Mizkoの遠距離恋愛???夏女Mizkoもびっくり!

July 12, 2012

Mizkoのお買い物

桜が咲く前に日本に戻り、それからアッと言う間に7月。
あらあらミラノに帰れるのはいつのことやら〜〜〜!

さて前回は、広島県福山市のコムサのKちゃんのMizkoにオススメコーディネートをご紹介しましたが、
早速行って来ました……新宿のコムサストアへ。そこでは初めてお会いしたFさんにお世話になりお買い物。
Kちゃんのお陰で前以て情報を貰っていたので、助かりました。
買った物は……秘密。お友達の皆さんには徐々にお披露目しま〜す。
ちょっと最近エレガントに飽きていて、スポーティーなイメージを揃えました。
Kちゃんへ:買った商品はあなたには写メールしますね。本当に有り難う
Fさんへ:お騒がせしました(笑)。クロのパンツのチョイスはとても良かったです!有り難うございましたあなたの口癖?「あらまっ!」が受けました


下町七夕祭り−18 下町七夕祭り−2
(左:びじんになりますように…これはいくつになっても女心。右:右側は神になれますように…う〜〜ん

8下町七夕祭り−58 下町七夕祭り−3
(左:いごのプロのなれますように…渋いですね〜 右:モデルになれますように…なれるといいね〜

8 下町七夕祭り−6(江戸の下町の夏のお祭り大好きです

それから最近衝動買いをしました
それは………浴衣と帯
江戸のお祭りをはしごしていたら、急に浴衣が着たくなりました。
でもお気に入りの浴衣はミラノだし、東京の自宅にあるのは母の浴衣で、見ると亡くなった母を思い出して悲しくなるし……いえ〜〜〜〜買っちゃえ
七夕祭りで賑わう道にあった呉服屋さんに入り、「若いお嬢さんとはうんと差をつけた、江戸っ子らしい粋でいなせな姉さん(姐さん?)ぽい浴衣くださ〜〜〜〜い!」と店員さんに一声
江戸っ子で着物の似合う母が「野暮にしか着れないなら、着物なんか着ない方がマシ」と、パッとしない着物姿の女性を見ながら言っていたものでした。

お店の人のご協力で、希望通りと言うより、ミラノっぽい色合い?とも思えるような浴衣と帯を購入。
今年の日本の夏、Mizko、浴衣であなたの前に現れるかも……

8 下町七夕祭り−78 入谷朝顔市
(左:職人技。右;朝顔というとポルトガル、リスボンの崖一面に咲いていた朝顔を思い出します。)






madame_mizko at 23:25│Comments(0)TrackBack(0) 日本にて 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Mizkoの遠距離恋愛???夏女Mizkoもびっくり!