September 15, 2017

クロアチア、イストラ半島の知られざる魅力

IMG_9215Readerの皆さ〜ん、ミラノよりCiaoIMG_9186
実は、ご無沙汰している間にCroatiaに行って来ました

ミラノに戻ると、ミラネーゼの皆さんもバカンサから戻り、やっといつもの活気のあるミラノに戻っていました
(写真左右:大好きなRovinjiにて写真右下:どこに旅しても地元の神様にお祈りに行くのがMizkoの習慣

IMG_9237
IMG_9230クロアチアは日本人観光客にも人気のある国ですが、私もここがユーゴスラビアと呼ばれていた頃からのファンですヨーロッパ人にはとっても人気な国です

クロアチアの海の美しさと言えば「Dubrovnik(ドゥブロヴニク)」が有名で、Istara(クロアチア語でイストラ)と呼ばれる半島の海沿いの小さな町の魅力は、あまり日本では知られていないかもしれません。
FullSizeRender copy 3
IMG_9265今回は、この半島にあるアドリア海沿いの小さな街を周りました。

何度行っても飽きない理由は、海岸と古い街並の美しさ…それに加えてシーフードは勿論、お肉も有名なんですよ。ブタ、牛、チキンそしてラム
(写真右下:ユーゴスラビア時代から大好きなCevapciciチェバチチソーセージみたいな形をしたハンバーグって言う感じでしょうかクロアチアではパプリカを沢山使い、このパプリカのペーストをつけて食べます。面白いのは生タマネギと食べる事ちょっと炒めご飯がついてきますFullSizeRender copy
IMG_8867そしてここでは、多国語を話す人が多いのには驚きます
特に観光地では、母国語のように外国語を話す人が多いです
ですから、ここでは言葉の不自由はないのですが、彼らの語学力に甘えてばかりでは…と思い、現地でクロアチア語の初歩の初歩を特訓。ちょっとでもクロアチア語で言うと、皆さんの顔から笑顔がこぼれる…それが嬉しかったです
それにしても難しい言葉で、先ずは読み難いFullSizeRender copy 2
写真のビール名が上手く発音出来な〜い
(写真左下:後半モーレツな嵐となり、停電、断水、浸水も経験でも街のこんなディスプレイには癒されました〜〜

FullSizeRender copy 5皆さん、クロアチアは何とネクタイの発祥地なんですよ〜意外でしょですから、海辺のお土産屋さんでもネクタイを売っています。
その上にイストラ半島は隠れたトリュフの産地です
それも黒トリュフだけではなく、白トリュフもですよ〜〜FullSizeRender copy 4

またイストラはラベンダーの栽培が盛んで、沢山のお店がありますが、そのお店だけのハンドメイドのポブリを見つけるのも楽しい

今まではクロアチアでお酒と言えば、行くのが暑い時と言うこともあり、ビールやシュナップスを飲んでいたのですが、今回初めてクロアチアワインの美味しさに驚きました
FullSizeRender赤も白もとっても美味しいIMG_9198

お食事もお酒も美味しいクロアチア…食い道楽、飲み道楽の国と言って良いのでは

今回の旅は、クロアチアの宿泊先に到着した時、ミラノに帰宅した時に大きな虹が出ていました(写真IMG_9347左)こんなことも珍しい
IMG_8989
魅力溢れる国、クロアチアで買い付けた商品をお楽しみに〜

イストラ半島のアドリア海沿いの街で、Mizkoの一番のお気に入りは、古い街並がロマンチックなRovinji(ロヴィニ)。そんな街並を歩きながらあなたに言いたい…”Volim te”……???クロアチア語で”I  love you"のことで〜〜す

(写真右:犬派の私が一目惚れしたネコの「マダムちゃん」。女の子だと思って「マダムちゃん」と名付けたら、良〜く見たら男の子だった「カメラの方を見て」と言ったら、この態度

 



madame_mizko at 22:14|PermalinkComments(0)

August 31, 2017

◯×△×●◎☆☆???何だか解らぬスロベニア語

IMG_8482夜になると、大分ご近所の家々の電気が灯るようになりました。でもまだまだ開かずのシャッターの窓も結構あります

さてオーストリアの後には、いつものルートを外れ、スロベニア経由でミラノに戻りました
折角ですから、一点でもスロベニアで商品をゲットしたくて

車一杯荷物を積んでいたので、駐車した車が見えるカフェで一休み。
(海外で車に荷物を積んでいる際には、いくら鍵を閉めていても、車から目を離さないのは常識
先ずはメニューを見たら…◯◎◯△☆。IMG_8506
IMG_8494そうでしたスロベニア語です
(写真左:スロベニアのアイスティーを飲んで一休み

私はいくつかの外国語を話すので、どこに行ってもあまり不便はないのですが、スロベニア語には参りました

スロベニア、クロアチア、ボスニアをはじめとする旧ユーゴスラビアの人達は、語学力が優れていて、母国語のように外国語を話す人が多いと、語学学校の先生からFullSizeRender copy 11聞いたことがあります。
しかしたまたま入ったお店の店員さんは、スロベニア語オンリー
IMG_8497スロベニア語のメニューしかなく、お隣りのテーブルの人達はドリンク用の写真が載っているメニューを見て指差し注文
(写真左:スパゲッティとピッザ、これは解りますね

私はメニューの中でも理解出来たアイスクリームを注文。
しかしお味は……ごめんなさい半分以上残してしまいました〜〜アイスクリームでこんなに美味しくないのは初めてですぅ
IMG_8512
このお店では、改めて言葉が解らないフラストレーションを感じました今までそれが私の外国語の勉強への意欲になっていたのですが、さすがにスロベニア語は勉強する気にならないな〜〜〜
FullSizeRender copy 12商品の方は、ドイツでもイタリアでも見た事がない、素敵な天使の置物がゲット出来ましたこのMizkoのSHOPでは、天使の置物はいつも完売ですが、次回は、スロベニアからの天使もご案内できますよ
このお店の女性の店員さんは、ネイティブスピーカーかと思うほど素晴らしい英語を話しました言葉が通じてホッとしましたぁ〜〜〜
Nasvideje!(スロベニア語。意味は「さようなら!」


madame_mizko at 22:12|PermalinkComments(0)

August 29, 2017

2017Mizkoのオーストリアでの夏

IMG_8655バカンサからご近所さんが戻って来て、車や人の声がやっと聞こえるようになりましたが、まだまだ
今日は、先日書いたドイツの旅の続きをお話ししましょうねIMG_8319

ドイツからオーストリアはSalzburger Landへ
山の中のヒュッテでの滞在。

(写真右:初めて訪れたこのヒュッテ…大好きな動物やお花に出会えましたヒュッテの看板娘?のわんFullSizeRenderこちゃんの後には沢山の鹿の群れが大自然の中を自由に駆け回るわんこを見ていると、都会のペットは可哀想野生動物は沢山見て来ましたが、オスはメスより大きくて、メスより美しいんですよね〜
夏女Mizkoは海が大好きですが、ヨーロッパの山々に出会ってから、山も大好きですIMG_8652

イタリアには沢山の美しい海岸がありますが、バカンサ中の人混みが〜〜でも山は、まだまだ静かなところはいくらでもあります
今回のオーストリア滞在中は、日本人は勿論、今やどこにでもいる中国人観光客にも一人も会いませんでした
FullSizeRender copy 2
そしてこの滞在の私の目的は、山だけではなく…『石』です
まだまだこの辺りでも水晶が採取されています。IMG_8651
そして今回見つけたのは、山の中のちいさ〜な村にある石の美術館。

外見はとても美術館とは思えないレストランでした。
しかしドアを開けてビックリ
所狭しと大きなクリスタルや、アメジストが並んでいました。
FullSizeRender copy 3レストランでのお食事も素晴らしい石に囲まれながら出来ます。
360度、視界に入って来るのは、石、石、石FullSizeRender copy 10
その地下に美術館がありました。美しさで溜息吐息

館内だけではなく、お庭にも沢山の石が並び、7つのチャクラの石が飾られたチャクラガーデンもあり、見応えがありました。


FullSizeRender copy 6石に詳しい先生もいらして、石についてお勉強をするコースがあったり、デザイナーさんの作成した素敵なアクセサリーも売られていました。
これですこういう商品を手に入れたいためにやって来ましたこんな山の中まで
日本からこんな所まで買付けに来るのは私くらいでしょうから、またまたSpecialな商品になりましたIMG_8656
清らかな空気を沢山吸った石を手にするのはどなたでしょうか
これだけ沢山の石が集まる場所…きっと良い気が流れていたのでしょう。空を見上げるとキラキラしていました
商品についてお話したいのは山々ですが、それはもう少し後のお楽しみということで〜
IMG_8431
IMG_8445(写真左:水晶はドイツ語では、Bergkristallベルグクリスタル、山の水晶と呼ばれています。こちらはチャクラガーデンに置かれていたクリスタルで、石の効果が書かれていました。)

お庭にも沢山の石が並んでいました。ここを歩くだけで浄化されそう
(写真左下)

FullSizeRender copy 9清々しい気持ちになったところで、近くの川で取れたForelleフォレレ、鱒のグリルを頂きました。新鮮で今までで一番美味しいフォレレちゃんでしたよ

今回は、沢山の石との出会いがあり、正にスピリチュアルな旅でした


madame_mizko at 16:43|PermalinkComments(0)オーストリア