December 21, 2019

Mizkoを変えた一言

(写真:この時期地元人としては、表参道の人混みにはうんざり地元人Mizko流人混みに合わないお散歩。紅葉も独り占め芸能人のお参りで有名な赤坂豊川稲荷。色々な神様がいらして見所満載な割には、それほど混んではいませんでした。融通金をお返しして、改めて融通金を頂きました。隠れ家的なカフェも独り占め表参道のイルミネーションは皆さんがお帰りになった頃に静かに楽しむ

私はいくつかの外国語を話す。IMG_8225
言語によって、挨拶程度からその言語を母国語とする人達と喧嘩が出来るほどのレベルまでと様々ではあるが…。

この多国語を学んで来たのは、元々語学が好きな事もあるが、ある人に言われた一言が私に火を点けた
その人は、数年前にFacebookで私を見つけ、何十年ぶりに連絡をくれた。
IMG_8228
その人は私より年上のお姉様。
遠い昔六本木ディスコタイムを一緒に過ごしたお仲間だ。

当時憧れのニューヨーク暮らしを終え、またニューヨークに戻る為にVISA待ちをしていた。
同時に外資系の会社のトップの秘書をしていて、バブル期と外資系ということで、今の若い方には申し訳ないほどのお給料を頂いていた。

働くなら外資系
場所は東京丸の内IMG_8236
外国ならアメリカ、ニューヨーク
仕事着はラルフローレンやカルバン・クラインのスーツ
そんな夢を持っていて、それを叶えていた。

表参道に住んでいて、踊りに行くとなると、新宿、赤坂、六本木となり、新宿はキライ、赤坂はたま〜にと絶対的な六本木派であった。

この時にご一緒したのが、このお姉様IMG_8232

仲間も沢山いて、金曜日の夜にはみんなで集まって、朝まで踊った
それも細いピンヒールで

そしてこの仲間が凄かった
女子が10人位いたが、全員が流暢な英語を話し、仕事を聞くと皆エリートだった

しかしそれだけではなかったIMG_8246

そんなある日お姉様が私に言った。
「Mizko、私達の中で英語を話せるのは当たり前これからは2カ国語は話せるようにならなきゃね〜」

そこで改めて私のディスコ仲間を見渡してみると、既に二ヶ国語目を話していたフランス語、スペイン語、ポルトガル語、中国語など。

ニューヨークの学校では褒められることもあり、そこから帰って、丸の内にある外資系で働き、ラルフローレンのスーツを着て、英語が出来ることに甘んじていい気になっていた私がいたIMG_8248

しかし私も第二外国語をやっていなかった訳ではない。
高校、大学と第二外国語にフランス語を選び、その成績も悪くはなかったが、あくまでもそれは学校での事、役に立つレベルではなかった上、私自身が第二外国語の必要性をあまり考えていなかった。

早速お姉様に相談した。
「今またフランス語は勉強する気になれない。何語を勉強したらいいかな?」
お姉様は、直ぐに「(ご自分が勉強している)スペイン語をやったら?スペイン語は世界の多くの人口が話すから。」
IMG_8250
お姉様の一言で私は目覚め、直ぐにスペインを猛勉強し始めた
私だけが英語だけで満足しているわけにはいかない
夢中で勉強して、中級上くらいまではトントン拍子で進み、それで仲間と同じレベルになれた気がした

あれからの私の人生で、沢山の語学を学んで来た。
勉強時間3時間でギブアップした言語を入れれば()かなりの言語に関わって来た。

学校や親や親戚に色々なことを教えてもらって来たが、他人様にもホントに色々な事を教えて頂き、今のMizkoがいる。

先日お姉様とのディナータイムには、懐かしの六本木ディスコタイムの話で盛り上がった

しっかり仕事しIMG_8319
しっかり学び
しっかり遊び
しっかり恋して
しっかり旅して
(その頃からMizkoは旅人でした
充実したMizkoの六本木ディスコタイムだった

IMG_8321ディスコで楽しく遊ぶだけではなく、私に大きな刺激を与え、成長させてくれた、IMG_8356
仕事も勉強も優秀な仲間達との出会いには本当に感謝している

最後にお姉様へ
あの一言を本当に有難うございます

El que la sigue la consigue



madame_mizko at 22:52|PermalinkComments(0) 日本にて 

December 10, 2019

やっと落ち着いた東京より

IMG_8186京都展示即売会が終了し、すっかり日記をサボってしまいましたIMG_8192
(写真は全て表参道:ある日のランチ、ハンガリー料理店にてグヤーシュスープセットを。ランゴーシ=揚げパンがたまりませんある時は、京都スタッフ達も大好きな薬膳スープセットをテイクアウトして。免疫力UPのパウダー付きにしてもらいました たまには35年続く昔からのお店でコーヒーと熱々の焼きリンゴ。こういうお店がまだ残っているのは本当に嬉しい
IMG_8213
IMG_8218京都展示即売会が終了しても直ぐには東京には帰れず、終わりは始まり、次回の展示即売会の準備も始まります。また天橋立に行き、元伊勢籠神社をお参りし、その奥の院、真名井神社のお水を汲むのも今では恒例になりました。
その為天橋立でも沢山のご縁を頂き、今では、ここでも皆さんとの再会が楽しみです
IMG_8215今回も天橋立の皆さんには、ご馳走になったりお土産を頂いたり、本当に有難うございました
このご縁は、元伊勢さんからのプレゼントかなと思っています

