February 09, 2021

ミラノのスーパーマーケットの日本食品事情/ミラノ暮らしのマダムMizko

ひゃ〜気付けば既に2月IMG_2417
お家時間が増えたものの、なんだかんだと忙しいMIzkoです
コロナ前の生活で、「時間が出来たらしたい」と思っていた事がどれだけあったのかを思い知らされる日々です。

(写真は全て、日本食品を扱う特別なお店ではなく、一般的なミラノのスーパーマーケットで買ったもの)
IMG_24182月に入り、ミラノも移動制限がレッドからイエローになり、移動可能範囲は広がりましたが、私自身の生活には変わりありません。「不要不急な"チョロチョロ"はしない」が鉄則です

IMG_2365
有難いことに、大体のお買い物は家のすぐ近くで済みます。
家の真裏にスーパーマーケット。家から150mのスーパーも先日リニューアルオープンしましたし、木曜日にはすぐ家の横にストリートマーケットが開かれます。
郵便局は家のIMG_4196並びにあり、そこのATMでお金も下ろせますその他各種お店は揃っています
ただ徒歩圏内に日本食品がまとめて買えるアジア食品店の様なお店はありませんが
(以前近くにあったのですが閉店してしまいました)、最近では普通のスーパーマーケットでも日本食品は結構買えます(私の住んでいる地区は、日本人が決して多いわけではありませんが…)
お店によって売っているものが違うので、楽しみながら何軒かのスーパーに行って買い集めています。
また、品物によっては常時置いてあるわけではないので、気に入った食品に出会った時にはまとめ買いしますIMG_4591
IMG_4401(写真左上&左:お馴染みCUP NOODLES 、イタリア版はどんなものかと食べてみました。
上はスパイシーなトマト味。ジンジャーと書いてありますが、ジンジャーはあまり感じなかったです。
左はチキンラーメンですが、開けた途端に椎茸の良い香りが漂って来ました。どちらもなかなか美味しかったです
左下のカップヌードルは私には…左二つは「AJINOMOTO(味の素)」の商品で、名前は『OYAKATA』製造はワルシャワ。「いや〜親方勘弁してくださ〜い」っていう感じの味でした
商品名も面白いです。写真は無いのですが、こちらで『MIKADO』と言えば、チョコレートのポッキーです)
はイタリアのお豆腐で、
こうした日本食品は、スーパーのアジアンコーナーの様なところにまとめて置いてある場合もありまIMG_4592すが、一般のお惣菜と一緒に、餃子、春巻きと一緒にお寿司が置かれていたり、お豆腐は自然IMG_2425食品と一緒に置かれています。商品名もTOFUです。写真右一番上の写真のBIOのTOFUはイタリアのお豆腐です。
日本のお豆腐とは全然違います(写真右上から二番目)
先ずはすごい大豆の匂いと硬さで驚きますが、逆にそれを活かしたお料理法にすれば、なかなか美味しく食べれるので、日本のお豆腐だけではなく、時々こちらも買います。
(写真左一番上:Sobaと書かれたカップヌードルは、日清の焼きそばで、もう長年ヨーロッパのあちらこちらで見られる人気商品です。良く行くマーケットで、どういう訳だか「出前一丁」が常時売られる様になりました。製造はハンガリーで、上から、雞蓉麺、東京醤油麺、お馴染みの麻油味。今は中華麺が買えないので、これらを応用して使っています)

写真右3、4番目はイタリア産の日本米この二つは美味しいですHANABIと呼ばれるお米は8ヶ国語に訳されています
IMG_2997
ミラノは中国人経営の日本食レストランがとっても多く、ミラネーゼに大人気ですから、こうして普通のマーケットに日本食品が売られているのも不思議ではありません。
中でもSUSHIが大人気な為、お米、海苔、寿司酢、ガリも気軽に手に入りますIMG_4303

写真にはありませんが、今やキッコーマンのお醤油ならばほとんどのスーパーで買えます。
お店によって置いてある銘柄が違いますが、写真左上の様に日本のビールも買えますお店によっては左下の写真の様にお酒や焼酎、梅酒も

