August 23, 2010

国籍不明のMizko

f0babe7258

写真:パリ、リュクサンブール宮殿

パリは連日暑い日が続いていて、その中を歩き回り、一気に日焼けして国籍不明のMizkoです。

プロフィールでもご紹介しました通り、アジアの国に行けば必ずその国の人間になってしまうというカメレオン体質ですが、矢張り西洋人になるには無理がある……。

今じゃ天然パーマの髪も伸び、カールが益々出ている上に日焼けすると、西洋人には成りきれず、アジア人にも見られず、周囲の困惑を感じます。

カフェでも道端でもこそこそ「何人かな?」ってフランス人が話している…・。


人が自分をどう見るかというのは本当に面白い!、オペラ歌手に見られたお話もしましたが、ドイツ、オーストリア、イタリア、フランスでは、日焼けしてカーリーへヤーでいると

スペイン語で話しかけられたり、またもらうパンフレットやメニューがスペイン語だったりします。昨日も日本語のメニューを見ていたら、ギャルソンが取り上げようとするので、「あの~~日本人なんですけど……」と言ったら、びっくりしている……。

まあこれだけ多くの人種が世界中からパリにやって来るのですから、彼らの困惑も仕方がないのかもしれません。


それにしてもParisという名前、フランス語、エッフェル塔は本当にビジネスになるなと毎回思います。

Parisと付いているだけで、フランス語で書かれているだけで、エッフェル塔の絵が付いているだけで、これだけの商品があり、それを皆が買う。

東京タワーじゃなくて、エッフェル塔であり、イタリア語じゃなくて、フランス語であり、
Milanoじゃなくて、Parisである !

これだけこの3つをテーマにして、商品を売っている町を私はパリ意外に知りません。
それもとんでもない値段で売っている。

パリの価格は東京と変わりはないし、カフェやレストランは表参道価格だし、旅をするには
価格が高い町の一つです。

勿論ローカルなお店に行けば値段もぐっと安くはなりますが、そんなお店は夏休みでお休みだし、
女性一人で入ろうとすれば、穴が開くほど見られるフランス人オヤジバーだったり……。


そんな中、エッフェル塔の絵が付いているだけのメモ帳が7ユーロで売られ、ノートになれば16ユーロもしてる!!

確かにパステルカラーでキュートですが、今の日本経済には現地価格がこれは高い過ぎ!横にキレイに並べられた小さな小袋の商品にも「I Love Paris_」(Loveの部分は赤いハート)と書いてあります。よく見たらコンドーム!!こんなところにまでParis!

参考までに……一個3ユーロでした。

そんな訳でお財布に優しいspecialを見つけるのは至難の業!
自分が買い付けをするようになり、つくづくフランス製品が高い訳が解りました。

でも頑張って見ますね!

ステキなカラーのバッグはゲットしましたよ!

小型のケリーバッグで、もうその色は正にパリ色!!お楽しみに!
勿論一個しかありません!














madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランス・パリにて 

August 21, 2010

ロナルド君に見送られ……?!

b1b58773c1

ミラノ、マルペンサ空港のアルマーニのロナルド君の巨大広告に見送られ、只今Mizko、パリです!


Readerの皆さん、Bonjour !

思っていたより太陽がサンサンと照り、ミラノより暑い!

ミラノも観光客が多いですが、流石パリ!大変な観光客の数です。
観光客が集まる場所は活気があっていいです。

夜遅くまでカフェのテラスは人に溢れ、周囲の活気がMizkoを元気にしてくれます。

それに今回は前回のリベンジ……!

前回はすっかりフランス語を忘れていて、口からフランス語が全く出なくて悔しい思いをしました。

今回はその反省もあり、出発前は毎日欠かさずフランス語のヒヤリングをしていたので、少なくても簡単なフランス語は取り戻せました。

語学は残酷で、どんなに勉強しても使わなければ忘れる……。
怠けた分だけその結果が出ちゃう!Mizko…フランス語怠けておりました!


今ではパリも大分英語が通じますが、矢張りフランスではフランス語にチャレンジしたいです!

ではまた、A bientot !











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランス・パリにて 

August 19, 2010

ミラノ式ハッピーアワー

e5307f5379

写真:こんなカフェでハッピーアワーは如何ですか?

やっとイタリアの夏が戻って来ました。でも昨夜は冷え込み、羽毛ふとんを出そうかと思うほど寒かった!

ここ1週間ほどよく雨が降りました。ドイツでは洪水で亡くなった方もいるくらいの悪天候。
夏女Mizkoは太陽が大好きなので、毎日毎日の雨に憂鬱になっていたところでした。
 
ミラノには独特なハッピーアワータイムがバーやカフェであります。

日本のハッピーアワーと言うと、アルコールのドリンクが安くなりますが、
ミラノではいつもと同じか一般的にはそれより高くなります。

しかしそれにブッフェ(バイキング)が付きます。
カウンターに並べられるブッフェはそのお店によってさまざまで、値段も5~10ユーロ位でしょうか…。

イタリア人はバールやカフェで食前酒を飲んでから、食事に行くことが多いですが、ミラノではこのハッピーアワーのはしごで夕食を済ませる人も多いです。

時には並ぶものがお粗末で、決してハッピーアワーと呼べず、私はアンハッピーアワーと悪口を言っていますが、お店によって種類も豊富で、美味しいところも沢山あります。

何種類のピザやパスタも並ぶので、色々なイタリアの味を楽しむのにもこのハッピーアワーは見過ごせません。
一杯目はこのお店。二杯目は他のお店とすれば、また違う味を楽しめます。

私はミラノのこの八ビーアワーが大好きです。

ハッピーアワーに10ユーロも出せば、巨大なシャンデリアがぶら下がるお店で、美味しく、心は優雅な時間が過ごせます。
 
お洒落なカフェのテープル席では、カウンターの食べ物をお皿に入れてウエイターが席に持って来てくれる場合と、バーのようなところでは、自分で取りに行き、席で食べる場合があります。

カフェでもバーでも座らずに立ち飲みの場合は、勝手にカウンターから取って食べます。
初めの頃はこの光景がつまみ食いをしているようで奇妙でしたが、慣れれば気楽で且つ楽しいです。
 
時間もお店によって異なりますが、午後5時頃から9時頃までです。
この間に飲み物しか頼んでいないのに、あれこれ食べ物が運ばれて来たら、「ハッピーアワー」と思って下さい。
 
ミラノにいらっしゃったら、是非このハッピーアワーを体験してください!
(但し、8月中は閉店しているお店が多いです)
 
これに慣れているMizkoは東京にいても午後6時頃になると、仕事が残っていてもソワソワ落ち着かない。
古くからのスタッフは知っている……Mizkoの体内時計はそろそろハッピーアワーのお時間!!











madame_mizko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアにて