必要だと言います。

「それならそうと必要書類の項目のところにどうして記さないの??」という疑問があってもそんな議論は無用。「それはね、イタリアだからなの」とまた諦めるしかないのです。


私はここで帰されたら、許可証の受け取りがいつになるかわかったものじゃないので、引き下がりませんでした。でも何を言っても「ダメ」の一言。

最後には「私を帰さないで下さい!私は帰りませんよ!!その書類は家族に持って来てもらいますから!!」と言うとしぶしぶ係員は「分かったよ」と言ったので、私はその係員の横にぴったりくっ付いて、彼を見張っていました。

それは〇〇書類が届く間にこの彼が席を立って、他の係員に交代したら、また何を言われるか分からないからです。同じオフィス内の人でも、人によって言う事もやる事もバラバラで、ひどい経験もたっぷりさせられています。

「絶対に手続きは最後までこの係員にやらせ、許可証は絶対今日取る!」と「絶対」と言う言葉で自分の心をけし掛ける。〇〇書類が届き、晴れてイタリア滞在許可証を手にした時には、私の心は達成感で一杯でした。

大変な分だけ嬉しかったです。その後には冷えたスプマンテで自分に乾杯。また一つ乗り越えられた!
(先日の日記に書きましたが、本来許可証は5年間有効ですが、待ち時間10ヶ月分はその5年に含まれます)













madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドイツにて 

December 07, 2010

ドイツのクリスマスはSomething special!

e0d9e9899b1

写真:Mizko's'Via Marcona"のクリスマスツリー点灯!
表参道にいらっしゃることがありましたら、どうぞご覧下さいね!結構目立っております!
 
今年もアドベントが始まり、ドイツ国内でも有名なNuernberg(ニュールンベルグ)のChristkindlesmarkt(クリスマスマーケット)も今は真っ盛り(…のはず)。
 
(12月25日の4週間前の日曜日から24日までの期間をアドベント(待降節)と呼びます。 この頃からクリスマスに向けて本格的に準備を始めます。)
 
今までに色々な場所でクリスマスを迎えましたが、どこが一番良かったか???それは矢張りニュールンベルグです。

派手なイルミネーションや騒々しく繰り返し流れる「ジングルベル」より、私はドイツ式にアドベントを過ごし、クリスマスを静かに迎えるという方が好きです。寒いのは苦手なMizkoですが、クリスマスは寒い方がいい!ホワイトクリスマスならもっといい!!
 
日本にいると、クリスマスと忘年会、新年会、いつもの飲み会、普段のデートとの区別があまり分からず、私にとってはスペシャル感が何か薄いです。
 
アドベントの頃のニュールンベルグは、午後4時にもなれば暗くなり、段々に石畳から冷えが体に伝わって来ます。

そんな頃、FrauenKirche(女性教会)の前のHauptmarkt(マーケット広場)だけは、暗闇の中に沢山の露店の電気が煌煌と光を放ち始めます。

露店ではクリスマスの飾りやおもちゃ、乾燥プラムで出来たお人形などが売られ、Gluewein(ホットワイン)の湯気や焼きソーセージの煙が寒空に登り、いかにもそこだけは暖かそう!!誰もが立ち飲み、立ち食いを楽しみ、座ってお行儀良くお食事しましょう!!なんてここでは無視!これがドイツ流クリスマスマーケットの楽しみ方です。

ホットワインを注文する時には、マグカップ代も払います。飲み終わりカップを返却するとそのお金を返してくれますが、カップが欲しい場合はそのまま持ち帰れます。私の東京のオフィスで使っているカップも、何年か前のそのホットワインのマグカップです。

スタッフT(肉食系)と一緒の時には、焼き立ての50センチのソーセージのホットドッグを左右から二人で食べましたが、唇だけではなく顔までかじられるのではという程の迫力ある食べっぷりのTでした(?!)
 
何回かこの日記でもご紹介させて頂いているニュールンベルグ…本当に美しい街で、寒い冬は冬なりに大きな楽しみがある街です。
 
日本の仲良しさんと一緒に、ニュールンベルグのクリスマスマーケットで、寒い中肩を寄せ合いあつ~~いホットワインで、あつ~~い焼き立てのソーセージが食べたい!!