京都市内では、お誘い頂いたり、まだまだお会いしたい方が沢山いらしたのですが、時間切れでしたごめんなさい。
IMG_8201
次回は2020年5月最終週を予定しています。また最終日5月31日日曜日のイベントが決定しました
このアイディアは、いつも行く、京都の知恵の神さまをお参りに行った際に、これだと思い付き、そのまま直ぐお相手に先ずはメールでご協力を交渉。直ぐに快諾頂きましIMG_8151東京に戻って直ぐお会いして、詳細をお話して、決定となりました
このトントン拍子の運びは知恵の神さまのお陰でしょうかIMG_8153
必ずや皆さんに喜んで頂ける、他では経験出来ないスペシャルなイベントになります。どうぞお楽しみに〜

東京のショールームはやっと片付き、クリスマスのディスプレイも整いました。
IMG_8147東京のお客様、大変お待たせしました。泡、赤、白も揃っております
(東京では、お友達、知人、その方々にご紹介頂いた方のみ、ご予約頂いた上でご案内させて頂いています。 )
2019年もあと僅かになりましたが、Mizkoと一緒にまだまだ楽しい時間をご一緒に

madame_mizko at 22:23|PermalinkComments(0) 日本にて 

November 12, 2019

2019年秋京都展示即売会は終了しました!

京都で展示即売会を初めて丸7年…年に2回開催して来て、今回第14回目を終了しました
IMG_7619
IMG_7621今回はまた新しい会場で、会場側のご都合から、いつもより短い2日半(いつもは4日間)という日程でしたが、いらして下さった皆さん、沢山のお買い上げを誠に有難うございましたお買い上げの商品をどうぞご愛用くださいませね

皆さんから頂いたお金は決して無駄にせず、Mizkoが頂く分は、いつも通り全て『ドイツ国際平和村』の子供達への物資支援金とさせて頂きます。
皆さんの笑顔を子供達の笑顔に繋げる…これが京都展示即売会の私の目的で、皆さんのお陰で今回もその目的に達成し、感謝の気持ちで一杯です『ドイツ国際平和村』についてはこちらをクリック!

IMG_7652ディスプレイと開催初日が同日となり、それも初めての試みとなりましたが、スタッフ達のお陰でこの新たなチャレンジもクリアーし、定刻通り14時半にはお客様をお迎えする事が出来ました。
時間となり、ドアを開けた時、いつもよりも沢山の方々がお待ちでびっくりしました懐かしいお顔との再会と新たな出会い
IMG_7658
普段ご覧頂けない京染会館の屋上にある日本庭園にて、プチオープニングセレモニーを開催し(これも新たな試み)、皆さんとスパークリングワインで乾杯雲一つない青空の下で、お客様とスタッフ一同が一緒に和やかな時間を過ごしました。

そうして始り、2、3日目には、お値打ち価格の商品の販売「マルシェ」を開催。それに加えて、2日目は、ミラノ式アペリティーボでワインとフィンガーフードを、3日目は、オーストリアワインの試飲会にオーストリア名物のシュニツェルのドイツ産ピクルスとザワークラウト乗せを楽しんで頂き、大好評でした(写真右下)
飲食は全て『メッシタ パーネ エ ヴィーノ』さんのご協力
メッシタ パーネ エ ヴィーノさんのお店情報はこちらをクリック!

常連さんは、彼氏や旦那さん、ご家族を連れて来て下さり、ステキなご縁の輪が広がり嬉しいです

IMG_7729連日いらした方お二人には「皆勤賞」を(写真左)

しかしこの7年間、ここまで来るには決して楽な道ではありませんでしたIMG_7788
常連さんとワインを飲みながらのそんな思い出話に、一番初めから私と一緒に苦楽を共にして来たスタッフBeneの目から涙がこぼれました
私はあの時これが世間で言う「京都のいけず」かと思い、色々な国で色々な思いもして来ましたが、同じ国民にされる方がずっと応えました
それで「京都では無理かもしれない」と思ったあの日…今となっては諦めないで頑張って来て本当に良かったですIMG_7789
諦めないで来れたのは、私の商品を信じてずっと支えてくれたBeneと、ファンになって下さったお客様、後に加わってくれたスタッフ達、そして表だけではなく、この数日の即売会を開催するには裏方仕事も沢山あり、それは沢山の人のお力添えがあります。その全ての方々に心より御礼申し上げます。
これからもこのSHOPとMizkoをどうぞ宜しくお願い致します



madame_mizko at 19:24|PermalinkComments(0) 日本にて