August 24, 2019

旅の空からPart 3

今回はPart 2の続きです
Part 1, 2ではMilano~Edelweiss Huette(Austria)~Salzburg(Austria)~Muenchen(Germany)~Strasbourg(France)~
Colmar(France)~ワイナリー訪問(France)-Liege(Belgium)~Duesseldorf(Germany)~ドイツ国際平和村訪問〜Brandenburg an derHavel(Germany)~Berlin(Germany)~Erlangen(Germany)~Bamberg(Germany)~
Nuernberg(Germany)と走って来ました

IMG_6171このPart 3では、Nuernberg(ニュールンベルグ)からの旅をお話しIMG_6176ます。

 ①Nuernberg(ニュールンベルグ、ドイツ)へ
この街は私との深い関わりから、今迄に何度もご紹介して来ましたね〜
ドイツも色々な所に行きましたが、矢張り、この中世の面影が残るロマンチックなニュールンベルグが私は一番好き私を訪れた日本人の友達にも一番人気です

(写真上:Se.Lorenz Kirche=聖ローレンス教会。右上:ゴシック様式の教会内にある彫刻家ファイト•IMG_6227シュトスの傑作「受胎告知」のレリーフ。MizkoのSHOPでは、IMG_6215
このデザインのシルバーペンダントがあります聖ローレンス教会とドイツ有名アクセサリーブランドThomas Sabo(トーマスサボ)のコラボレーションによる聖ローレンス教会だけで買える貴重な物です。Special好きMizkoは既に頂いております 写真左:Frauenkirche=聖母教会。城壁に囲まれた旧市街の中心であるマーケット広場にあり、日本でも有名なクリスマスマーケットが開かれますここの写真は、旅行会社のパンフレットでもお馴染み。写真右:マーケット広場にある「Schoener Brunnen=美しい泉の塔」。柵に飾られている金の環がご覧頂けるでしょうか?この環を3回廻IMG_6217す間に願い事を唱え、誰にもその願いを言わなければ。願いが叶えられると言われています。IMG_6262私も廻して来ました

SHOPでは、ニュールンベルグのマイスターによるハンドメイドのリングも取り扱っていますこの制作者、兎に角職人気質で頑固者作品の出来上がりと気分次第で販売するのみ実店舗無し、ホームページ無し、メール嫌い、「用事があったら電話しな〜」って感じそんな制作者からやっと買えた作品で、ニュールンベルグで有名な錫や銅を使い、願いが叶えられると言う上記の環に因んで、リング中央が回転します。Special中のSpecialなリングで、Mizkoは既に2個持っております写真左:カイザーブルグ城に続く古い石畳。ニュールンベルグの名物は何と言ってもNuernberger Bratwurst=ニュールンベルガー ブラットヴルストと呼ばれる焼きソーセージ。色々なお店で食べられますが、私が一番好きなお店は写真右。)


IMG_6301②Fuessen(フュッセン、ドイツ)へIMG_6290
ドイツ国際平和村訪問以降は、観光と言うよりもずっと私用での旅だったのでここで一息
こちらも久々に訪れました。 山々に囲まれて堂々と聳えるバイエルン王ルートヴィヒ2世によって19世紀に建築されたノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein) (写真左。写真右:ホーエンシュヴァンガウ=Schloss Hohenschwangau)子供の頃に思い描いたお城そのものIMG_6454どの季節に訪れても、美しく、ロマンチックIMG_6386
しかしいくら待ってもステキな王子様は出て来そうもないので、せめて「ルートヴィヒ王」と言う名のビールを有り難〜く頂きました
いくつもある湖の神秘的な美しさにうっとり
ロマンチックな気分の中で気付いたのは、辺りはピッザリアばかり💦 ここまで来たら、矢張りこの地方のワインで名物料理が食べたーい と探したら一軒だけありましたが… 働いているのはドイツ語ベラベIMG_6339ラのイタリア人ばかり🇮🇹 他の街は中国の皆さんが溢れているのに、こちらはイタリア人イタリア人の作ったバイエルン名物料理、とっても美味しい流石にイタリア人シェフだわんIMG_6514元の方から聞いた裏話オーナーもキッチンで働いているのも中国人🇨🇳だとのこと 近くのピッザリアは、イタリア人似の外国人が働いているとのこと
(写真上:バイエルン地方の民族衣装Dirndl=ディアンドルのお店が何軒もありました)

