September 05, 2019

4200キロの旅のおすすめメニューPart 3

いよいよ今回の旅のおすすめメニューのお話もファイナルとなりました
今回はBerlinからのつづきです。

①Bamberg=バンベルグ(Germany)
世界遺産の街バンベルグで有名なのは、何と言ってもRauchbier=ラオフビアと呼ばれるスモークビール。もう長年チャレンジしているのですが、私には濃い鰹節ダシの味にしか感じず、美味しいとは思えない
しかし今回はそれを薄めたビールを頂きました。これは美味しいでも撮影忘れました
IMG_6587
IMG_6118そしてバンベルグの帰りに寄った小さな村。その村の森の中に、何と知る人ぞ知るレストランがありました
連れて行ってくれたのは、家族のようなお付き合いの超グルメな友人夫婦。
彼らの行く所に美味しい物有りまたご主人のお料理はプロ並み
今回ご紹介頂いたのは、このお店で作っているビーフスモークハム。特別な木でスモークされていて、その香りと味にはノックダウン撮影忘れて最後の一枚写真左。
そして、これまたこのお店のオリジナルマスタード。もうもうたまりません写真右上。IMG_6536
パンに塗っても美味しい。これもここでしか買えないのが残念
(一個買って来たのですが、このマスタードで、インスタント冷やし中華がグレードUPした味になりました
写真右は、彼らに頂いた20時間掛けて焼かれたパンは、今迄に食べたことのない美味しさ、正に「20時間の味」がしました

②Erlangen=エアランゲン(Germany)

IMG_6127その国々で中華もかなりメニューも味も違いますが、私はドイツの中華料理が大好きです。IMG_6132
写真左は前菜の大きな春巻き。中にお野菜がたっぷり入っていてとても美味しいメインが食べられなくなるので適当に残しました

ドイツでの中華のお目当ては、写真右のクリスピーダック。皮は北京ダックのようにクリスピーで、中はジュウシー
焼きそばの上にクリスピーダッグが乗っているのも美味しいのですが、今回は色とりどりのお野菜。ごはんで頂きました。
ドイツでは、中華は残ったら気楽にお持ち帰り出来ます。というよりもお店の人の方から「持って帰りますか?」と聞いてくることが多いです。ですからボリュームがあっても安心お持ち帰り覚悟の注文です

③Nuernberg=ニュールンベルグ(Germany)
この街ではいつものKarlstadt=カールシュタット(デパート)の地下の食料品コーナーでのステーキ
IMG_6195メニューはこちらお肉屋さんのショーケースから選んだお肉をお好みに合わせて焼いてもらい、お店の横のカウンターで食べられるシステムです。
ベルリンのKaDeWeデパートでもそうでしたが、売っている物がすぐに食べたり飲んだり出来るこのシステムはMizkoの大のお気に入り
ビーフステーキをハーブとペッパーで食べるのが、私は一番好き(写真左下)
IMG_6185
お肉には必ずサラダとパンが付きます。この値段がお肉を焼いて頂くチャージみたいのものです(写真左)
サラダを食べながらお肉が焼き上がるのを待ちます。
それにしても安く美味しく好きなお肉を好きな量だけ食べられるので、こういう場所は助かります
時にはシャンパンとスモークサーモンをエノテカさんのカウンターで頂きます。これもIMG_6134

IMG_6187そしてニュールンベルグと言えば、Nuernberger Bratwurst=ニュールンベルガー ブラートヴルストと呼ばれる焼きソーセージです。このソーセージが食べられるお店は沢山ありますが、その中でも最古のお店(1674年から続く)であり、外観も内装も中世の雰囲気一杯のZum Golden Stern
右下の写真が一番好きです
ニュールンベルガー ブラートヴルストとポークステーキとのミックス。そしてこちらのポテトサラダがどこよりも一番美味しくて、いつもおかわりをしてしまいます
白いのはMeerrettich=メーアレテッヒと呼ばれていますが、ホースラディッシュ、西洋わさびです。IMG_6262
ソーセージにもステーキにも合いますし、私はポテトサラダにも和えて食べます。
IMG_6252写真左の左上にあるのが、Wurstsalat=ヴルストサラート、ソーセージのサラダです。写真は丸く切ってありますが、通常ハムを細切りにして、玉ねぎやピクルスと一緒にドレッシングで和えたもので、さっぱりとしていて暑い日にはぴったり


④Fuessen=フッセン(Germany)

