November 07, 2019

2019年秋京都展示即売会はいよいよ明日!

第14回京都展示即売会もいよいよ明日となりました
即売会の詳細はホームページをご覧下さいませIMG_7580
http://www.mizkos-via-marcona.jp/

いつもとはまた違う会場で、今回はディスプレイと初日が同日となり、新たなチャレンジとなりました
いつもより短い時間ですが、元気に、楽しく、笑顔溢れる展示即売会となりますように、スタッフ一同心を尽くさせて頂きます。
(写真左:今回の会場となる京染会館と屋上庭園)IMG_7586

8日(金)オープン時間(15時)より前に会場にいらっしゃった方は、14時半より、普段なかなかご覧頂けない京染会館の屋上の日本庭園にご案内させて頂き、庭園では、スパークリングワイン、ノンアルコールスパークリングワインをご用意致します

IMG_7606毎回バタバタと始まってしまうのですが、こうした庭園を使わせて頂けるチャンスに恵まれましたので、ヨーロッパのコンサートのように、優雅なひとときからスタートさせたいと思いますIMG_7588そしてお時間になりましたら、順番に会場にご案内致します。
◎庭園は平日のみ16時まで使用可能です

(写真:六角堂さん。近くのお寺、神社へ、再び京都に戻って来られたことへの御礼と、「今回もお世話になります。」とご挨拶回りも済ませました

その他のイベントは…

9日(土)16時頃よりイタリア式ハッピーアワーで、スパークリングワイン、ノンアルコールスパークリングワイン、赤ワイン、フィンガーフードをご用意します。

10日(日)フィンガーフードと共にオーストリアワインの試飲会を開催します。スタート時間は盛り上がり次第

スパークリングワイン、赤ワイン、試飲会のオーストリアワイン、フィンガーフードのご協力はいつもの「メッシタ パーネ エ ヴィーノ」のオーナーシェフ藤原順氏です。
http://mescita-pev.heteml.jp/IMG_7615

そして10日は、スタッフ一同によるちょこっとコスプレもありますので、お楽しみに〜

パワーもAmoreも溢れる時間をあなたも是非ご一緒に

(写真右上:スタッフBeneの本業はネイリスト。今回のテーマカラーであるピンクにしてくれました


madame_mizko at 21:11|PermalinkComments(0) 日本にて 

November 01, 2019

2019年秋京都展示即売会まであと7日


2019年秋京都展示即売会まだあと7日となりましたIMG_7099

今回の展示即売会の詳細は、以下をご覧下さいませ。
展示即売会詳細についてはこちらをクリックしてください。
令和最初の京都展示即売会2019年最後の京都展示即売会
今回も元気一杯の商品を集めて来ました。
その上に今回初スタッフ一同でバンコクで買い付けた商品も加わります。

毎年5月と10月(今回は例外)の2回、京都展示即売会を開催して来ましたが、5月には春物には遅過ぎ、10月には秋物が出遅れる為、今回は四季を通してお使いになれる商品を一気に揃えました。
そこから今回のテーマはQuattro Stagioni=四季としました。

土曜日曜日には、前回大好評だったマルシェを開催IMG_7104
日曜日には、オーストリアワインの試飲会、スタッフによるコスプレ
ハッピーアワーあり、サプライズもご用意しました。

皆さんのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております

末筆ながら…
縁もゆかりもなかった京都の地で、今回第14回目の展示即売会を開催出来ますのも、京都をはじめとする関西地方の皆さんのお力添えのお陰です。本当に有難うございます
今回もどうぞ宜しくお願い致しますIMG_7342
そして、ここで得た結果の一部はいつもの通り、「ドイツ国際平和村」で治療を受ける子供達への物資支援金とさせて頂きます。
また今回の展示即売会では、この夏訪れました「ドイツ国際平和村」の写真も公開します。
ドイツ国際平和村についてはこちらをクリックしてください。

それにしましても…日記を長らくサボってしまいました〜
この間にミラノ〜ドバイ〜バンコク〜東京と移動して、只今来週からの京都展示即売会の準備の真っ只中です。
IMG_7195
諸事情あり、予定外のドバイよりバンコク入り。
今回、昨年12月のクリスマス、サンタMizkoからスタッフ全員にプレゼントしたバンコク旅行を実現しました。