今回訪れた多くの街では、地元の人より外国人の方が多く、その土地らしさが無くなったな〜と思いましIMG_6484

帰りには標高2500mほどの山越え。急なカーブが多くなかなか大変でした〜そんな気持ちをよそに、道路横の牛さんはのんび〜りお寛ぎ中でした

 ③Milanoに帰宅 IMG_6531
走行距離4200㌔の旅を終えて帰ったら、ご近所さんだ〜れもいない
と分かるのは、ミラノでは防犯の為に夜間、留守中は窓だけではなく、(どの窓にもIMG_6528シャッターが付いていて)シャッターを閉めるからです。 また道路の黄色のラインはその近くの住民用の駐車場で、写真からすると住民がいないと言うこと 普段は、歩道まで駐車しているのですが。
お店も今月いっぱいはお休みの所が多いです。近くの郵便局やホテルまでも例年通りお休みまっミラノが通常に戻るのは9月半ば頃でしょう。 IMG_6521

Mizkoの4200㌔の旅にお付き合い下さり、有難うございました

この後ドイツ国際平和村訪問のご報告と、今回訪れた街の名物料理をご紹介しますね。どうぞお楽しみに

madame_mizko at 10:30|PermalinkComments(0)

August 14, 2019

旅の空からPart 2

「旅の空からPart 1」に続いて、ベルギーのリエージュからの旅は…
IMG_5661
①Duesseldorfへ(デュッセルドルフ、ドイツ)へ
デュッセルドルフと言えば、「ドイツの中の日本」🇯🇵以前に比べたら日本人の数は減IMG_5820り、「リトルジャパン」と言うよりも「リトルアジア化」したように思いますが、それでもまだまだ多くの日本人経営の日本食店があり、スーパーでは多くの日本食が買えます
それに浄土真宗本願寺派のお寺さんもあるんですよ〜

そこに今度は日本から京都スタッフのPesca(ペスカ)が加わりました。IMG_5665
(スタッフにはイタリア語のニックネームがあり、彼女は、童話「桃太郎さん」で有名な岡山県出身な為、ペスカ=桃🍑)
IMG_5807彼女にとっては初めてのドイツ🇩🇪
今回の目的は、520本の使い捨て歯ブラシの寄付と共に、私のドイツ国際平和村訪問への参加。



②ドイツ国際平和村へ
ドイツ国際平和村についてはこちらをクリックしてください

今回はミラノから2000キロ以上を走り、子供達に沢山の物資「MizkoのAmore宅急便」を運んで来ました。それに加えて、デュッセルドルフで買い足した子供達への約60足の上履き。
今回も主にアフガニスタン、アンゴラからドイツに治療に来た、2歳からの沢山の子供達に会うことが出来ました。みんな愛おしい

親元離れて遠い異国で治療に励む子供達、その背景、無料奉仕で子供達のお世話をする日本人ボランティアさん…ここを訪れる度に心に鞭を打たれます。
「平和ボケ」なんて言う言葉があっては絶対いけない
IMG_5779
ドイツ国際平和村訪問については後日ご報告します。お楽しみに

Pescaはドイツ滞在3泊4日で帰国しましたご協力に感謝

③Brandenburg an der Havel
IMG_5934(ブランデンブルク、アンデア、ハーヴェル、旧東ドイツ)へ
IMG_5940
東ドイツ時代から知ってる街ですが、随分当時とは変わったとは言え、東のムードを何処となく感じます。観光客もいないような大聖堂ですが、美しく大変感動しました



④Berlin(ベルリン、ドイツ)へIMG_6041
大好きなベルリン、今年2回目です。
IMG_6059東西統一し巨大な街になったベルリンですが、私はどうも西ベルリンだった場所が落ち着きます
ベルリンでのMizkoの恒例行事は、KaDeWeデパートの食料品フロアーでの食べ歩きに、ニベアSHOPとUNIQLOでのお買い物(UNIQLOはベルリンに3軒ほどあります。ただサイズがかなり違います
特にブラの大きさは…参りました〜
(写真左:カイザーヴィルヘルム記念教会.写真右:ブランデンブルグ門)IMG_6021

⑤Erlangen(エアランゲン、ドイツ)〜Bamberg(バンベルグ、ドイツ)へ

IMG_6091

エアランゲンは世界総合電機メーカー•シーメンスの街、大学の街として有名です。写真が無くてごめんなさ〜い

代わりにバンベルグに行くまでに偶然見つけたすごい宮殿写真左2枚をお楽しみくださいこんなに素晴らしい観光ガイドにも載っていず友人知人も知らなかったIMG_6105



IMG_6098バンベルグは、本当に久々にやって来ました。(写真右2枚)
「小さいベニス」と呼ばれるとても美しい世界遺産の街です
この日は日曜日でしたが、JAZZフェスティバルが開催されていて、
多くのお店が開いていました(ドイツでは、基本日曜日商店はオープンしていません)で、ステキな商品を買いましたよ〜お楽しみにIMG_6107

