August 2010

August 19, 2010

ミラノ式ハッピーアワー

e5307f5379

写真:こんなカフェでハッピーアワーは如何ですか?

やっとイタリアの夏が戻って来ました。でも昨夜は冷え込み、羽毛ふとんを出そうかと思うほど寒かった!

ここ1週間ほどよく雨が降りました。ドイツでは洪水で亡くなった方もいるくらいの悪天候。
夏女Mizkoは太陽が大好きなので、毎日毎日の雨に憂鬱になっていたところでした。
 
ミラノには独特なハッピーアワータイムがバーやカフェであります。

日本のハッピーアワーと言うと、アルコールのドリンクが安くなりますが、
ミラノではいつもと同じか一般的にはそれより高くなります。

しかしそれにブッフェ(バイキング)が付きます。
カウンターに並べられるブッフェはそのお店によってさまざまで、値段も5~10ユーロ位でしょうか…。

イタリア人はバールやカフェで食前酒を飲んでから、食事に行くことが多いですが、ミラノではこのハッピーアワーのはしごで夕食を済ませる人も多いです。

時には並ぶものがお粗末で、決してハッピーアワーと呼べず、私はアンハッピーアワーと悪口を言っていますが、お店によって種類も豊富で、美味しいところも沢山あります。

何種類のピザやパスタも並ぶので、色々なイタリアの味を楽しむのにもこのハッピーアワーは見過ごせません。
一杯目はこのお店。二杯目は他のお店とすれば、また違う味を楽しめます。

私はミラノのこの八ビーアワーが大好きです。

ハッピーアワーに10ユーロも出せば、巨大なシャンデリアがぶら下がるお店で、美味しく、心は優雅な時間が過ごせます。
 
お洒落なカフェのテープル席では、カウンターの食べ物をお皿に入れてウエイターが席に持って来てくれる場合と、バーのようなところでは、自分で取りに行き、席で食べる場合があります。

カフェでもバーでも座らずに立ち飲みの場合は、勝手にカウンターから取って食べます。
初めの頃はこの光景がつまみ食いをしているようで奇妙でしたが、慣れれば気楽で且つ楽しいです。
 
時間もお店によって異なりますが、午後5時頃から9時頃までです。
この間に飲み物しか頼んでいないのに、あれこれ食べ物が運ばれて来たら、「ハッピーアワー」と思って下さい。
 
ミラノにいらっしゃったら、是非このハッピーアワーを体験してください!
(但し、8月中は閉店しているお店が多いです)
 
これに慣れているMizkoは東京にいても午後6時頃になると、仕事が残っていてもソワソワ落ち着かない。
古くからのスタッフは知っている……Mizkoの体内時計はそろそろハッピーアワーのお時間!!











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 16, 2010

Mizkoはスカラ座のマダムバタフライ???

dd0cb06467

写真:窓ガラス割られています、 いや~お気の毒に!
特に今は人口がぐっと少ないので、ここでの生活は油断禁物です!


ここ数日のミラノは大雨に時々雷が鳴り、寒くてイタリアらしくない夏です。
 
昨夜は日本食を食べに行きました。
寒くてたまらないので、先ずは熱燗。カウンターの私のお隣でも、日本人男性が熱燗を飲んでいらしゃいました。

久しぶりの日本語を板さんと話し、そのお隣の方はこちらに長く住んでいらっしゃるとこのこと。
その方に「音楽をやられている方ですか?」と訊かれました。

実はイタリアではこの質問をよくされます。
その後が続く……(ここで、私がカラオケで騒いでいるのを知っているお友達の皆様は笑わないように!!)

それも必ず「オペラの方?」と訊かれる!!!これ本当なんです!
もう何度もそう訊かれました。その中でも取って置きの経験をお話しますね。
 
何年か前ミラノ、スカラ座近くの本屋さんで、キャッシャーで支払いをしようと声を出した瞬間、間髪入れずに日本人の老紳士が「オペラの方でしょ?!そうあなたオペラの方だあ!!」と自信ありげに私に言いました。

突然の出来事に戸惑う私は言葉もなく、「はあ~??」という顔をしていたら、その方は続けて「そうだ!!そうだ!あなたオペラの方だ!!」……益々断定している。それ以上断定されても困るので、「いえいえ私はカラオケをたしなむくらいです!」とやっと言いました。

「えっ~~オペラの方じゃない??本当ですか?てっきりオペラの方かと思った!それは残念だ!是非あなた、オペラをおやんなさいよ!あなたがオペラをやったらいいわぁ!」
(おやんなさいよって言われてもぉ~~)

パリ在住でミラノ、スカラ座にオペラを観にいらっしゃったというその老紳士……そんな風に私を見る人もいるものなのかしらと驚いた翌日の路上マーケット………
 
イタリア人の女性が大きな声で、私の顔を覗き込みながら「あなたオペラの人よね!スカラ座に出ているマダムバタフライよね!!」と自信ありげに満面な笑顔で私に言いました。

今回は即座に「違います!」ときっぱり答えたのにも拘らず、「そうよ、マダムバタフライよ!」と私の否定も完全無視。その上周囲にまで「彼女、スカラ座のマダムバタフライよ!」と言いふらす。

私の周りにはどんどんマダムMizkoバタフライを見に人が集まって来ました。
否定を続けると「恥ずかしがらないで!!」なんて私に言う。

ただでさえもイタリア人の会話に言葉を挟むのは困難なことなのに、自信満々の彼女はもうどうにもとまらない!その上皆が歌って歌ってと言う!!多くのイタリア人に囲まれた私はもう完全にヤケ!!