Mizkoのお部屋のダイニングルーム(写真右上)でのトップシェフによる特別メニュー、そしてお部屋のスティームサウナ付きバスルーム(写真右下)での癒しの時間をスタッフには体験して貰いました。
(お花の写真。毎日お部屋に飾られるお花。お花がだ〜い好きなので、お手入れの必要もなく、キレイなお花を毎日見る事が出来るのなんてとってもし•あ•わ•せ

しかしMizkoの旅は美味しい物を食べ、美しいものを見て、優雅に過ごすだけではございません
初バンコクのスタッフ達ですが、旅の醍醐味はローカルに親しむことそれで地元の人達が利用するローカル船を乗り換えて、バンコクでこれだけは見るべき観光地を回ってもらいました。ガイド&通訳Mizko抜きで。IMG_7009
出発前の「行って来ま〜す」の写真から徐々に笑顔が消え、最後の写真は眉間にシワ
外国で、そうそう日本にいる時のように、物事がスムーズに行かないという経験は必要です。

チャオプラヤ川でのチャーター船では、ドライバーに「観光地に行く必要無しローカルの人達の住んでいる所に行って欲しい」と注文。トカゲというより小さいワニのようなトカゲも泳いでいましたね〜
以前ごはんを食べているオジさんの横の柱を登って行く、それこそワニのようなトカゲも見ました。
バンコク市内ですけれどね
IMG_1002
ローカルマーケットでは、真っ暗な中で、オジさんは食事をして、ネコは寝ていて、そんな中大きなネズミがゆっくり歩いていましたっけ〜

Mizkoが案内するお寺も観光地ではなく、ローカルの方達に混じって、皆さんに真似て拝みます写真右、何をしているのでしょうこれはタンブンと呼ばれ、功徳を積む為川に生き物を逃がしています。逃がす生き物により仕事運、健康運、金運、恋愛運があります。
さ〜てMizkoが選んだ生き物は(写真右下)

たった数日間でしたが、日本とは全く違うホスピタリティの無さ、インチキ、ぼったくり、割り込み…色々な経験が出来たと思います。
IMG_0988しかしそんなことは、海外生活の日常茶飯事そんな経験や、日本とは違うMizkoの一面も皆には見てもらえたと思います。

「黙っていたら言われっぱなしのやられっぱなし」ですから、海外ではわたくし…だまっちゃおりませぬその為に身につけた語学力と言っても過言ではございません。日本でのMizkoはまだまだ大人しいですから

この旅を終えたスタッフ達からのメールを見て、この旅が彼女達の人生のスパイスになったのは間違いないようですスタッフ達の沢山の笑顔が見れて、リーダーとして、とっても幸せな時間でした

今回の展示即売会では、バンコクにて、初のMizkoとスタッフが一緒に買い付けた商品もご案内します。
パワーも団結力もUPして、皆さんをお迎え致します。どうかお楽しみに

『旅はいつでもアドベンチャーアドベンチャーのない旅なんてつまらない』旅人Mizko



madame_mizko at 16:16|PermalinkComments(0)

September 26, 2019

ミラノでバカンサ

 『2019年秋京都展示即売会』のお知らせ
⭕️会場も開催日時も例年と異なりますので、ご注意ください
〇日時
11月8日(金曜日)初日Open15:00〜18:00/Close18:30
11月9日(土曜日)Open13:00〜18:00/Close18:30
11月10日(日曜日)最終的Open13:00〜18:00/Close18:30
〇会場
京都京染会館/6階大会議室A
京都京染会館


やっと先週から、バカンサモードから普段のモードに戻り、IMG_6657ストリートマーケットも活気が出て来ました。この間までの静かなミラノが嘘のようです。
矢張り9月も半ばを過ぎないと、いつものミラノには戻りません。
IMG_6734(写真左右:バカンサ中の静か〜なミラノでご近所をお散歩。これもMizko流ミラノでバカンサ
私の家はDuomoから歩いて15分程の所にあり、かなりミラノの中心部ですが、この15分の距離の違いはとても大きいです。普段の物価も、夏の静けさも…。
この辺りの8月後半は、道路に車が全く走っていないので、信号無視して好き勝手に道路を歩いていましたオープンしているのは、中国人経営のお店ぐらいで、近くの郵便局も4星ホテルもクローズ。長旅の後の20日間の禁酒も楽勝お馴染みのお店がクローズだからIMG_6746