沢山あIMG_2427るスーパー内のSUSHIコーナーの中でも写真右上下のお店は、お寿司と餃子が美味しくて、行くと必ず買います。IMG_4307

一昔前は、日本食品はアジアンショップでというのが常でしたが、今では日本食はこうしてミラネーゼの生活の中に浸透しています



madame_mizko at 16:55|PermalinkComments(0) イタリアにて | ミラノにて

January 06, 2021

1月6日魔女の日?/ミラノ暮らしのマダムMizko


Readerの皆さんへ、Mizkoからの心からのメッセージIMG_3932
いよいよ日本もコロナ感染のスピードが上がって来ました。
これは、イタリアでこの一年間経験した私が一番恐れていたことです。
一度コロナのスピードが上がってしまうと、もうなかなか止まらない
今一度日本国民の命と経済を守るためにも、お一人お一人が慎重に行動し、呉々もお体に気をつけてお過ごしください


IMG_3935本日1月6日は、ドイツでは『Heilige Drei Koenige=ハイリゲ ドライ クーニゲ と呼ばれる公現祭(東方の三博士の来訪記念日)』のため祝日です。生活の中では、「クリスマスが終わる日」としてクリスマスツリーを片付けるのが一般的です。IMG_3942
この日はイタリアでも祝日で、こちらも公現祭で『Epifania=エピファニア』と呼ばれ、これでNatale(クリスマス)が終わります。

イタリアでは、前日5日の夜中に子供達が枕元に靴下を置いて寝ます。その間にBefana=ベファーナ(魔女)が箒に跨ってやって来て、一年間良い子にしていた子供の靴下の中にはお菓子を、悪い子の靴下の中にはCarbone=カルボーネ(炭)を置いていくと言われています。炭の形をしたお菓子もあります(写真右上:先日日記でご紹介したスーパーで買ったスマイルの靴下に入っていました。Mizkoは悪い子だからではありませんよ〜お菓子も沢山入っていましたから
IMG_3931
我が家には、ドイツで買った魔女が6人いますが、ドイツで言われる『魔除け』として我が家を一年中守ってくれています。(写真:我が家を守る魔女全員集合ボタンを押すと笑ったり光ったりする魔女もいます)IMG_3936

今年の『Epifania』は前日からコロナ感染拡大防止策としてイタリア全土が赤信号(一番厳しい行動制限令)で、余程の理由が無ければ、Stay at homeです外出する場合は、その理由を記した自己宣言書が必要です。

クリスマスシーズンからこの日まで、イタリアの行動制限は大変に厳しく、一方で経済活動を支えるために、日によって制限範囲が異なり、信号の色は、厳しい順から赤、オレンジ、黄色の三色で、その日は何色かを確かめる必要がありました。ここぞという楽しい日は全て赤信号クリスマスも大晦日も勿論赤信号でした
IMG_3939

IMG_3941それを心配した子供がコンテ首相に「サンタさんもロックダウンするのですか」と手紙を出し、「サンタさんはしません。」と返事をしたというニュースもありましたっけ〜
幼い子供達の夢こそは、コロナなんかに壊されたくはありませんね
ベファーナさんはお菓子を運び、自宅で過ごす多くの子供達を笑顔にしてくれたことでしょう


madame_mizko at 14:04|PermalinkComments(0) イタリアにて | ミラノにて

January 01, 2021

Peace, Love, Health 2021!/ ミラノ暮らしのマダムMizko

新年のご挨拶を申し上げますIMG_3711
Readerの皆さんにとって、平和で愛の溢れる健康な2021年となりますように

(写真:Franciacorta & Pomegranate{Melograno}. 女性には嬉しいザクロ入りフランチャコルタMizko-Special)

2021年のMizkoのテーマは「LUCE(ルーチェ=光)」です
2020年の最初の頃は、突然コロナという長く暗いトンネルに入り、その先には光すら見えませんでした
アルプス山脈越えの際、長くて有名なトンネルがあり、何度かそこを車で走りましたが、その長〜く暗いトンネルを抜けた時の光を浴びる開放感は何とも言えません。
私はその光を求めてずっと2020年を暮らしてきました。
そして2021年。今はワクチンの開発も進み、一年前に比べたらずっと光が見えて来ました。
私は今年も全神経をその光に集中させて、どんなMizkoになってその光を全身に浴びるのかそれを目標にして歩いて行きます。

2021年もShopとMizkoをどうぞ宜しくお願いします

さ〜て2021年最初のMizkoのオススメは、Mizkoの好きな街の一つであるウィーンのNew Year’s Concert 2014からの美しい宮殿でのバレーですウィーンで年越しした時には、クラシックコンサートやバレー鑑賞を楽しんだものです。あなたもお正月のひと時を、優雅な宮殿でのバレー鑑賞をMizkoとご一緒に















madame_mizko at 19:10|PermalinkComments(0) イタリアにて | ミラノにて