IMG_6284湖畔で、中国人が経営し、お料理を作り、ウエイターはイタリア人というお店にてのメニューが印象的でした
確かにクリスビーダッグは好きですが、これは「スリラー映画」のワンシーンのようでした写真左IMG_6278
ナイフが刺さったアヒルの丸焼き(半身)がいくつも運ばれて行き、このお店の人気メニューのようでした。お隣の方のを許可を頂き、撮影しました。
IMG_6275しかしこのようなお肉のナイフ刺しは稀にあるのですが(しかしここまで大胆なナイフ刺しは初めて)このセンスは不可解

私はお肉入りのクヌーデルが入っているビーフコンソメを頂きました(写真右上)
これは初めての味。とても美味しかったです

ワインは写真上、フランケンワインのScheurebe=ショイレーベ。何とも言えない良い香りとさっぱりした味IMG_6398
IMG_6287食後には、消化剤代わりにSchnaps=シュナップスと呼ばれる蒸留酒を
(写真左)フルーツやハーブで味、香り付けをしたものなど沢山種類はありますが、私が一番好きなのは、Williams=ウイリアムスと呼ばれる洋梨のシュナップス
イタリアのレモンチェロやグラッパよりもMizkoはシュナップス派
シュナップスは消化や冷えたお腹に効果てきめん我が家の常備薬でもあります

フッセンでもお昼間にブルストサラートを頂きました(写真右)生玉ねぎが辛くなくて美味しいです

IMG_6523長旅を終え、この後ミラノに戻りました🇮🇹
バカンサ中にやっと開いているお店を見付け、先ずはフランチャコルタを一杯と思って注文したのですが、この日もミラノはとっても暑くて、冷たいS.Pellegrinoの方が美味しかった暑い時にはお水が一番おいし〜い写真左。

美味しいメニューの旅も終わり、それからは内臓の休暇中で、連日手作りメニューの食事で禁酒。本日で禁酒18日

Mizkoの長旅にお付き合い頂きまして有難うございました
次回はいよいよドイツ国際平和村訪問のお話です。この後もお付き合いくださいませ



madame_mizko at 23:08|PermalinkComments(0)

August 31, 2019

4200キロの旅のおすすめメニューPart 2

IMG_8878IMG_5616前回の続きです。
私のボリューム料理までお手伝い頂いたライオンさんとはColmar=コルマールで解散してしまったので、その後私が頂いたお料理はボリュームダウンしました

①Liege=リエージュ(Belgium)
IMG_5594ベルギーと言えばワッフル。ベルギーワッフルには長方形の「ブリュッセルワッフル」と丸型の「リエージュワッフル」があるそうですが、リエージュでは両方売っていました。私はワッフルのついでにエクレアも(写真左上)そしてベルギーと言ったらビール。勿論頂きました(写真左)忘れられない味となったのは、写真右上のドリンク。Catherinette(Peket framboise et biere blanche)と呼ばれる、リエージュのこのお店のオリジナルであるフランボワーズの蒸留酒とビールのミックスドリンクです。お品の良い香りと甘さにうっとりこのお店にしかないPeketと呼ばれる色々な味の蒸留酒がありました。ここでしか飲めないのは残念男性にも人気のようでしたIMG_5645

②Duesseldorf=デュッセルドルフ(Germany)
IMG_5625「世界で一番長いBARカウンター」と呼ばれている、約260軒ものレストランやBARが立ち並ぶ旧市街での「わんこビール」がたまりません「わんこビール」とはストップと言う迄、小さめのグラスに注がれたビールがどんどん運ばれて来るのを見た私が、それを日本の「わんこそば」のイメージと重ねて名付けましたいつもフレッシュなビールが飲めるし、そのビールのIMG_5839お味は〜何杯飲んだかはコースターに線が書かれます(写真左上)
IMG_5637京都スタッフPescaにとっては初めてのドイツ。ドイツビギナー(初心者)メニューを注文しました(写真右上)
ポテトにウィーナーソーセージ、ハンバーグ、タタール(Tartar=タルタル)の塗られたパンIMG_5842
そこでMizkoのOne point お勉強
皆さん、ハンバーガーの起源は18世紀頃のドイツの都市のハンブルグでのタルタルステーキなんです
名前の由来は…正式名称Hamburg Steak=ハンブルグステーキ。ハンブルグから来ていて、ハンバーガーIMG_5831はHamburger=ハンブルグ風という言う意味です。
簡単に言えば、ハンバーグの原型は、生肉を細かく切り、玉ねぎ、胡椒等の香辛料で味付けした料理、タルタルステーキであり、後にそれを焼いてハンバーグになったとのことです。
しかしドイツでは、「Hamburg Steak」とはメニューにはなく、私の経験から南の方では「Frikadelle=フリカデッレ」と呼ばれ、ベルリンの方では「Bulette=ブレッテ」と呼ばれていますが、正にハンバーグです。ブレッテには小さい肉団子のような物もあり、お肉料理でもあまりボリュームは要らない時にびったりのメニューです。IMG_5764
IMG_5746デュッセルドルフの楽しみは勿論日本食。今回初めて行ったこの日本食店。なかなか美味しい久々の冷酒…おいしゅうございました

写真右はSchweinshaxe=シュバイネハクセ。
ライオンさんとはColmar(コルマール)で解散したのですが、小柄なスタッフPescaの食べっぷりには、アフリカサバンナで見た、可愛いけれど食べっぷりは凄い「子ライオン」を思い出しましたこちらは有名なシュバイネハクセ専門店なので、外はカリカリ、中はジューシーでとっても美味しいですしかしコルマールまでにライオンさんの肉食をたっぷり見て来たので、ここでは一口ほどで降参
写真左上はドイツでも有名なHeinemann=ハイネマンでのお茶のひと時。ここで売っているクッキーやチョコレートも美味しい中でもシャンパントリュフは絶品

③Brandenurug an der Havel=ブランデンブルグ アン デア ハーフェル(Germany)
IMG_5875知人の家を訪問したのですが、そろそろイタリア料理が恋しいのではと作ってくれた
写真左のホームメードラザニアが最高に美味しかったです
イタリアで食べたより美味しかったと言っても過言ではありません


④Berlin=ベルリン(Germany)

IMG_5982ベルリンでは美味しいお店はいくらでもあるのですが、先ずはベルリン名物、大人も子供も大好きなIMG_5983Courrywurst=カリーヴルスト、焼いたソーセージにトマトケチャップをかけ、その上にカレーパウダーがまぶされているものです。フレンチフライと共に出されることが多く、ソーセージが写真右のようにカットされている場合と一本丸ごとの場合があります。写真上のようなスタンドも何点も出ていますし、お店に寄っては、側に椅子やテーブルを出しているので座れます。ドイツの至る所で食べられますが、私はベルリンで、レストランでもなIMG_5973く路上で食べるカリーヴルストが一番美味しいと感じます因みにベルリンには「カリーブルスト博物館」もありますよ〜IMG_6048
写真左は友人が注文した、私の人生で見た一番大きいSchnitzel=シュニッツェル
日本の豚カツのようですが、豚カツのように多量の油で揚げるのではなく、やや多めのバターかラードで揚げ焼きした物です。シュニッツェルには、豚肉、牛肉、鶏肉があります。
ベルリン出身の友人もお手上げの量でした一口頂きましたが、お味は美味し〜い残っIMG_6048た分はお持ち帰りOK

もう一つベルリン名物のEisbein=アイスバイン、塩漬けした豚のすね肉を香味野菜と香辛料で煮込んで作った物は、ボリューム有り過ぎてパスこれを食べるには、ライオンさんの助けが必要

ベルリンの私のもう一つの楽しみは、老舗デパートKaDeWe=カーデーヴェーの食料品コーナーの横にあるカウンターで飲んだり食べたりすること特にシーフードが人気(写真左)IMG_9460

写真右上
はBerliner Weisse=ベルリーナー ヴァイセ、「ベルリンの白ビール」と呼ばれる物で、写真はラズベリーのシロップで割られていてストローで飲みます。クルマバソウのシロップで割ったグリーンのものもあります
私はこの甘さがちょっと苦手なのですが、やっぱりベルリンに来たら、オープンカフェに座って飲んでみたいものです

さておすすめメニューが多すぎるので今回はこの辺で。まだ続きますよ〜


madame_mizko at 23:30|PermalinkComments(0)

August 27, 2019

4200キロの旅のおすすめメニューPart 1

今回は前回までお話した旅先での名物料理やおすすめメニューを旅の順番を追ってご案内します

IMG_4962①Edelweiss Huette=エーデルワイス ヒュッテ(Austria)IMG_4963
兎に角標高2571mにあるヒュッテですから、そこでお食事するしかありません。しかしオーナーファミリーの心の籠ったお食事が食べられます。それに素晴らしい景色が加われば文句無し
一番のおすすめは、写真左Erbsensuppe(エルブセンズッペ)=エンドウマメ(グリーンピース)スープウィーナーソーセージ付き。
本来納豆以外のお豆は苦手なのですが、このスープはとっても美味しいそれにこのソーセージは最高においしゅうございました 
写真右は、山での食事につきものの、ハムの盛り合わせ。この下に黒パンがあります。IMG_4971
オーストリアやドイツは、やっぱりソーセージやハム、サラミは種類も多く、美味しいなかなかこの味は日本では味わえません 写真右は、Apfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル)バニラアイス添え。オーストリア及びドイツのお菓子。ヒュッテで手作りされています