不便さも多々ありますが、夏のこの静かなミラノも私は大好き
IMG_6739この時期は、どこよりもミラノの家が一番静かなバカンサが過ごせます

9月に入るとボチボチお店が開き始めますが、バカンサ後の気だるいモードで、(イタリアでホスピタリティなんて期待していませんが、)いつも以上の感じの悪さ
IMG_6747
ミラノと言えば、夕方ドリンクを注文するとビュッフェやフィンガーフード付きの「happy hour」が有名で、楽しいのですが、その時と価格は同じで、ピーナッツの一つも付いては来ない「unhappy hour」
IMG_6738いつもはテーブルチャージを取らないお店もこの時ばかりはとしっかり取るお店もこれをお店の人は堂々と「バカンサ中だから」と言い切ります。バカンサ中なのに働いているから当然という意識です。
いえ、「まだ他の店がバカンサ中なのに、働いてやってると言うような態度」と言った方がぴったりかも

バカンサ中でもいつも通りにオープンして、金額もいつも通りの中国人経営のお店は、本当に良心的で助かります

IMG_6733ある日タクシーに乗ったら、目的地に着いた途端、ドライバーはタクシーメーターを切り、そこまでは16ユーロのはずが、チップを入れて30ユーロと言われました。勿論言われたまま払うはずもなく、「ぼったくりタクシー」と抗議して、正規の値段だけ払いました。どうやら私の事を観光客だと思ったらしいです観光客の方、ご用心

スーパーで買い物したら、レジの男性が私が買おうとしていた商品1点をふりかざし、急に私を大声で怒鳴り始めました
「こんな小さなバーコードは読めないじゃないか
一瞬私ははあ〜〜となりましたが、人前でこんな理不尽な事で怒鳴られて黙っているMizkoではございません。IMG_6696いくらバカンサ明けの仕事で機嫌が悪いからと言っても酷過ぎます

私は周りに人がいようと、人が見ているからとか、人にどう思われるかとかを気にするキャラではなく、「これが私(Mizko)です」と生きているので、がっつり言わせて頂きました
締めくくりには、「バカンサボケもいい加減にしてよったく」と日本語が出て、自分で笑っちゃいましたけど…
(写真右2枚:青空マーケットの看板犬
私は日本でよくパワフルだ、会うと元気になれると仰って頂くのですが、日本滞在中のMizkoの実際の使用パワーは60パーセントくらいです。
猫を被っている訳ではなく、日本ではスムーズに行くことも、ここでは何倍ものパワーを持って臨まないと先に進まない事が山ほどあるのです
それに日本ではあり得ないよう事を言われたり、されたりします。IMG_6692
これはイタリアに限らず、長年ご縁があるドイツでもどこででもです。
日本の物差しが世界で通用するとは限りませんし、日本でも色々な人がいますが、行動範囲を広げれば更に色々な人がいる訳ですから、色々な思いをします。
(写真左下:ストリートマーケットで今沢山売られているPorchini=ポルチーニ。1㌔15ユーロから最高48ユーロミラネーゼも並んで買っていたので、思い切ってBorgotaro=ボルゴターロ産の48ユーロのを買ってみました。ガーリックで炒めて、大好きなPipe Rigate=パイプリガーテに和えて食べたらとっても美味しかったですパスタの中にボルチーニが入り込むので、それが美味しい

IMG_6774海外生活でYes、 Noをはっきりいうのも大事ですが、無言=納得です
日本では、その場無言でいて、後で、または陰で文句や不服を言う人が多いですが、文句や意見があるならその場で相手の顔見て言えそれでなければ文句を言うなこれが私の長い間白人社会で生きて来た教訓です。
日本はメールでは強気で話せても、相手の顔を見てそれが言えるかと言うとダメな人も多いと思います。

こうした日々の海外生活(イタリアに限らず)で、私はパワー充電が出来るのだと思います。

IMG_6775スリ、置き引き、ひったくり注意しろ商品、おつり誤摩化されるな
その上ちょっとやそっとでは引き下がらない物売り、物乞い追っ払え…とのんびり、もたもた、はんなりなんてしていられませんからね
ヨーロッパ暮らしだと言うと、「いいですね〜」と言われることが多いですが、本当にいいですしかしこうしたことを日々乗り越えた上でのことです。

これからはそうした海外生活の裏話もお話して行きたいと思います


madame_mizko at 21:15|PermalinkComments(0)