有名な一節「あ~る晴れたア~日♪♪♪」と日本語で歌い出し、「ほら、オペラの声じゃないでしょ??!それにイタリア語で歌えません!!」と怒って言いました。それでやっと皆さんに納得して退散して頂きました。

この話をしたらイタリア人の友達に爆笑されましたが、多くのイタリア人に一人下手なイタリア語で対抗する私の身にもなってぇ~~!他の解決法がとっさに思い浮かびませんでした。
 
蝶々夫人は私も好きなオペラの一つですが、それにしても他国では不思議なことが起きるものです。
それも連日…。

オペラの国イタリアだから?
真冬の白昼夢?それとも古い石畳のマジックでしょうか……?













madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 12, 2010

真夏の夜の夢?!

5e9157f7b5

写真:ミラノのネクタイやさんです。カラフルできれい!!


(前2話からの続き)
フォワキン似の彼が突然いなくなり、それから30分位した時でした。
私はその時の驚きを今も忘れはしません。
 
真っ暗な古い石畳の道をこちらに真っ直ぐ歩いてくる男がいます。

そうです!例の彼です。
黒のパンツの上はぴったりした真っ赤なシャツに着替えています!!

オーラがいつもに増して迫力があり、私を見る目が、まるでインパラ(鹿の一種)を狙うライオンのように怖くて、ライオンに追い詰められたインパラのように私はもう身動きが出来ませんでした。

これにはそこにいた誰もが「挑戦!」と読みました。
と言うのも、実はその時私には連れの男性がいて、彼が真っ赤なシャツを着ていました。

私の左隣に座っていた連れも「なんだアイツ!!」と不快な声を発しました。

フォアキン似の彼は一言も発せず、それまで一度も私の隣に座ったことはないのですが、迷うことなく右隣に座りました。日に焼けた素肌に着た真っ赤なシャツは、誰が見ても私の連れより似合う!

しかし彼は隣にいながらも私に背を向け一言も話し掛けず、ただ憎らしいほどかすか~にコロンの香りがしていました。

皆動きを止めて私の出方を静かに見ていました。
そう…皆理解していました。その真っ赤な背中が私に尋ねている……「Si o No?( Yes or No?)」と。
 

そんな事が起きるのも、アモーレの国イタリアだから?それとも真夏の夜の夢?
または古い石畳の魔法でしょうか…?

その時のMizkoの答え……?
Si(yes)であれば、今私はここでこうしてはいません。

じゃあ何故No?

言葉巧みで行動が伴わないのも嫌ですが、パフォーマンスがどんなに熱く積極的でも、会話が物静かで、ジョークも言わない男性…Mizkoを良くご存知のお友達の皆さん、Mizkoに似合うと思いますか?

皆さんの声が一斉に聞こえて来ます…「NO!」。
ですよねぇ~!








 



madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 11, 2010

アモーレハンター(?)の行方

6ecacb20611


写真:左手前プラダ本店、右奥はグッチです。最近では中国人ツーリストのたまり場です。

(前回からの続き)
それは5~6年前の夏。私はマジョーレ湖畔で数日を過ごしました。イタリア人の隣人の女性が「私はサディーニア島の別荘に行くから、私のマジョーレ湖畔のヴィラ使っていいわよ」とポイっと鍵を貸してくれました。

彼女は2軒別荘を持っていて、貸してくれてヴィラはそれは驚くほど素敵な大きな館でした。その館から湖までは徒歩10分ほどで、その間に小さなパンやさんやお肉屋さんがあり、そこに一軒のバーがありました。

一人でその道を歩いていたら、一人の男性が入り口の壁にもたれて立っていました。

私も長い間フラメンコを習っていて、スペインの男性フラメンコダンサー、フォアキン・コルテス……アルマーニのスーツを着て激しいステップを踏み、最後にはアルマーニの、ジャケットを脱ぎ捨てて踊るセクシーダンサーとして日本でも有名で、私も何度かステージを見に行きました。

そのフォアキンを一回り小さくしたような男性が立っていました。長い黒髪を一つに結び、黒いひげ、焼けた肌…見たからに危ないタイプと感じ取り、そのまま前を通り過ぎました。

