Mizko好みのコミュニケーション方法Mizko流芸術の楽しみ方をご一緒に

October 30, 2012

Mizkoのコミュニケーションの発端は?

Mizkoからのお知らせ
今年夏からMizko's Via Marconaには、広島県福山市にスタッフ(愛称ネロ)が加わりました。
彼女はこのような仕事は初めてですが、兎に角行動的で、頑張りやさんです。
そしてその彼女が企画をした展示即売会が11月に開催されることになりました。
(その情報はHP上段をご参照下さい。)
Mizkoが世界の街を歩いて見付けた商品が、お手に取ってご覧頂けるチャンスですので、是非お近くの
方はいらっしゃって下さい。
何しろ初心者のスタッフですので、会場で何かと行き届かない点もあるかと存じます。
どうぞそこは、暖かいお心でご理解とご協力のほどを心よりお願い致します。

ウィーン、スワロフスキー−1
(今回の写真は、この間の旅行から『ウィーンの芸術的なお店、商品』がテーマです。)

Mizkoは、コミュニケーションが好きなだけではないんです。
私は人に教わることが大好きなんです

分からない(解らない)ことを、聞く事を恥ずかしいとは全然思いませんし、自分のプライド云々よりも部下であろうが、年下であろうが、時には子供にすら、私の知らない事は教えてほしいという気持ちが常にあり、それを日本を初め、世界のどこででも実行します。

Mizkoの知りたい…その興味、好奇心は限りがないので、質問は尽きません。

シチリアのパレルモのバーのお兄さんには、(映画「ゴッドファーザー」に出て来るようなマフィア顔だったので)「マフィアはどこに住んでるの今のマフィアの活動はところであなたはマフィア機関銃でバババババ〜〜〜なんてしないの」と質問しましたっけ〜〜私の質問に大笑いのお兄さんでしたがシチリアンマフィア顔でしたウィーン、スワロフスキー−2

今回の旅でも色々質問させて頂き、教えて頂きました。

特にウィーンのお店では、入店すると大体英語で話し掛けられましたが、途中からMizkoのドイツ語での質問の嵐現地の言葉だと店員さん達の態度はガラリと変わり、こちらも親しみが湧きました。

ウィーン、スワロフスキー−3スワロフスキーのお店では、スワロフスキーの中でも珍しい商品の説明をたっぷりとして頂きました。(お店のディスプレイもスワロフスキーのクリスタルの輝きでうっとり
ウィーン、ブチボワン−1
そして有名なプチポワンのお店では、作業の行程を詳しく説明して頂き、お店に並んでいない商品の注文製作も受けて頂きました。
写真は、お店の中で一番高価なバッグで、2.5㎠に刺繍のステッチが3500目。子供の頃刺繍を習っていた私には、夢のような作品です。絵柄はオーストリア、ザルツブルグのミラベル宮殿から見たホーエンザルツブルグ城塞。私がザルツブルグで一番好きな風景です因みにこのバッグのお値段…日本円で30万円します。多分日本では倍くらいの価格でしょう商品というよりも、芸術です

ドイツのあるお店では、ミラノが大好きでイタリア語を習い始めたというオーストラリア人の店主と英語、ドイツ語、イタリア語で盛り上がり、ドイツのデザイナー達の作品についてあれこれ教えて頂きました。
そこで買った商品は、彼女の方から、50ユーロの値引きをしてくれこの出会いを、とても楽しい出会いだったと言って、シャンパンを一本私にプレゼントその上に、私のわがままを叶えたデザインのネックレスを製作してくれることになりました(これぞ世界で私だけのネックレスです
ウィーン、チョコレート−1
大人ですから、判断や行動は、今までの自分の経験から決定をしますが、但しその件で私より経験や知識のある人には必ず「こういう時にどうしたらいいの?こうするのってどう思う?」の質問はして、意見やアドバイスを仰ぎます(自分の経験なんて、まだまだたかが知れていますからね)。

時には、「この人…メールも態度も殺風景なんだけれど、私のこと嫌いなのかな〜〜」なんて質問して、「あのね〜〜日本人はイタリア人じゃないんだから、そんなもん」と教えて頂く事もあります

そして逆を言えば、経験や知識を教えてくれる人が好きです

この教わり好きから、質問が生まれ、教えて頂く内にコミュニケーションが成り立っている

ウィーン、チョコレート−2そして矢張りこうしたface to face(面と向かって)が一番ですが、メールでも個人個人でのやり取りが一番好きです(こっそり密談みたいで)。個人のコミュニケーションとしてのFacebookやTwitterはホント苦手ですね〜〜

上記の写真はスペインのリヤドロと並び、ドイツの世界的に有名な高級陶磁器人形ブランド「フンメル」をモチーフにしたBOX。マウスほどの大きさのその箱の中身は何とプラリーネこんな芸術的なチョコを見たら、甘いものは苦手…なんて言っていられません。即購入お値段20ユーロ也。


madame_mizko at 16:25│Comments(0)TrackBack(0) イタリアにて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Mizko好みのコミュニケーション方法Mizko流芸術の楽しみ方をご一緒に