⑦Nuernberg(ニュールンベルグ、ドイツ)へ

ただ今ニュールンベルグです。これから先はまた次回に

madame_mizko at 23:37|PermalinkComments(0)

August 08, 2019

旅の空よりPart 1

Guten Tag
IMG_5037只今Mizkoは旅の途中で、ドイツ、Berlin(ベルリン)にいますIMG_4958
これまでの走行距離は2600㌔。
7月23日にミラノを出発してからの旅の半分をこのPart 1でお話します。
京都からのお客様(大変な肉食なので、ここでは「ライオンさん」と呼びます)がミラノ入りして一緒に旅に出ました
IMG_5088
①標高2571mのオーストリアアルプスのEdelweiss Huette(エーデルワイスヒュッテ)へ。IMG_5092
長年のお付き合いのオーナー家族との再会が嬉しい 
すご〜く良いお天気に恵まれ、Heiligenblut(ハイリゲンブルート)の街からもオーストリア最高峰のGrossglockner(グロースグロックナー山)の頂上までがハッキリ見えました(写真右:Mizkoの瞑想ベンチ心が洗われるのは間違い無しの場所この景色の雄大さを写真ではお伝えIMG_5019切れないのが残念
いつまで見ていても、何十回訪れても、決して飽きない風景です
(写真左:部屋の窓一杯に広がる朝日を浴びた山々
空気も新鮮で美味しいし、冷えたビールも美味しいし、イイ気になってテラスで飲んでいたら、あっ言う間に日焼けしました山での避暑を期待していたのですが、35℃を越える暑さでした
IMG_5196
②映画「サウンドオヴミュージック」の舞台となったSalzburg(ザルツブルグ)へ
IMG_5211ここはとっても思い出のある街。いつ来ても美しい…がこんなに暑いザルツブルグは初めて
(写真右:ミラベル宮殿の庭園から見たホーエンザルツブルグ城)
どの場所でどの歌が歌われたか、Mizkoが映画のガイド出来ます
数時間の滞在でしたが、ザッハトルテは忘れずに食べました

③Muenchen(ミュンヘン)へ
ドイツは初めてのライオンさんには、ミュンヘンデビューには欠かせない有名なビアホール、IMG_5301IMG_5349     IMG_5289Hofbraeuhaus(ホフブロイハウス)やミュンヘンの台所と呼ばれるViktualienmarkt(ヴィクトアリエンマルクト)をご紹介。
(写真右:ミュンヘン新市庁舎.左:ミュンヘンのランドマークの一つでもあるフラウエン教会=聖母教会とマルクトの生花店。こんなに暑くても当然生花を売っていますが、ミラノのマーケットの生花店は、夏場は造花店になっている

④Strasbourg(ストラスブール、フランス)へIMG_5366
(写真右:部屋の窓から眺めるストラスブール大聖堂)
いつもの道が閉鎖されていて、遠くのパーキングから荷物をホテルまで運んで大変でしたが、お気に入りのお店で美味しい物を食べたら、一気に気分が晴れました


IMG_5491⑤Colmar(コルマール、フランス)
初めて行ったのですが、まるで絵本に飛び込んだような可愛らしい街並みでした。
小さなベニスと呼ばれています。IMG_5437




⑥ワイナリー訪問
ライオンさんのご紹介のアルザス地方のワイナリーさんへ。IMG_5504
IMG_5525ワインのうんちくよりも試飲目当てのMizkoです
しっかり試飲をして、買って来ました〜

ライオンさんとは、楽しい思い出と共にここで解散
この間のライオンさんのお肉の食べっぷりにはびっくりでした〜


⑦Liege(リエージュ、ベルギー)
IMG_5569
ワッフルで有名なベルギーには、ブリュッセルワッフル(長方形)と、リエージュワッフル(丸形)があります。ワッフル店もいくつもあり、ワッフルを食べ歩きしている人も結構いました。私はシンプルなトッピング無しを食べましたが、思ったよりもずっしり来ました〜聖ポール大聖堂のキリスト様はお美しかったです

Part 1では、ここまででおしまいにします
移動型の旅なので、なかなか日記をUP出来なくてごめんなさい
まだまだMizkoの旅は続きます
各地の名物料理は、ミラノに戻ったらゆっくりご紹介しますね〜


madame_mizko at 23:45|PermalinkComments(0)