その辺りにしかお店はないので、私はそのバーの前を何回も通り、その度にその男性は私を見ていました。その見方が怖いくらいに鋭くて心地が悪い。そこを通る時、その男性がいないとホッとしました。

小さな村なので、何度もそこを通る度にバーのオーナや常連さん達とは顔見知りになり、その内にカフや冷えたビールを飲むようになりました。

しかし例の男性は私に声も掛けずに、ちょっと距離をおいた所で鋭い視線で私を見ている。

あまりにも遠慮もないその視線が不愉快で、遂に私は怒った感じで強気に「なあに?私に何か用??」と彼に問いかけました。

彼は苦笑いをしながら、自分の事を静かに話し出しました。話してみたら物静かな男性で、見た目よりずっと年が若いし、会話の中で私に言い寄って来るわけでもないので、「なんだあ~~、若い男の子がこの辺りにいない日本人が珍しくて見ていたのね」と解釈し、それを切っ掛けに会う度に挨拶をするようになり、ただ見られている心地悪さから開放されて私はホッとしました。
 
それからは私の連れの男性も加わり、オーナーや常連さん達とそれにそのフォアキン似の彼も含めて時を過ごし、滞在最後の夜は皆とさよならパーティとなりました。

最後の夜、彼は相変わらず入り口のドアにもたれて静かにビールを飲んでいたのですが、そろそろお別れの時が来た頃突然いなくなってしまいました。

「あれ帰っちゃたの?」と皆で言って、「さよなら」も言わないで変な人だと私も思っていました。
 
次回の日記に続く




madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

August 08, 2010

ミラノの男性はナルシスト?!でアモーレハンター!

b1dc20f40c

写真:ミラノ、ナブィリオ地区。運河の両側には、アトリエ、バー、レストランが集まっていて、Mizkoが好きなスポットのひとつ。運河の水を抜いて時々お掃除をするので、お水もきれいで、マスが沢山泳いでいます。でも夜は蚊の襲撃に要注意!

日本でのイタリアに対するイメージの中で、女性に言い寄るイタリア人男性も有名ですね。
さあそこで今回はそんな彼らのお話をしましょう。

女性はそんな男性に要注意!男性は彼らのアプローチテクニックをご参考(?)にして下さい。
お話はあくまでもMizkoの印象ですが……!
 
ミラノの男性は、先ずはナルシストな印象が強いです。
何なんでしょうか??あの自信溢れるオーラに加え、「俺って良い男だろう!!」と言う自信に満ち溢れた態度。
なかなか他国、他の街では見られないタイプが多いです。
そして日本のイメージにある軟派なイタリア男性の印象とも違い、女性へのアプローチはクールに思えます。

クールと言うのは、アプローチ方法がということで、アプローチをしないということではありません。べらべら単に言葉を掛けてくるのではなく、さまざまなシグナルを発する・・・。

とかく外国人の男性は女性へのアプローチは積極的で、女性の環境も全く無視で、女性が男性と一緒であろうと、自分が女性と一緒であろうと、ここ!と言う時には、さまざまな方法でアプローチを仕掛けてきます(私も長い間女性をやっていますし、海外生活も長いので、多少なりともそんな経験はあります)。


高齢の男性がよろよろしていたので「大丈夫かしら…」と心配になって見ていた時……、寒い雪の夜に工事現場で働いていた男性を「大変な仕事だなあ~」と見ていた時……、身長150センチ位の紳士が高いバーのイスに座れず飛び跳ねていたのが、可笑しくて見ていた時……、私の視線に気がついた彼らは満面の笑顔を私に浴びせかけ、ウインクをし始めて、アプローチして来ました!

「誤解です!!誤解!!!素敵だと思って見ていたんじゃありません!!!」と叫びたくなりました。
もう油断も隙もありません。お年寄りでも男性は男性!気遣いも気安く出来ません!
 
今日も、なかなか来ない路面電車を待ちながら、自分の視線の行き場も考えずに、物思いにふけっていました。ふと気付くと、目の前にスーツ姿の男性が立ってこちらをじっと見ています。

「違います!違います!!あなたに興味があって見ていたのではありません!!」と叫べない心中の代わりに冷たい視線で睨みつける……それが私からの「No!!」のシグナル。

視線の行方もしっかり自己管理しないと、誤解されます……「俺に惚れたな!!」って。

この自意識過剰には年中腹を立てています。男性として自分に自信が持てないのも困りますが、ここまで過剰になられるともう呆れてしまいます。

イタリアをご旅行なさる女性の皆さん!
旅の開放感から、イタリア人男性に意味もなくニコニコしないようにしましょう。

その気があれば別ですが…でもそれでトラブルに遭っても、自己管理をしていなかったということになっちゃいますよ。

何しろここはアモーレの国で、彼らは狩りをするアモーレのハンターで、そんなアプローチは普通で罪はなく、それを受けるか、受けないかは女性側の判断次第なんですから。
 
しかし5年ほど前の夏、今までにないアプローチを受けました…続きは次の日記にて。

















madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて