Mizko流芸術の楽しみ方をご一緒にMizkoのお食事紀行Part 1

November 08, 2012

Mizkoのセルフ酒紀行

私は…友達とワイワイやるお酒は好き仲良しさんと肩を並べて語らいながらのお酒も大好き
そして一人でお酒を飲む時間は、誰にも奪われたくない Selfsake in Aoyama                  
                  (写真右:出発前に青山にて)
Selfsake in Bangkok(写真左:バンコクにて)

ある日東京のカラオケに行ったら演歌の英語バージョンがありました
Mizkoのキャラですから、「おもしろい歌ってみよう」と歌ってみたら、「一人酒」の英訳が「self sake」でした。何故かそれが気に入ってそれから一人で飲むお酒を「セルフ酒」と呼んでいます。
そうしたら、私の友人達にも浸透。「今〇〇でセルフ酒やってま〜〜す!」なんてメールが来るようになりました
          (写真右:ミラノのHappy hourおつまみが嬉しいSelfsake in Milano-1
Selfsake in Nuernberg(写真左:ドイツ、ニュールンベルグにて)

「セルフ酒」…
Readerの皆さんも覚えて下さいね。これからもこの言葉は、この日記に度々登場すると思いますので

そして今回は写真で、「Mizkoのセルフ酒紀行」をご案内します

また昼間からお酒という印象をお持ちになると思いますが、ついこの間まで、夜7時頃までは明るかったですし、ここでは、ランチでグラス一杯くらいのアルコールというのは普通のことですから
      (写真左:ウィーンにて。本場ウィンナーソーセージとビールはたまりません
Selfsake in Vienna
ここで注意をして頂きたいのは世界の街で私は一人であちこちに行きますが、それには厳守すべきルールがあります
世界のどこにでも、いつもの自分の物差しでは計り切れないリスクは沢山有るもので、それを甘く見たらいけません
2 スロバキア、ブラチスラヴァー2
(写真左:スロバキア、ブラチスラヴァにて。これは本当に美味しかった

ここミラノでさえも、東京とは、セルフ酒の量も時間帯も全く違います
女性が一人で夜10時11時に食事をしたり、お酒を飲んだり出来る環境ではありません
夜10時まで明るい夏場と違い、今頃の季節にMizkoの決めた門限は遅くて9時ですからSelfsake in Slovenia
      (写真右:スロベニア、ポルトロスにて)

ルールを厳守した上での海外での「セルフ酒」ですので、決して気軽な気分で、海外でのMizkoのセルフ酒をマネしないで下さい
8 croatia,poreci-6
(写真左:クロアチア、ポリッチにて)

ルールを守り、経験から、どんな装いで、どんな態度を取って、この時間帯にこの国ではどんなお酒を飲むべきかを理解した上で、お酒とその空間、そして一人の時間を楽しむ『大人の女のセルフ酒』です

女性の一人旅の注意点は、またゆっくりお話しましょうね

               

ではReaderの皆         (写真右:ミラノにて)Selfsake in Milano-2
「乾杯!」
「Cheers!」
「Prost!」
 「Cincin!」
「Salud!」
「Sante!」


madame_mizko at 06:37│Comments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Mizko流芸術の楽しみ方をご一緒にMizkoのお食事紀行Part 1