②Salzburg=ザルツブルグ(Austria)IMG_5228
数時間の滞在でしたので、ここではコーヒーとSachertorte=ザッハトルテを頂く(写真左)。本来ザッIMG_5238 copyハトルテはウィーンが本場ですが、ザルツブルグの老舗で食べたので、文句なし美味しい
そしてオーストリアワインを飲むつもりでBARに入ったら、何と何とオーストリアンシングルモルトが(写真右)初めてのオーストリアンウィスキーのお味は…参りました〜

③Muenchen=ミュンヘン(Germany)
IMG_5264ミュンヘンと言ったら、1L Mass(1Lジョッキー)生ビールとバイエルン地方の名物、ボリュームたっぷりのお肉料理。その代表的なお料理が写真左Schweineshaxe=シュバイネハクセ、骨付き豚スネ肉のローストです。それにKnoedel=クヌーデルと呼ばれるモチモチのポテトのダンプリングが添えてありますIMG_5262
田舎のお店に行ったら、すごいサイズのクヌーデルが2個並んで添えてあり、見たままの印象から、その時以来私は「おっぱいボール」と呼んでいます因みにこれを注文したのは、初めてドイツにいらした京都からのライオンさん。その食べっぷりは矢張りライオンでした
IMG_5280私が注文したのは、写真右上のSauerbraten(ザウアーブラーテン)、IMG_5315牛肉(豚肉、鹿肉もある)の甘酸っぱい煮込み料理に赤キャベツとパンを練り込んだクヌーデル添え。本来こちらはバイエルンと言っても、フランケン地方の名物料理です。ミュンヘン名物ならばSchweinsbraten(シュバイネブラーテン)、豚肉をローストしてから煮込んだものですが、甘酸っぱさが好きで、今回はザウアーブラーテンにしましたしかしこんなに食べ切れないので、お隣のライオンさんに助けて頂きましたIMG_5319
ライオンさんが一緒だとどんなボリューム料理にもチャレンジ出来る

さすがにお肉にも飽きて来たので、有名なViktualienmarkt=ヴィクトアイエンマルクトと呼ばれる市場(写真左上)や、Mizkoの大のお気に入りの高級食料品店Dallmyer=ダルマイヤーで(写真右2枚)ショーケースの中から選んだシーフードをシャンパンと共に頂きました

④Strasbourg=ストラスブール(France)IMG_5376
IMG_5397ドイツとの国境に近いフランス、アルザス地方のストラースブールでは、お気に入りのお店でお食事。1780年にストラスブールで考案されたと言われるFoie Gras=フォアグラを頂かない訳にはいかない(写真右)そしていつものシルバープレートで運ばれるシーフードを(写真右)いつ食べてもおいしい〜
因みに写真左上はこの時のライオンさんのお食事Choucroute Alsacienne=シュークット アルザシアン。IMG_5419ストラスブールの代表的な家庭料理。発酵させた酢漬けのキャベツ、ジャガイモなどのIMG_5392
野菜とソーセージ、ロースハム、豚肉を白ワインでじっくりと煮込んだ物
大聖堂を眺めながらの朝食のクロワッサンは(写真左)最高に美味しかったです


⑤Colmar=コルマール(France)IMG_5461
写真下のFlammekueche=フラムクーシュ、薄く引きのばさられた生地に、「フロマージュブラン」と呼ばれる名物チーズ、タマネギ、ペーコ ンをのせて焼いたもので、トッピングが色々あり、この時はマッシュルーム。周囲が焦げているので、そこはカットしIMG_5450ましたが、お味はとても美味しい薄いピザのようなもので、ピザよりもペロリと食べられて、ドイツでもあちらこちらで食べられます。写真右はKougelhopf(クグロフ)と呼ばれるビール酵母で作られたブリオッシュのようなほんのり甘いパン。横のCalvados=カルバドスを掛けて頂きます

これから先はPart 2でご紹介します


madame_mizko at 22:52|PermalinkComments(0) イタリアにて