July 31, 2010

Mizkoワルシャワ日記

103aec3843

写真:雨上がりの旧市街広場

本日急にMizko花粉症発症!!!くしゃみの連続で鼻たれMizko!!!!!
目も痒く、涙でお化粧流され、いつの間にかスッピン顔!参りました。

ドイツでは5月、6月白樺に反応し、ミラノでは8月、12月、1月に何でか分からないけれど花粉症が発症。
初体験…ポーランドの花粉症。スーパーで沢山ティッシュを買って、気合いを入れて商品探し。


遂に買いましたよ!バルト海の琥珀。
露天でも売られていて、かなり怪しそうな感じなので、信用のおけるお店を先ず探して買いました。

私は琥珀はあまり日本では身に付けませんが、ミラノではネックレスをよく付けます。
個人的には色々な色が合わさったものが好き。

それにしても、とんでもなく大きな飴玉みたいな琥珀の玉が繋がったネックレスが多く、
とても日本受けしないと思い、小ぶりのセンスの良い品を探すのには苦労しました。

でも思っていたほど現地でも安くはありませんでした。最近は琥珀も値上がっているそうですよ。
その中でも値段とセンスのバランスが取れた品を選んだつもりですので、お披露目をお楽しみに!


日本にはないような真っ赤な皮のバックがあり、真っ赤な物が大好きなMizkoは自分用にもと思い見ましたが、色は良いけれど、形がダサい…ゲットは止めました。

でも露天で真っ赤な木の玉が繋がったやす~~いネックレスとブレスを自分用にゲット。

クオリティ的に商品には出来ませんが、自分用としては、Mizkoのお気に入りになりそう。
黒のドレスの時に付けたい。


それにしてもポーランド料理はヘビーで、特にドイツの旅の後ではうんざりしてしまうほどの量。
もうウォッカはその消化剤。

そんな中、日本料理店でラーメンを食べました。
日本を離れて初めてのラーメンです。美味しかった!!!

ワルシャワ在住20年の日本人オーナーが丁度いらっしゃり、レストランオープンまでのいきさつをお聞きすることが出来、とても興味深かったです。

「○年くらいしたらこのお店も売って……」なんておしゃっるので、定年…引退…なんていう言葉を頭に浮かべました。しかし全く違うビジネスを新たに始めるお話でした。

年齢的には、昨日お話したオヤジバンドよりは更に上とお見かけしましたが、その意欲とパワーに脱帽。
定年、引退なんて言葉が頭に過ぎったMizko…考えがマイナーでダメダメ!

最後におっしゃったことは、「人生は一回切りですからねぇ~」でした。Mizko…同感!

オヤジパワーに乾杯!!!













madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ポーランド・ワルシャワにて 

July 30, 2010

回答。Mizkoの滞在都市はポーランド、ワルシャワです!

03804adefd

やっと昨日は午後から晴れました。

Mizkoの趣味は、その土地土地のフォークミュージックを聞く事もその一つです。
今宵はポーランドの音楽を聞きながら、名物のウオッカを飲んで、只今多少ほろ酔い気分です。

ウオッカ、それも冷えただけのストレートを皆さん、ぐいぐいやっていらっしゃる!!
Mizkoはウオッカストレートは苦手。

でもここまで来たからには飲んで帰らねばと3杯ほど飲んでギヴアップ。
ホテルに戻りウコン飲みました。


どんなバンドが出てくるかと思ったら、髪は白いか薄いかのオヤジバンド。
それがとっても上手でした。

日本からミラノ、ニュールンベルグ、ミュンヘン、ワルシャワと来て、
日本ではオヤジと呼ばれる世代の男性が本当にパワフルなのには感心します。

今宵も、ウオッカ飲んで歌って踊って騒いでいるのは、元気なオヤジ達。
あれだけウオッカ飲んであれだけ動けるのは大したもの!!


スポーツバーでダーツに夢中になるっているのもオヤジグループ。
オヤジパワーの影で若い人たちが小さくなってる……。


それに比べて日本のオヤジ世代の皆様…ちょっと元気がないように思えます。

日本の経済が大変の中に戦っているので、お疲れは分かりますが、
あなた達には若い男性にはない大人の魅力があります!

だからこそ若い男性以上に気持ちだけはパワフルになって頂きたいです!!


日本のオヤジ世代の皆様にエールを送ると共に、パワフルなポーランドのオヤジバンドの5人中
お二人をショットでご紹介しますね。右の方、見かけとは全く違う(?)やさし~~い声で歌います。











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ポーランド・ワルシャワにて 

July 29, 2010

分かりましたか?Mizkoの滞在都市……

0b401a7a52

私の旅に同行して下さっているという友人の皆さんからの個人的なメール……嬉しいです。有
難うございます!これからも私と旅を続けて下さいね。


今日はまたいつもとは違ったMizkoでした。
戦争を知らずに生きて来れたことの幸せ。自由である事の幸せを再度実感しました。

私は他のブログでも記しましたが、ベルリンの壁のある頃の東ドイツに何度か行った事があり、
そこで戦争の恐ろしさ、自由のない人生を目の当たりにし、その経験は私の人生観を変えました。

生きていればイヤな事なんて山程ありますが、戦争も知らず、自由な日本に生まれて来れたことの幸せ……。

だからこそMizkoのいつものセリフですが…こんな有り難いチャンスをもらったからには、人生一度きり、
無駄には出来ませぬ!


数え切れないほど、ナチス、ドイツ軍のドキュメントを見て来ましたが、まだ70年も経たない前にあんな恐ろしいことが起こっていたという事実に改めて悲しみを覚えました。


写真はその当時のユダヤ人が集められ、住まわされていた所で、銃弾の跡があちこちに見られました。
この街で殺された方々に合掌。


こんな時思い出すのは、いつもジョン・レノンの「イマジン」です。
あの歌詞のような世界にはならないものでしょうか……。


皆さん、そろそろ私の滞在地がお分かりになりましたか?

Yさんへ:アイスランドではありません。
ヒント…今年は私の大好きなショパンの生誕200年です。












madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ポーランド・ワルシャワにて