 
 
 
 

madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドイツにて 

December 04, 2010

2010年Mizko…私のバッグベスト3

aae5c3a1c2

写真:Mizkoはバッグが大好き!ブランドには全く拘らず、拘るのは、
そのバッグに惚れ込む自分の気持ちと私の体とバッグとのバランス!

2010年に自分用にゲットしたバッグも何点かありますが、その中のMizkoのベスト3はこちらです。


左:今回日本へ出発の一日前の大忙しの中に偶然出合っしまったFurlaのバッグ。それも100パーセント私好み。色…文句なし。大きさ…文句なし。重さ…レザーだと思えないほどかる~~い!

別売りのポーチはどうしようかちょっと迷いましたが、何万円もするわけではないのに、後になって「買っとけば良かったア~~」なんて後悔するのは、私の性格に合わないので、ゲット!

最近のお出掛けにはこのバッグが頻繁に活躍しています。
先日の急な雨…自分が濡れても、バッグはコートに包んで帰りました。


真ん中:これは2010年Mizkoのベストバッグです。以前日記でも触れましたが、私が長年探していた赤!
こんな赤が欲しかったんです。パリで見つけた時にはやっと出合えたと感無量で即ゲット。

ノンブランドで一点物でした。ケリーバッグでこの大きさがお洒落。今回のパリのムーランルージュのキャバレーショーに行った時には、黒のドレスにこのバッグを持って行きました。正にムーランルージュの赤。

現在このバッグはMizkoの宝物です。因みに赤のドレスを着た時に持ちたいので、同じ大きさの黒もゲットしました。現在そのバッグはミラノ滞在中です。


右:これはMaxMara。このバッグはレザーですが、雨の日でも心配がないので、雲行きが怪しい日に活躍します。抑え気味のゴールドなので、黒の服の多い私には、なかなかお洒落な色合いだと思っています。

実際に使ってみてあまりにも使い心地がいいので、現在商品としてアップされている全く同じバッグのピンクも、自分用にゲットしようかなと思っているのですが、私にあのピンク似合うかな……。


さて、今回の帰国後にまだレザーバッグはご紹介をしていませんが、そろそろと思っています。

先日、リング「マティーナフランカ」をお求めになり、オフィスに受け取りにいらしたお客様…真ん中のケリーバッグシリーズのピンクのケリーバッグに一目惚れ???

私の赤より大きく、一般的なケリーバッグよりはちょっと小振り。これまたサイズが微妙でキュート。
そして何より色がステキなピンク!ピンク好きにはたまりません!

Made in Franceで、これも一点しかなかった商品です。「なるべくお財布に優しく」がモットーですから、パリからミラノ、ミラノから東京にMizko自身が手荷物で大切に持って来ました。型崩れなく持って来るのが大変でした。

ですから大切に使って下さる方にご提供したいと思っています。それだけは守って頂くことが条件(?)で、送料込みで19800円で近日ご紹介致します。イヤですよ~~~、パリジェンヌ(?)のバッグさんを雨の日にびっしょり濡らしたりしちゃ~~~!可哀想ですからね~~。

このバッグに一目惚れ(?)のお客様は、もうそこで買っていらしゃりたいご様子でしたが、他のお客様にフェアーではないので、先ずはアップさせて頂き、後はお客様にHPのチェックと素早い行動でゲットして頂きたく思います。

正直な所、またいつ同じ商品をゲット出来るか自信がありません。
あれだけあんなに色々な町を歩いて、初めて見つけた色ですから。


また上記のお客様のように、商品を直接受け取りにいらっしゃりたい方、他の商品も実際にご覧になりたい方は、ご連絡頂ければMizkoがご案内させて頂きます。どうぞお気軽に「お問い合わせ」までご連絡下さいね。










madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本にて 

December 02, 2010

熱くなった夜!!!

