再会 久々のミラノの美容室

September 11, 2012

ミラノ庶民の味方、メルカート

本当はここ数日Mizkoは大変怒っていますこの国はこれでもかこれでもかとあまりにも納得が行かないことが毎日のように降り掛かって来ます海外暮らしは決して楽ではありませんが、こうも筋の通らないことが通ってしまう国も珍しい。それで日々呆れたり、悔しい思いをしたり腹も立つ
今回はMizko、イタリア人男3人を相手に爆発してしまいましたよ〜〜極妻Mizko

今やっと周囲のイタリア人に訴えて、少し気持ちが落ち着いたところです。
このお話はまた次の機会に是非聞いて下さいね

さあ気持ちを切り替えて今回はメルカートのお話です

露店マーケット…イタリアでmercato(メルカート)はミラネーゼにとって大事な生活の一部です。
何千ユーロもする毛皮から古着、靴,化粧品に雑貨、お魚やさんに八百屋さん、チーズにグリルしたチキン、お花屋さん等々が決められた曜日に路上に並びます
日本やドイツのような一軒でなんでも揃う百貨店がないミラノでは、メルカートはまるで大きなスーパーマーケットのようです。

木曜日には私の家の横の道にずらりとお店が並ぶので、本当に便利です
(本日です!もう日本語で言う「いらっしゃいいらっしゃい!」が聞こえて来ています。)

それにメルカートでは色々な地方からのイタリア人や外国人がお店を開いています。
中国人は勿論、アフリカやアラブ、南米の人達も多いです。

矢張り有名ブランド店が並ぶ通りも良いですが、私はどの国に行っても、その土地の人の生活に触れるような場所が好きですそんな私にとってこのメルカートはミラノ庶民の生活に触れられて、私にはとても興味深いスポットです。私はここで沢山のイタリア語を学びました。
「これイタリア語で何て言うのですか?」7 venerdi mercato-4
「ゆっくり発音して下さい。」
こういう時に彼らは本当に協力的です
語学学校に通っていた頃には、宿題も手伝ってくれました
私にとってのメルカートは、ミラノ生活、イタリア人のメンタリティー、そしてイタリア語を学ぶ場所です。沢山の語学学習をして来て、言葉だけを学ぶのではなく、その言葉を話す人達のメンタリティーを知る事がとても大切ですそれが無いと活きた言葉は習得出来ません。
ですからメルカートは学びの絶好の場所です
日本のようなホスビタリティはありません。お客様は神様ではありません。お店のオジさんに「おい!」なんて呼ばれます。油断出来なくて気をつけなければならないことも一杯あります。
しかしここにはガイドブックにはないミラネーゼの生活があります
観光でいらっしゃる方は、ブランドばっかりを追うのではなく、こんな所でミラネーゼの生活に是非触れてみてください。毎日あちこちでメルカートは開催されています。情報は……Mizkoまで

今年はダークグリーンが流行っています。町中のブティックでも同じ。
さてMizkoがメルカートで買ったのは、ブラジルブランドの「MIEZKO」のレオパードローファー。
東京ではローファーは履きませんが、石畳を歩くと靴のかかとがすぐ傷つくので、こんな靴が重宝します。6 木曜メルカート ブランド名もMizkoに似ています 私はアニマル柄が好きなんじゃなくて本物の野生動物が好きなんです特にレオパードは大好きなかなかアフリカのサバンナでも見られませんが、タンザニアで見た時には大感激
7 venerdi mercato-3愛しのレオパードちゃんとお出掛けします

 
6 木曜日のメルカートで買った





madame_mizko at 04:17│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
再会 久々のミラノの美容室