June 2010

June 29, 2010

祭りのあとで……

a7914119ae

写真:Mr.&Mrs.Sさんへ…きれいなお花を有難うございました。


バースデーを終え、また新たの年のスタート…。

6月17日から始まった、バースデー祝いを含めた友人達との集まりも今落ち着いたところです。

今年は特に、なが~~いお祭りだったような気がします。
皆さん本当に有難うございます!


こうした楽しい時間を過ごしていると、もうこのままずっと日本にいようかなんて思ってしまいます。
昔みたいに日本に戻ってくるのが、1年~1年半に一回ではなく、ほんの暫しの別れであっても、矢張り寂しい…。

それに日本にいると当然ながら安心感もある……(日本経済の先行きには不安はあるけれど)。

日本にずっといようと思えば出来ないこともないし、ミラノは旅行で行くなら素晴らしいけれど、決して生活は楽ではない……。ミラノだけではなく、海外での生活はそうそう楽ではない。


じゃあ何故?それがMizkoらしさなんだと思います。

海外生活云々という事ではなく、私は安定して慣れ切った生活の中で見つかる安らぎより、それによって見失ってしまうものが怖い…。


安定=安らぎ…これは私も望みますが、その後に続く、安定=安らぎ=居心地の良さ=楽…。
楽を得て失うものって沢山あるように思う。

そして得られる物(と者)が当たり前だと思う気持ちになりたくない。

日本を離れるから、日本が恋しくなるし、限られた日本での時間を大切にも出来ます。

いくらミラノで和食が食べられると言っても、本場日本の懐石料理を目の前にすると、一つ一つの器の美しさに感動し、季節感溢れる盛り付けと、その繊細な味に感動します。

先日京都で見た雨に濡れる新緑の庭園は、日本ならではの風景で美しかったです。
外で暮らすからこそ、日本での感動が大きい。


人間関係も同じ事……。いつでも近くにいて会えるとなると、「じゃあ今度」と言って結構会わぬもの。
海を隔てて離れる分、会った時が新鮮で、一緒の時間が貴重になります。

そして暫しの別れすら、惜しくなる。
会えることが当たり前になってしまうと、一緒の時間も時を経て色あせる……。

それに海を数カ月越えただけで疎遠になる関係なら、もともと縁がなかったんだと思う…。


会えない時間がスパイスになり、会いたい分だけ心が燃えて、再会に心ときめかせ、会えた時には、その一緒の時間が輝く……会えない時間は自分磨きの時間と思い、冒頭のような心は切り捨て、私は毎回成田を飛び立ちます。











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて 

June 21, 2010

バースデーを迎えて…

4ef44777d6

サッカーワールドカップの年のバースデーは私にとっては特別な思いです。


8年前日本・韓国で開催された年のバースデーは人生で一番の悲しみの中にいて、
これからどう年を重ねて行くのだろうと予測も出来ませんでした。

イングリッシュパブやスポーツバーに誘われても、行く気には到底なれず、「人の苦しみも解らないで」と素直になれませんでした。しかし周囲はそんな私を無理強いし、引きずるようにして連れ出しました。そうしたらどうでしょう、沢山の人達のエネルギーを浴びて、私の中の邪気が抜けて行くようでした。

特にスタジアムに観戦に行った時には、無意識に興奮し、応援して大声を張り上げる度に、私を苦しめていた悲しみから開放されるようでした。私はそこで、こんな時こそ閉じこもっていては前に進めないと実感しました。


そして4年前のドイツでの開催。
そして2010年南アフリカでの開催。

愛する人を失った悲しみは消えることは決してないけれど、あの時全く見えなかった今日を
私はこうして生きています。


人は人に傷つき、苦しむけれど、同じく人に助けられて、生かされる…。そう実感しています。


今日という日をこうして迎えられたのも、いつも私を支えて下さっている皆さんのお陰です。
本当に有難うございます。


誰の人生もたった一度切り。今日の日も戻らない。
これからもMizkoの人生のテーマであるLove(愛), Passion(情熱), & Challenge(挑戦)を伴って、
時には皆さんに元気なパワーを贈れるように、これからも精進していきたく思っています。

どうぞこれからも宜しくお願いします。

そして今は亡き両親に、私の感謝の気持ちが届きますように!

特にこの日には、産んでくれた母を思います。感謝!合掌。


浪速のYさんへ:送って頂いたCDを聞きながら、この日記を認めました。
あなたが仰る様に、心に響き、癒されました。本当に有難うございました。

もうすぐブラジル対アイボリーコースト戦…。でも起きていられるかな~~。
カカ頑張れ!でも眠~~い!



写真:2009年ポルトガル、リスボンにて。かなりの暑さで、夏女ミッチョリーナもちょっとバテ気味。











madame_mizko at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて 

June 19, 2010

サッカーワールドカップ、日本頑張りましたが……!