1ed12317cf

写真:1日から表参道はライトアップも始まりました。

モバイル版のショップのサイトは、このクリスマス期間中、Dita van Teeseで飾ります。
男性商品がまだまだ無いので、男性の皆さんへのちょっとしたプレゼントです。

いえいえ男性だけではなく、パリのショーでは女性ファンもいましたから、彼女のゴージャスさを男女問わず楽しんでくださいね。


ある夜の私はセルフ酒…。セルフ酒というのは、一人でお酒を飲みに行くことです。

随分前にカラオケボックスに行った時、演歌の英語版がありました。
一人酒がSelf Sakeと訳されていて、それから私は一人でお酒を飲むことをセルフ酒と言っています。


私がセルフ酒をする時には必ず訳がある……。

先ずはいつものお店へ。そこはMizkoのセルフ酒を良く心得ていてくれて、そんな私の事を完全に放っておいたり、無視するのではなく、適度な話を適度に加えつつ、でも私の「一人」を尊重してくれます。

一軒目ではいつも通りのセルフ酒の時間を過ごし、最後の仕上げに行ったお店も知っている地元のお店。
カウンター席に座り、チーズの盛り合わせで、グラスの赤ワインを飲んでいる時でした。

3人の男性が入店して、私の左隣に日本人男性、その向こうに外国人、そして一番入り口に近い所にもう一人日本人男性が座りました。3人は英語で話していました。私は彼らに半分背中を見せながら「一人」に浸っていました。その為のセルフ酒ですから。そして少し経った時でした。


腹立たしさ第一弾:
彼らは私とチーズを無遠慮に交互に見ながら話し始めました。「彼女が今口に入れたこのチーズは〇〇で、横にあるオレンジのチーズはあれは美味しいんだよ。」「ほら彼女が今掴んだやつ!」「どれどれ?」なんて人の気も知らずに覗き込んでいる……これって失礼じゃありませんか?

距離がある所で話しているならともかく。初めは無視していたのですが、ああだこうだと話し続けていて、もう食べている気がしませんでした。「今彼女が食べたやつがさあ~~~」。私の頭の中でゴングが鳴りました。「かっち~~~ん!」

私は英語で「それなら召し上がりますか?」と言いました。びっくりしている3人の顔に向かって、更に「さっきからずっと眺めていて、チーズが美味しいだの仰っているんですから、どうぞ!」と言ってお皿を差し出しました。

そう言っている私の不快な声を感じ取ったのか、隣りの日本人男性は「この人はフランス人で、チーズが気になって仕方がないんですよ。」と日本語で言い、聞きもしないのにあれこれ自分の会社だの仕事を語りました。

Mizko聞き流し。


腹立たしさ第二弾:
その後、英語を私が理解してしまったバツの悪さを皆で話し出しました。今度はイタリア語で!私はイタリア語で「私イタリア語、解りますから!」と言いました。そうしたらまるで私のイタリア語を試すようにイタリア語で日本人男性は話しかけて来ました。

私が全部イタリア語で返すと、「イタリア語も解るんですね~~?へえ~」とその男性は私に言いました。自分は英語、イタリア語を話しておいて、私が話せると分かると、「へえ~~」と驚いたような言い方……それも失礼じゃありませんか?


腹立たしさ第三弾:
私は相手にせず自分の「一人」に浸ろうとすると、今度はフランス人男性がドイツ語で、「僕はドイツ語が話せるんだけど、君は解る??」と私に聞いてきました。これってテスト???人のこと試して!!

頭の中はもう腹立たしさで一杯!「カチ~~~ン!カチ~~~~ン!」と鳴っている。もう私はドイツ語でまくし立てました。自分の個人情報には一切触れませんでしたが、「ええ!と~~~ぜん!確かに!勿論!私はドイツ語が解ります!問題なく話せます!!」

これでもかとドイツ語で挑んで来たので、こちらも出来るだけ難しい単語も含めて返しました。


腹立たしさ第四弾:
さっきまで威張った態度で、私を馬鹿にしたような隣りの日本男性はガラリと態度を変え、「すごいんですねえ~~~!」と変に媚を売った感じでおだて始めました。

その豹変振りが気持ち悪い!

イタリアではこんな時には大喧嘩になりますが、穏やかな日本ですし、私も日本式を試みて、燃え滾る怒りも胸に秘め、お勘定を済ませて立ち上がった時でした。

甘ったるい声で、隣りの日本人男性が「帰っちゃうんですか~~~?」と言うので、私は顔も見ず出来るだけ冷たい声で「そうです!!!」と答えた時でした。ああだあこうだあと今度はナンパ!(はあ~~~~~~~???)あれだけ人の事馬鹿にしておいて……。


何を言われても振り向きもせず、表参道消えたイルミネーションの中、風に飛ばした渡された連絡先。
「絶対連絡下さいね~~!」……「絶対しません!」












madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本にて