36b2812715

今夜はあつ~~~い夜でしたね。
ニッポン……残念!!!

惜しいシーンがいくつもありましたね。

しかしMizkoは、実際には、どこのチームのファンかとの質問には、なかなかお答え出来ません。

勿論日本チームには頑張ってもらいたいですが、ポルトガルのロナルドも応援したいし、ブラジルのカカが好き……とだんだんチームというより、プレーヤーの好き嫌いになってくる。

イタリアはお世話になっているので、矢張り応援したい!長年住んだドイツも一応応援しないと…で結局、どこのチームとひとチームだけに絞れません!!


8年前は日本にいたので、連日友人達とフェイスペイントをしてスポーツバーで観戦したり、
チケットを手に入れ、何回かはスタジオにも観に行きました。

今回はフェイスペイントは??ですが、応援グッズをミラノから持参しました。
4年前にはミラノで観戦。その時にゲットしました。残念ながらJAPANはありませんでした。

応援グッズをお見せしますね。
ボールバッグ、キュートじゃありませんか?

日曜日の夜、これを持ってどこかのお店でイタリアを応援します!
小さいのはピアスとヘアーピンです。


頑張れ日本!頑張れイタリア!頑張れドイツ!頑張れポルトガル!頑張れブラジル!
(スミマセン!応援チーム多くて!)











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イタリアにて 

June 16, 2010

帰京!

39a74322fe

岡山でのたった4泊の滞在で、結局2度尾道に行き、いつものお鮨屋さんでお夕食をお世話になりました。


在来線で東尾道を過ぎると、私はいつも車窓に釘付けになります。しばらくすると左手に尾道大橋が見えて来て、そこからの尾道水道の風景は圧巻!!

もう数え切れないほど見ている風景ですが、感動は毎回!


お鮨屋さんの仲良し家族の皆さんに暖かく迎えられ、今回はメール一本で、もう一人ステキな方が駆けつけて下さいました。

このお店で知り合い、Mizko'sVia Marconaのお客様です。
お仕事場から直接来て下さったその手には、Mizkoがミラノで買い求めたピンクのレザーバッグ。

「色も可愛いし、使いやすいし、毎日持ってるわよ」……。嬉しい限りです。
その夜は一緒に飲んで食べてすっかりお友達になりました。また尾道を訪れるのが楽しみになりました。


旅の最終日は雨の京都で一人歩き。

いつもは嫌いな雨も、こんなに新緑が美しく、静かな街では心地よく…。、時に雨脚が激しくなり、軒先でしばし新緑を打つ雨を眺めていました。雨脚が激しければ激しいほど、心の中のネガティブな感情が洗い流されるよう……。


ふと見つけた小さな和菓子屋さん。お抹茶と「あぢさい」という和菓子を頂きました。
ほろ苦いお抹茶と優しい和菓子の甘さが、何と繊細な味のバランスなんでしょう!

美味しい!!海外生活が多いですが、こんな時自分の中の日本人を感じます。


東京に戻り、早速妹分からの電話…「今日早く仕事が終わったから、すっぴんでもいいから今すぐ出て来て!」。
その瞬間、”東京の生活に戻った”と実感しました。













madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本にて 

June 08, 2010

岡山にて

88f8f7bbc4

只今岡山でこの日記を認めています。
実は今宵のミッチョリーナ、ある理由からかなりしょげておりまして、皆さんに楽しい話題は提供出来ないと思っていました。

泣いていても、笑っていても1日24時間は変わらない……。ならば一度切りの人生は無駄には出来ませぬ。しょげた気持ちが変えられなければ、場所を変えようと乗りました在来線。

着いた先は前にもお話しました、ミッチョリーナの心のふるさと、尾道。
着いた時には夕焼けに染まる尾道水道が向かえてくれました。

あ~ここまで足を延ばして良かった。いつもの渡船、向島、見慣れた風景が癒してくれます。
そんな中向かった先はいつものお店。

えびの酢の物に加え、お酢をおかわり。ミッチョリーナはお酢をぐいぐい飲み干すほどお酢好き。焼いたふっくら
アナゴにめばるの煮付け。お魚の食べ方は今回もお父さんに満点を頂きました。もくもくと食べて写真撮影はすっかり忘れました。

それだけでもしょげた心は癒されましたが、効果は次でした。
「Mizkoさんのショップの日記毎日見ています」……。

一人でもそう言って下さる方がいる限りしょげてはいられませぬ!!!
そう言ってくれたYちゃんアリガトネ(尾道弁で言っています!!)

それどころか今宵も多くの方々がこのHPを見て下さっていますね。
有難うございます!

そんな皆さんに今回はちびっこライオンのショットをお送りします。キュートで触れたくなりますが、サファリ中車から降りるのはタブーです。ミッチョリーナの怖いもの…のひとつはライオンですから。

サバンナのライオンの迫力は、動物園のライオンと比べ物にはなりません!!!











madame_mizko at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本にて